Top > Ace-Seed_∞_番外編その2
HTML convert time to 0.002 sec.


Ace-Seed_∞_番外編その2

Last-modified: 2013-12-26 (木) 02:23:48

編者勝手に注釈:引き続き◆Hgibd3UDFM氏の書いた番外編である。


エースたちの追憶 番外『オメガの軌跡』

え?まだ聞きたい…
ええっと、そうですね…『3分で復帰し、20秒後にまた落ちる』って言ったら信じますか?
ですよね…普通、信じませんよね
それが出来るから『伝説のベイルアウター』なんて渾名が付いているんですよ
さっき言ったでしょ?連合のVIPの乗る戦艦を守ったって…その後です…

≪厄介な奴だよ!君は!≫
「それでも!守りたい世界があるんだ!」
≪もはや止める術はない!地は焼かれ、涙と悲鳴は新たなる争いの狼煙となる!≫
「『メビウス1』も、誰もそんな憎しみを生む"空"を望んじゃいない!!」

そうは言ったものの『リボンの死神』はジェネシスに向かっていて、自分の機体のエネルギーは枯渇状態…
もうダメだ…そう思ったときでした
≪よく言った それでこそメビウス中隊のものだ!!≫

そういって『あの人が』割り込んできたんです…

≪また君か!何度落されれば気が済むのだ!?君は!!≫

……あとであの戦場での出撃ログを見てみたんですけど、『あの人は』
このとき既に4回の出撃を数えていました…しかもその内の2回はプロヴィデンスに落されていたそうです…

≪オレが突撃をかける、その隙を突け!!オメガ イレブン イジェークト!!≫

その言葉通り、その隙を突いて何とか落せました…これ、本当のことですよ!?
そして、収容された艦で寝てる僕の横に現れたんですから…
僕も戦闘能力が『バケモノ』って言われたことありますけど、あの二人と比べられたらかすんでしまいますよ

それじゃ

】【戻る