Top > 「連合兵戦記」4章 3
HTML convert time to 0.004 sec.


「連合兵戦記」4章 3

Last-modified: 2016-05-22 (日) 13:48:40

「敵は何処にいる…」
ジン1機と兵員輸送車3両で編成されていたある部隊は、突如、横合いから対空機銃弾の豪雨を浴びた。
20mm対空機銃弾は、戦車の放つリニアガンすら弾き返すジンの装甲に火花を散らせただけで終った。

 

だが、ジンに随伴していた兵員輸送車3両はそうはいかなかった。
兵員輸送車の薄い装甲は、段ボールの様に穴だらけにされた。

 

操縦席の強化ガラスが砕け散り、運転手の肉体が粉々になる。
バッテリーが撃ち抜かれ、車内に残っていた兵員は、
逃げる暇すら与えられることなく爆発に呑み込まれた。

 

尤も攻撃を受けた時点で車内にいた兵員は全員機銃弾で引き裂かれていた為、
火葬された様なものであった。

 

周囲に展開していたザフトの機械化歩兵は、全員が防弾性能の高いボディアーマーを着用していた。
だが、航空機の装甲を貫き、爆発する様に出来ている機銃弾の前では無力だった。

 

「ぐぁ」
「ぎゃあ」
「足がっ!」
「痛いっ、畜生!」
それは、手足に掠っただけでも致命的な結果を齎した。
人体の破片が飛び散り、むせる様な血と硝煙、鉄の臭いが辺りを支配する。
胴体に被弾した兵士は風船の様に破裂し、肉片と鮮血を撒き散らす。

 

「俺の腕がぁ!」右腕を失ったあるザフト兵は、地面に落ちたその名残を拾おうとした、
次の瞬間彼は、上半身を吹き飛ばされた。

 
 

歩兵部隊を紙屑さながらに引き裂いた機銃弾はジンにも浴びせられる。
だが、リニアガンタンクの主砲すら弾き返すジンの装甲の前では火花を散らせることしかできなかった。

 

「よくも仲間を!」
眼下で繰り広げられる殺戮劇を見せつけられたジンのパイロットは、
重突撃機銃を銃弾の雨が吐き出される場所に叩き込む。

 

76mm弾数発を受け、そこに放置されていたスカイデストロイヤー対空自走砲は大破した。

 

「対空戦車か?!」
スカイデストロイヤーは、穴だらけにされ、黒焦げの残骸になっていたが、
ぼろ屑のようになった防盾で、辛うじて判別できた。

 

彼は、市内で最初に敵を撃破するという武勲を立てた。
そして同時に彼を援護する筈だった歩兵部隊を喪失していた。少し前に突入し、壊滅したバルク小隊の様に…

 

「無事か!?」指揮官からの通信が入った。

 

「中隊長、生き残っているのは私だけであります!」そう返答したジンのパイロットの声は半ば涙声であった。

 

「ヨセフ後退しろ!近くのカーンの斑と合流するんだ」
次の瞬間、ジンのメインカメラが砕け、正面モニターは、白黒の砂嵐に覆われた。

 
 

「何!」
直後、周辺の廃墟から地球連合兵が携帯型対戦車ミサイル等の火器で一斉に攻撃を仕掛けた。
流石にNJによる電波障害の下であった為、外れ弾も多く、
命中してもリニアガンをも弾くジンの分厚い装甲に弾き返されるか、
あるいは表面で爆発してダメージを与える程度でジンを撃破するには至らない。

 

対するジンはメインカメラを破壊されるという、人間でいえば半ば視覚を失った様な状態であったが、
戦車を撃破可能な火力は健在だった。
重突撃機銃を受けた不運な陣地の一つが砕けた。

 

爆炎が生まれ、同時に人体の部品と瞬間硬化剤で固められていたコンクリート片が盛大に飛び散る。
ジンは、損傷で戦闘能力を半減させられながらも後退を開始した。

 

いつもならば、機体各部のサブカメラに切り替えて戦闘を継続していたが、
バルク小隊の末路を知っていたこともあり、渋々ながら、上官の命令に従った。

 

「ちっ、仕留め損ねたか」
狙撃用のポイントの1つであるビルで対物ライフルを構えるアンジェリカは舌打ちした。
先程のジンのメインカメラを破壊した一撃は、彼女によるものであった。

 

「ん?」その時、ジンの左脚部にミサイルが着弾した。
関節部を狙ったその一撃は、ジンの左脚部を見事に機能不全に追い込んでいた。

 

片足を鉄屑に変えられたジンは、バランスを崩して隣接する住居を巻き込み、土煙を巻き上げて倒れ込んだ。

 
 

その攻撃は、ジンの周囲の廃墟に隠れていたハンスのゴライアスが放った対戦車ミサイルであった。
彼のゴライアスの周囲には、数機部下のゴライアスの姿もあった。

 

「敵の攻撃!どこからだっ」ジンのパイロットは、予想外の事態に慌てる。
間髪入れず、ゴライアスの放ったミサイルが、ジンの重突撃機銃を破壊した。

 

しかし彼は、パニックを起こしてコックピットから敵が待ち受ける外界に出るという愚を起すことなく、
上官に連絡を入れた。

 

「ケヴィン中隊長!こちら5番機行動不能!支援を!敵に包囲されています。」
「くっ!こちら1番機支援要請には、応えられない!上空に信号弾を撃て!
カッセル隊が砲撃支援してくれる!」
同じ頃、別の地区で地球連合軍部隊と交戦していたケヴィンの班は、
支援を送れるような状態ではなかった。

 

「…畜生が!」ジンのパイロットは、悪態を付きつつ、自機の信号弾発射装置のボタンを押した。
信号弾がジンの胴体から放たれ、空中に黄色い煙が上がる。

 

「総員!ジンから離れろ!砲撃が来るぞ!」一方、敵の意図を察したハンスがそう叫ぶや否や、
ゴライアスも、歩兵部隊も、廃墟や、地下への入り口に向けて雪崩を打って後退する。

 

その最中、連絡を受けたカッセル軽砲小隊指揮下のリニア自走榴弾砲とザウートからの砲撃が降り注いだ。

 

撃ち込まれた砲弾は、徹甲弾ではなく、榴弾、それも空中で炸裂するタイプのもので、
目標近くにいるジンとパイロットにダメージをなるべく与えないようにするための配慮であった。

 
 

空中で次々と爆発が起こり、降り注いだ破片と爆炎が、下の地面に存在するものを薙ぎ払い、焼き尽くした。
高温の炎が、逃げ遅れた連合兵と、地面にこびり付いたザフト兵の残骸を焼きつくし、爆風が瓦礫を吹き飛ばした。

 

「ナチュラル共め…これで…」爆風が晴れ、周囲の惨状を眺めていたジンのパイロットの顔には、
凶悪な笑みが浮かんでいた。
自分の命を脅かしていた敵は既に跡形もなく消し飛び、自分は生き残ることができた…彼の心を満足と安堵が包み込もうとした
その直後、その映像を黒い影が遮った。

 

そこには、倒れ込んだジンの胸部に乗る大西洋連邦製のパワードスーツ ゴライアスの姿が映し出されていた。

 

「ば、ばけも…」
「止めだ…」
次の瞬間、ハンスのゴライアスは、左手に握りしめた対戦車地雷を、ジンの胸部に置くと、
即座にロケットブースターを併用した跳躍後退を行い、ジンから距離を取る。

 

ゴライアスがヒビ割れたコンクリートの上に着地すると同時に、対戦車地雷は爆発し、
ジンのコックピットハッチを吹き飛ばした。

 

続いて、別のゴライアスが、グレネード弾をむき出しの操縦席に叩き込んだ。
少し遅れて、ジンの胴体に穿たれた裂け目からオレンジ色の火柱が上がった。

 
 

「連合兵戦記」4章 2  「連合兵戦記」4章 4

 
 

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White