Top > ルナマリア◆yb4dHGjFao 06
HTML convert time to 0.013 sec.


ルナマリア◆yb4dHGjFao 06

Last-modified: 2017-02-22 (水) 02:52:09

ツイン・ですてぃにーぷらん
 
「適職診断ねぇ・・・なんか胡散臭いよな?ティファ?」
「・・・・・・」
「ティファ?」
「興味津々みたいね。アンタはどうすんの?」
「あーもう!やればいいんだろ!?やれば!!」

ジャンク屋、強盗、運び屋の素質アリ

「うわ〜・・・犯罪の匂い全開ね」
「こ、こんなの機械の故障だろ・・・なあティファ・・・?」
「・・・・・・」
「う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!そんな目で見ないでくれぇぇぇぇぇぇぇ!!」
「あ〜あ、走り去っちゃったよ・・・追わなくていいの?」
「・・・はっ?何でしょうか?」
「ボーっとしてたみたいだけどなんて書いてあったの?」
「ひ、秘密です」

画家、囚われのお姫様、主婦の素質アリ

(タリア、若さとはいいものだね)
「あら、貴方だってまだまだ若いじゃない」
 
 
ですてぃにーぷらん凸
 
「全く馬鹿馬鹿しい。どいつもこいつもこんなものに夢中になって・・・」
「新バージョンでは遺伝子上の相性診断とアドバイスをしてくれるんですよ♪ならやるしかないじゃないですか♪」
「機械なんかに人間の相性がわかってたまるか・・・相性なんてもんは色々やってみれば・・・」
「楽しみですね♪早速始めましょう♪」

遺伝子上の相性はまずまずです。ただ、男性の脱走癖、浮気癖が気になります。頭髪にも十分注意が必要です。

「ふざけるな!俺は逃げたりなんかしない!それに髪だって・・・髪だって・・・」
「ア、アスランさん!ミーアさんの事は気にしてませんから!いっそ刺し殺して私も・・・なんてちょっとしか考えてませんから!」
「うわぁぁぁぁぁぁ!俺は逃げたんじゃない!逃げたんじゃないからなぁぁぁぁぁぁ!!」
「だ、だめですよ!そんなにスピード出したらズレ「うわぁぁぁぁぁぁ!!」よ!」

「もう、色々と手遅れだったみたいね・・・」
「みたいだね・・・」

この日、好評を博したですてぃにーぷらんは撤去される事となった・・・

(さて、次は何で遊ぶとしようか・・・)
「なんだか暇そうね、ギル?」
 
 
決戦に向けて

*この話はプラントへのレクイエム発射前を想定しています
 
「決戦に向けてねーちゃんの機体を強化したんだ。見てみてよ」
「・・・どこが?」
「よく見てよ。額に角が一本増えてるだろ?」
「・・・あんた、私を馬鹿にしてる?」
「この角が凄いんだってば!先端からビームサーベルを出して攻撃できるんだ!」
「・・・そんなもん額につける意味あるの?」
「この角はねーちゃんの前髪の動きをトレースして動くから、腕がもう一本増えるようなもんだ。これで接近戦は完璧さ!」
「・・・無駄に凝ってるわね」
「Assault Hairpiece Of Gallant Empress  略してAHOGE(アホ毛)!ねーちゃんの専用装備だ!」
「・・・却下」
「なんで!?」
「その名前よ!馬鹿にしてんの!?却下よ却下!大却下よ!!」

プランA、攻撃力増強計画・・・失敗
 
 
決戦に向けて2
 
「ねーちゃん、もう一度機体を強化したんだ。見てみてよ」
「・・・なに?これ」
「ねーちゃんの射撃が当たらないのは機体の安定性の問題だと思ったんだ」
「それと、このゲテモノ四本足に何の関係があるの・・・?」
「四脚全てに高性能のアポジモーターと姿勢制御用スラスターを搭載、絶対的な安定性を実現、制御コンピュータも積み替えたんだ」
「まあ、射撃が当たるようになるんなら多少不恰好でもいいけどね・・・ところでこれってゲルズゲーの足なの?なんか違和感が・・・」
「え!?あー、まあ、うん、そうかな・・・」
「なんか煮え切らない答えね・・・まあいいわ、シミュレータ使うわね」

「確かに射撃がよく当たるわ・・・今までと違ってぜんぜんぶれないもんね。そろそろMS出して頂戴?」

画面に餌が現れた直後、コクピット内に電子音声が響いた。

『敵モビルスーツ、エアマスターバーストを確認。敵はバスターライフルを装備。中距離での戦闘は危険です・・・』
「キッドく〜ん?何逃げ出そうとしてるのかな〜?」

シミュレータから飛び出してがきんちょの首根っこを掴む。

「君は今自分の置かれてる立場がわかってるのかな〜?こう言う微妙なネタは止めるべきじゃないのかな〜?」

ルナマリア専用Dインパルス四脚仕様、Dインパルスに再換装。
キッド・サルサミルがキッド・サルサミル(頭部タンコブオプション装着型)にパワーアップ

プランB、射撃能力向上計画・・・失敗
 
 
決戦に向けて3
 
「ねーちゃん、三度目の正直だ!見てみてよ」
「二度あることは三度あるの間違いじゃないの?・・・随分でっかいブースター背負わせたわね」
「ねーちゃんの射撃能力に向上が見られない以上、ケルベロスは不要。よって撤去。機動力強化を追求したんだ」
「理屈はわかるけど、なんかムカつくわね・・・ん?あのブースター、どっかで見たような・・・?」
「き、気のせいだよ、きっと・・・」
「流線型のフォルムといい、青いカラーリングといい、まるで「お、俺のエアマスターがぁぁぁぁ!」・・・やっぱり」
「あ、あはははは・・・」
「まあ、餌の事は置いといて・・・使えるの?」
「あー、うん。使えるには使えるけど・・・」
「なによ?」
「コクピットがそのままだから、最高速だと20G位かかるんだよね・・・ま、まあねーちゃんなら大丈夫かな?」
「また際どいネタを・・・そもそもあんた私をなんだと思ってるのよ?」
「そんなのギャグキャラに決まって・・・あ・・・」

ルナマリア専用Dインパルスバースト、Dインパルスに再換装
ネイキッドエアマスター、エアマスターバーストに再換装
キッド・サルサミル(頭部タンコブオプション装着型)がキッド・サルサミル(連装タンコブオプション装着型)にパワーアップ

プランC、高機動化・・・失敗