Top > LOWE IF_グゥレイトォ!な明日へ!_第01話
HTML convert time to 0.001 sec.


LOWE IF_グゥレイトォ!な明日へ!_第01話

Last-modified: 2007-11-11 (日) 23:20:30

「くそ!!ストライクめぇぇぇ!!この俺を・・・・、この俺をよくも!!」
「落ち着け!!イザーク!今はこの状況をどうにかしねぇと!」
「だがディアッカ!!お前はなんとも思わんのか!!ストライクにいいようにやられて・・・・。」
「だからってこんなとこでぐだぐだいってもしょうがねえだろ!」
今この2人の状況はまさに世にいう絶体絶命なのである。
「くそっ!!機体の通信さえイカれてさえいなけりゃ!」
2人の機体は先のストライクとの戦闘で中破。いつ爆発してもおかしくない状況だったのだ。
「こんな無人島で死ぬなんてごめんだぜ。」
つまり彼らは助けも呼べず島を歩いているのである。
「・・・・!!?。おいイザーク、あれ見ろよ!」
「・・・・?。いったいなにを・・・!」
ディアッカの指先の方向を見たイザークに衝撃が走る。そこにあったものは・・・・・
「「ストライク!」」
色を失って倒れている灰色の巨人だった。
「よし!!これで助けが呼べるぞ!!」 ストライクに向かって走っていくイザーク。
「おいっ、まてよイザーク!」 それを追うディアッカ。
そんな2人をまちうけていたのは・・・・・。
「・・・・おい、イザーク。」
「なんだ、ディアッカ?」
「・・・・・これ・・・・・どうする?」
「・・・・・・・。」
自分達を倒した巨人のパイロットだった。

グゥレイトォ!な明日へ! 第1話「運命の分岐点」  C.E71 三人は出会った。

【戻る】【次】