Top > 皇女の戦い 第五話
HTML convert time to 0.005 sec.


皇女の戦い 第五話

Last-modified: 2017-09-26 (火) 20:09:07

「さあ、皆さん!ガンダムファイトの名誉ある英雄たちが次々と決戦の地に降り立ってきました!
我が国が誇る時計塔が刻一刻と戦いの始まりが近づくのを我々に教えてくれています!
試合開始まで後2時間!我々は雄々しき英雄たちが揃うのをこの目に焼き付けることができるのでしょうか?!それとも全員揃わぬまま闘いを開かざるを得ないのか!
我らの心に勇気を与え、感動に胸を奮わせてくれるファイターたちが集うことを信じようではありませんか!」
司会者の言葉に湧き上がる観客達。

 

ここは今回のガンダムファイトの開催地、イギリスはロンドン。午後の3時。
中東のように快晴ではないが曇りが殆どない空。
会場には各国の機体が続々集結していたが一向にマリナのユディータは現れなかった...
もっともマリナ自身が謎の機体に攻撃されたことは通信で明かしたことから、現地にいるアザディスタンのメンバーをもう一つの不安が襲うことになったが...

 
 

ここはアザディスタンのスタッフとシーリンが集まっている会場の控室。
「しかし困りましたね...あのようなことが起きたとは......」
「ステルス機能の盗用の可能性...」
「重装甲の機体、圧倒的火力...一体どこの国なのでしょうね...」
「参加国の差し金である可能性はほぼ明白ですが...」
アザディスタン代表の技術者達の何人かは眉間に皴を寄せていたが...
「どこの国であろうと問い詰められて口を割る国はおりませんし、今は彼女の到着だけを待ちましょう。
今我が国の軍が国内で調査をしておりますし、この国にも派遣を要請した所ですから...」
冷静に語るのはシーリン。とは言え代表かつ皇女が狙われたのだ。内心は動揺している。
彼女とは長い付き合いなのだから。

 

部屋を出ると壁に凭れ掛かり小奇麗な廊下の天井を見上げる。
(早く、無事に来て。マリナ...そうでなければ私達の願いは...)

 
 

タイムリミットまで後90分。
橙色の空の下、会場には次々と新たな代表達がステージを彩り観客達を沸かせていた。
例え国同士がライバルであっても異国の思考と文化、技術の結晶であるMFを見るのは観客達の興奮を誘うには十分過ぎる程だ。
イタリアからはローマの剣闘士さながらのガンダム、ノルウェーからは僧侶のような荘厳さを持ったガンダム......多種多様な機体が人々の視線を集めていた。
到着したファイター達は祝福してくれる観衆に手を振ったり、機体の四肢を少し大仰に動かすようなサービスを見せてくれる者もいた。

 

その時、凄まじい轟音と共に強靭なシルエットの機体が現れた。
背中には移動用の五角形をした追加ブースター...
雲のような純白と赤みがかったオレンジに彩られた姿が一層存在感を引き立てている。
「おおっと、これは中東のダルト代表ガンダムアグニス!乗っているのはアイシェ・セレンギル!注目株の女性ファイターです!
格闘技に幼い頃より精通している選手だけにその佇まいも目を見張るものがあります!
燃え上がるような色をしたその機体、双方のポテンシャルから目が離せません!」
アグニスの内には機体同様燃えるようなオレンジ色のスーツに身を包んだ女性が堂々とした面持ちで会場を見つめていた。
年は二十台半ば、ダークブラウンの髪に細いながらも広い肩幅。褐色の肌。
余すところなく筋肉質なのがスーツの上からでも伝わってくる。

 

その場所から最も近い客席にはスーツを着た2人の男が不敵な笑みでアグニスを見ていた。
「無事着いたな。」「ああ、妨害には失敗したようだが彼女なら本番で敵とぶつかっても勝ってくれるだろう...」
「しかし当日にいきなり妨害と言うのもいきなりではないか?もう少し前にやっていれば......」
「ああ、彼女も国の首相も出たとこ勝負が好きでね。手段を選ばん割に...」
「お偉いさんにも困ったもんだな。」「仕方ないさ。」

 

「さて、あんたは着けるかな......甘ちゃんの皇女様?」
アイシェは薄い唇を挑戦的に歪めながら夕の空をエメラルドの瞳に映した。

 
 

時は少し流れタイムリミットまで後一時間程。
早朝から飛行し続けいくつものヨーロッパの街を過ぎていったユディータ。
ここはオランダの上空。イギリスに最も近い国の一つ。あと少し...気は抜けず一気に目指す。
街の人々がマリナの機体を見上げる。手を振る人、敵国の一つという意識から無視する人様々だ。
国の都市のあらゆる場所には国旗が立てられ風にはためいているのが見える。
それらはマリナの国を含めどこの国でも同じだったが。
(必ず辿り着くから!待っていて、みんな、シーリン!)
水色と白に彩られたスーツは緊張や時間と戦い続ける故の汗で濡れている。
機体内部の足場にも滴り落ちていた。
もし遅れればアザディスタンは今の地位に甘んじるどころか他国に後れを取るだろう。
そしてマリナを信じてくれた人々が失望するのも避けられない......

 
 

後30分を切ったロンドン。
「全く!攻撃を仕掛けた奴らも奴らだが代表は何をやっている!この大事な日に......!」「皇女は皇女だな。やはりファイターになるべきではなかった......もっと戦いのプロに任せていれば...」
アザディスタンの二人の技術者達は会場の隅で不満を漏らしている。彼らとて国の未来を強く案じているのだ。この事態では自然な反応と言えるのだが...
「お気持ちはお察しします。ですが今は辛抱の時です。」「......」
いつもより厳かな足取りでやってきたシーリンに目を向ける彼ら。
「マリナは、いえ皇女は約束を必ず守る方です。」
切れ長の瞳は遠く、オレンジの空を見つめていた......

 
 

開始まで後10分...時は容赦なく刻まれ続け、空はより橙色を強めている。まるで先を急ぐ皇女を嘲笑うかのように激しく燃える色。
長い黒髪を徐々に汗に濡らしながらも空を行くマリナ。
名誉ある英国の大地に鬼気迫るファイターを乗せたユディータの影が映る。
約束の地はもうすぐだ...

 

「さあ、皆さん。今回の闘いまでいよいよ後一分となりました。
現在到着していない機体は後一機!果たして我々にその雄姿を見せてくれるのでしょうか!
しかし、我々は母なる国のためにこの戦いの幕を開けなければなりません!
最期のファイターを信じるとともにカウントダウンをご一緒に!」
「60、59、58...!」
老若男女、人種、あらゆる人々が熱狂ともいえる声を上げて秒読みが開始される!

 

「マリナ、あなたは絶対に...」静かに、重く呟くシーリンの指は汗を伝いながら翠色のスカートの裾を握っている。
「30、29、...」
殆どのアザディスタンメンバーの焦燥と諦観とは裏腹に観客の声はカウントダウンを順調に進めている。

 
 

ユディータはコロシアムを下界に見下ろす。望んできたこの場所に...
「......ついに、来た...!」
熱烈な観客で埋め尽くされた会場にすることはただ一つ。
「みんな......」
背中の弓矢を細い手に携えて、ステージ上で誰も立っていないエリアに構える。
「10、9...!」
「私は、いる!!」
風を全て切り裂くような音と共に、一本の矢がそこに刺さった!
「おおっと、これは!?」
「8、7、6...」
司会者は驚き、観客の何割かの声が一瞬なくなるが、他の者達の秒読みは絶え間なく続く。
「まさか、来たのでしょうか?」
轟音を響かせユディータの白い鋼の身体がステージに降り立つ!
「3、2、1...0!!!」
「みなさん!遂に最後のファイターが到着しました!アザディスタン代表マリナ・イスマイール!そして、ガンダムユディータ!!」
会場はより強い歓声に包まれる。

 

タラップを伝ってステージに降り立つマリナ。清涼な色のスーツに守られた痩身は汗を流しながら、多少の揺らぎを見せながらもしっかりと歩いていく。
片手には少女からもらった花飾りが優しく、だがしっかりと...
集まった人々の声はあまりにも力強い...それは争いによる悲しい怒号とは違う、もっと陽性のものだった...
「これが世界......」
見渡す限りの人々の多さに驚きを感じながらも自国の仲間たちを探す。
「マリナ!」「シーリン!」代表の姿を認めて駆けていくシーリン達。
「ごめんなさい、本当に、心配をかけて......!」深々と頭を下げるマリナ。
シーリンの方は緊張が消えたのか少しい困った笑みを浮かべ「本当に、あなたって人は...
でも、ずっと信じてたわ。あなたのことだもの、必ず来るってね。」
「シーリン...ありがとう...」顔を上げたファイターは水色の瞳を潤ませながら旧友を見つめていたが...
「......っ、」態勢を少し崩す。シーリンがそれを支える。
切迫感でいっぱいだったのと、元々他の選手よりタフさで数段譲ってしまうのが表に出てきたのだろう...
「本当に、もっと鍛えた方が良かったかもね。」「...そうかも...でも、絶対に負けないわ。」
そっと花飾りを黒髪に被せて微笑んだ。

 

「みなさん、今年もやってきました!!四年に一度の大舞台...ガンダムファイトの開催です!!」
司会者の声と共に会場に今日一番の歓声が沸き起こった。

 
 

皇女の戦い 第四話 皇女の戦い マリナがガンダムファイターだったら… 皇女の戦い 第六話

 
 

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White