Top > ラインサイト
HTML convert time to 0.002 sec.


ラインサイト

Last-modified: 2014-03-06 (木) 19:51:09

眩い粒子の光を刹那に燃やし、MSは爆散した。

 
 

「残存機2機。少尉帰投だ。」

 

後部座席のオペレーターからの報告を聞き、慣性前速から姿勢制御で残存機に背を向けた。

 

「了解。S-12パーソナルネーム『エレノア』、帰投する。」

 

エレノアは光に弾かれ、星屑になった。

 

―Unstable GNP compression―
エレノアが粒子圧縮率が安定しないとぼやいている。

 

「周辺に異常はないか?」

 

「異常は無い。どうした少尉?」
そう言うと、オペレーターはGNレーダーに視線を落した。

 

「...GNディスペンサーを射出する。目標座標3S6。」

 

この宇宙では、GN粒子のエネルギー放出圧が異常に高いためすぐに粒子は消失してまう。そのためGNレーダーの感知範囲はせいぜい数百キロだ。
ディスペンサーで、特定アリアの粒子濃度を上げればレーダー性能を格段に上がる事ができる。

 

「ディスペンサーもタダじゃないんだぞ、少尉。」
オペレーターのレインマンが呆れている。

 

[ピコンッ]
オーブ型のレーダーモニターがアンノウンを捉えた。

 

「二時!目標アンノウン。IFR味方識別反応無し!こんな宙域に敵だと!?」

 

「こちらに向いたな。こいつやる気か。」
エレノアのウェポンシステムをアンロックしていく。

 

「まて!少尉!まだ敵と分かったわけでは無い!」
レインマンは、戦闘機動で浮いた体をシートに押し付けながら叫んだ。

 

「味方ならコンタクトを取れ!」
「今やっている!こちら、ラインサイト、S-12(エストゥエルヴ)エレノア。応答せよ。」

 

暗闇の中を2機が光を尾に引いて交差する。
「見ろ!少尉!バウティタイプだ。味方だ!」

 

「こいつはそうは言っていない!」
交差後すぐにスプリットし、目標下部へと滑り込む。

 

エレノアが『敵』にロックした。激しいGに踊りながら、トリガーを絞り込む。
ショットGNライフルから短い間隔で、圧縮粒子が放たれる。

 
 

光は『敵』の半身を宇宙に溶かした。

 
 

 [ラインサイト]2

 

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White