Top > SEED-クレしん_07-171
HTML convert time to 0.003 sec.


SEED-クレしん_07-171

Last-modified: 2009-07-17 (金) 21:56:51
 

ひろし 「ともかく君達はつまらん!つまらなさすぎるッ!」

 

キラ  「あの……ひろしさん、なんでここまでひどく酔ってるんですか……?」
ムウ  「なんでも会社でミスして叱られたんだと。
     俺も付き合うから、ひろしさんに付き合ってお前らも一諸に飲め……ほら」
ノイマン「あ〜あ、どうして俺まで。野原さん家に顔出すんじゃなかったなあ……」

 

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

 

〜それから1時間後〜

 

キラ  「オラ……立てよてめえ。イラつくんだよ!この軟弱ヤローがッ!」
ムウ  「お、おいキラ。お前が酒を飲みすぎると豹変するのは知っているが、ここは穏便に……な?」
キラ  「ああ〜ん?俺に意見しようってのか?ええ!」

 

ノイマン「ぼ、僕が死ぬ? イヤだ死ぬのは……死ぬのは……
     助けてェェ! 僕の、僕のスーパーピンチクラッシャーッッ!

 
 

ドゴォォォォォンッ!

 
 

シン  「おわッ!なんだなんだ?!」
しん  「なんかお外でまた、凄い音が聞こえたゾ?」
ルナ  「見て!車が変形してロボットになったわ! しかもさらに合体して……」

 

キラ  「な、なんだ?こりゃあ……」
ノイマン「ふっふっふっ。子供の頃に拾った古びたおもちゃ。
     それこそが無敵のヒーローを呼び出すアイテムだったのです!
     さあ行けピンチクラッシャー! パワードライフル!」

 
 

ドゴーーン!ガガーーーーンッ!

 

キラ  「へ……おもしろいじゃねえか! 衝撃のォォォ……ファースト・ストライクゥゥゥ!

 
 

ドゴーーーン!(パンチ一発でピンチクラッシャーを破壊した)

 
 

ノイマン「ほう?やりますね……しかし無駄。私自身がやられない限り何度でも再生可能ですからね。
     ですが……お返しはきッちりしないといけませんね? 来たれ!大いなる翼、ピンチバード!
ひろし 「な、なんだあ?どこからともなく巨大なメカが飛んできたぞ?」

 

ノイマン「超!ピンチ合体!」
キラ  「な……!」
ノイマン「グレートピンチ……クラッシャーァァァァ!」
シン  「おお!すげえ!」
しん  「なんか別の番組みたいだゾ」

 

キラ  「へ……おもしれえじゃねーか!うおおおおお!」
ノイマン「グレートピンチクラッシャー!ピッチャー・ハザード!」

 
 

ドガガガガガッ!

 
 

キラ  「へッいくぜ!撃滅のセカンド・スト……うわああああッ!」
ノイマン「ふふ……どうです?こうなればいかなスーパーコーディアルターといえど、勝ち目はないと思いますが?」
キラ  「へ、へへ……ざけた事ぬかしてんじゃねえよ……まだ!まだ俺には最後の一発が残ッてんだよォ!」
ノイマン「そうですか。それではとどめを刺して差し上げましょう。ラスト・チャンスソードォ!」

 

 ノイマンの指示を受けて、グレートピンチクラッシャーは天空高く上昇、胸のパーツを取り外す。パーツは剣に変形、グレートピンチクラッシャーはラスト・チャンスソードを大上段に構え、そのままキラ目掛けて落ちてくる!

 

ノイマン「逆転!閃光カットォ!」
キラ  「抹殺のォォォ……ラスト・ストラーイクゥゥゥ!

 
 

「はい、そこまでですわ」

 
 

ごいん!

 
 

キラ  「(後ろからラクスにバットで殴られた)……きゅう(ばた)」
カガリ 「それじゃこっちもな……マリューさん、ローエングリン、撃っってくれ」

 
 

ドゴォーーーーーーーン!(ローエングリンをまともに喰らったグレートピンチが爆発した)

 
 

ノイマン「あ、ああ……!ぼ、僕のピンチがあぁぁぁ……」
ラクス 「ふう。キラは毎度のことながらわたくしがお仕置きするとして……さ、ノイマンさん参りましょうか♪」 
ノイマン「え?い、行くってどこに……?」
カガリ 「もちろんあ〜くえんじぇる☆だ。マリューさん、カンカンに怒っていたぞ?観念するんだな。
     それと……そこの2人も!」
ムウ  「え!お、俺達もかよ!」
カガリ 「当たり前だ!いい歳した大人が、若いもんにアルコールを暴飲させて……
     きっちり絞られてくるんだな!」
ひろし 「そ、そんなあ〜〜……」

 
 

ノイマン、ムウ、ひろし「「「た、助けて〜〜!僕のスーパーピンチクラッシャーーーーーッ!」」」

 

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

 

しん 「ふう。もうやれやれですな」
シン 「うう……俺も酒飲む時には注意した方がいいみたいだなあ」
ルナ 「な、なんで私を見て言うのよ!」

 
 

しん 「なんだかんだ言いながらも、みんなケンカするほど仲がいい……て事だと思うな、オラ」

 
 

 戻る