Top > Ace-Seed_∞_第00話
HTML convert time to 0.002 sec.


Ace-Seed_∞_第00話

Last-modified: 2013-12-26 (木) 02:04:10

1年前、戦争があった。
中立都市コペルニクスにおける爆破テロに端を発したこの戦争は、
国連が解体されて成立した連合軍による農業プラント“ユニウス7”への核攻撃、
それに対する報復としての地球全土へニュートロン・ジャマーの投下により泥沼の相を呈し、
遂には連合軍によるザフトの要塞ボアズへの核攻撃、連合軍艦隊へのγ線照射装置“ジェネシス”の発射へと至った。
それによって戦力の多くを失い疲弊した両軍は停戦条約を結び、現在に至る。
ここまでは今年出版されたハイスクールの教科書にも載っているような話。

……だが、そこで一つの疑問が浮かぶ。
“誰がジェネシスを破壊したのか?”

第二次ヤキン・ドゥーエ戦と呼ばれた戦場に居たのは連合軍とザフトのみ。
だが連合軍はジェネシスによってその戦力の大半を消失、頼みの核攻撃部隊も失っていた。
ならば誰がジェネシスを破壊したのか。

《メ……ス……エ…………!》

俺はその謎に惹かれ、相棒と共に調査を始めた。
軍の関係者から得た資料、出所不明の裏情報、そんなものまで手に入れて……そして見えてきた。
一人のパイロットに関する記述。
そしてそこに残された『死神』という暗号。
情報としては不十分なものが多かった。
だが俺はますますそこに惹かれていった。

《メビ…ス……エン………!》

俺はこのパイロットを通して先の戦争を追い掛けることにした。
その先にはきっと何かある。
未だ謎に満ちた、あの戦争の真実の一面が。

《メビウス…、エン……ジ!》

彼の存在は非常にあやふやだ。
それでも俺は彼を追っている。
彼が戦った“エース”たちと会いながら。

《メビウス1、エンゲージ!》

機動戦士ガンダムSEED 『エースたちの追憶』

戻る】【