Top > なんとなく 氏_THE IDOL [email protected]_第17話
HTML convert time to 0.004 sec.


なんとなく 氏_THE IDOL [email protected]_第17話

Last-modified: 2009-08-12 (水) 00:30:21

前回までのあらすじ

 

ついに兄妹が再開 あとセーフティシャッターは売れ行き好調

 
 

「と、言う訳でだ、今日からうちの事務所に所属するYU−MAこと、マユ・アスカだ」

 

ここはガルナハンのアスカ芸能事務所 

ついに再開した兄と妹
さらに兄は芸能事務所の社長で妹はフリーのシンガーソングミュージシャン
事務所入りはそりゃあもう ぽんぽんぽーんと階段を上るがごとくだった

 

「きぃーあの小娘めぇ・・・私のスターの座を奪うつもりね」
まぁ、順調な新人ははそうじゃない先輩ののねたみを買う訳で
物陰からマユを見つめてハンカチ咥えて キーーー ってやってる怪しい影が一人
「何やってんの?お姉ちゃん 仕事無いんだったら買出ししてよ」
その横ではメイリンが今日も一生懸命 経理に勤しんでおりました

 
 
 

その頃、オーブ近海では・・・

 

「うひゃひゅひゃはははは キィーーーラァーー」

バシャバシャバシャバシャ・・・

 

大気圏を無事に突破したアスランのイージスがオーブに向けて全速全身していた

 

バシャバシャバシャバシャ・・・
MA形態で逆さまになり4本の爪を蜘蛛の足の如く動かして水面を走ると言う
明らかに物理法則を無視した動きで・・・

 

「うはああああ きぃーーらあーーきゅーーん ハァハァ」

 
 

舞台は再びガルナハン
「ちぃよぉーっといいかしら 新人さん?」
「はい?なんですかルナマリアさん」
マユの前に仁王立ちで現れたルナマリア 何故か女教師風の服装と三角メガネをしているが
「あなた・・・アイドルの鉄則はご存知なのかしら?」
「・・いいえ」
どうやらアイドルとしての格を教えて自分が上の存在だと教え込みたいらしい
「ふふん じゃあ先輩でスーパーアイドルの私が教えてあげましょう」
「はぁ・・・」

 

そんな様子を脇で見ていた人たちは

 

「お姉ちゃん アイドルだったっけ?」
「あー マネージメントでは一応お笑いタレントの括りだったような」
「え、パシリでしょ?」
「まぁ、面白そうだからもう少し様子みようか なぁ、ハイジ」
「ペーターって 私はアルプスの少女じゃないですよ 姉さん」
「俺の妹 いじめないで欲しいんだが」

 

と、様々な反応だった

 

そんな時ルナマリアが爆弾発言を発する
「そう言えばマユ・アスカってシンの妹と同じ名前だっけ でもシンの妹と同じ名前でも容赦しないわよー」

 

「え、シン・アスカは私の兄ですが」
「はぁ?あなた社長の妹よね」
「ええ、そうですよ」
「じゃあ別人じゃん」
「え・・・ええーー」

 

この発言にオフィス内がざわつく

 

「え、ええ!?もしかして気がついてない!?」
「いやいやいやいや!!気がつくだろ普通」
「お姉ちゃん・・・酸素欠乏症に・・・」
「メイリンあきらめるな!!お手製の回路をとりつければなんとかなる」

 

そんなざわめきの中 首領がルナマリアに近づいた
「ルナマリア君」
「はい なんでしょうか社長」
ルナマリアの前に進み出た首領はおもむろにアフロをゆっくりと持ち上げて外した

 

「!!シン!!今までどこに!?」

 

アフロをかぶった
「あ、あら?シンいなくなった 社長今、ここにシンいませんでした」

 

アフロを外した
「シン!!探したんだから!!」

 

かぶった
「あれ?シンまたいなくなった」

 

はずした
「シン!!」

 

かぶった
「首領」

 

はずした
「シン!!」

 

かぶった
「首領」

 

はずし・・・
「「「「「「いいかげんにしろーーー!!」」」」」

 
 
 

さてさて、その頃、オーブ近海では・・・

 

「おらおらおらおらおら!!」
「みぎゃああああ!!」

 

イージスがぼっこぼこにされていた

 

背中に光の輪を持つガンダム・・・スターゲイザーによって

 

ぷかぷかとイージスが浮く 命からがら這い出てきたアスランが見たのは
スターゲイザーの手のひらに仁王立ちするロミナさんだった
「ひぃ!!ロミナさん」
「自重しろって言ってましたよねぇ」
アスランを海から拾い上げるとロミナはすぐさまよつんばいにして踏みつけた
「まぁ、いいでしょ 今日はおめでたい日です」
「は、はぁ」
「ついに完成したのですよ あなたの49人目の妹が」
「は・・・はぁあああ!?」

 
 

こうしてアスランは連れ戻されなんとかキラの貞操は守られた

 

しかしこの49人目がとんでもない未曾有の大事件を引き起こす事を
知っているのはロミナと・・・

 

『フフフ・・・世界中男の娘化計画は順調だな』

 

スターゲイザーだけだった

 
 

                         続くよ

 

                         今回はここまで ちょっと短いかな
                         アズラエルが作っていたのはクローン49番
                         でもちょっとこれまでのクローンとは違うみたい

 

                         そしてもうちょっとでクライマックス
                         次回はついにプラントがアスランの手に落ちる?
                         その時、シンが取った行動とは・・・

 
 

】【】 【