Top > SEED-クレしん_09-200_02
HTML convert time to 0.003 sec.


SEED-クレしん_09-200_02

Last-modified: 2009-10-31 (土) 17:02:08
 

クレ種3バカ選手権!だゾ
【その2】

 
 

メイリン「第1回!春日部3バカトリオ選手権〜〜。」
しん  「いえ〜どんどんぱふぱふ〜〜!」

 
 

メイリン「さていよいよ本戦開始です!
     追加のリザーブチームは後のお楽しみということにして、さっそく競技のしかたを説明しましょう!
     じゃ、しんちゃん後よろしく」
しん  「ほ〜い。対戦カードと競技の決定は、オラがここに用意した箱から引いて決めるゾ。
     それじゃ……さっそくひとつめの対戦いくゾ〜♪」

 

ひろし  「さ、さあ最初はどことどのトリオが戦うんだ……?」
しん   「(ごそごそ)……ん。え〜と……最初のトリオは貧乏人間ズ〜〜♪」
イザ―ク 「俺たちかよ!」
ディアッカ「望むところだぜグレィト!」
しん   「(ごそごそ)次は〜……父ちゃん達〜〜♪」
ムウ   「さっそくか……!」
ギル   「問題はどんな方法で勝負するるか、だ。さて……?」

 

しん   「んじゃ次は競技方法ね〜。(ごそごそ)……ほい、おねいさん」
メイリン 「ありがと。
      えー、競技方法は最強に不可欠な反射神経を試す競技! 題して『あっち向いてホイ!』です!」

 

ひろし  「要するにジャンケンか!でもなあ……イザ―ク君達相手に、俺たちが果たして勝てるか?」
ムウ   「コーディネイターは伊達じゃなさそうだしなあ」
ギル   「心配はいらない。彼ら相手なら私に必勝の策がある」
ひろし  「ど、どんな?」

 

二コル  「勝てるでしょうか僕達?」
イザ―ク 「勝てるかじゃなくて勝つんだ! でないと、いつまでたっても貧乏なままだぞ!」
ディアッカ「焼肉のタレと冬眠暮らしには飽きたしな! ここはなんとしても勝つぜグレィト!」

 

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

 

メイリン 「それでは競技を開始します! 両チームひとりずつ戦い、先に2人倒したほうの勝ち!
      まずはイザーク選手とムウ選手です! それではじゃ〜んけ〜ん……」
2人   「「ぽん!」」
ムウ   「俺の勝ちだ!あっちむいて……」
イザ―ク 「そうはいくか! ここをしのいで次で勝負だ!」
ムウ   「あ、あそこにビフテキが落ちてるぜ?」
イザ―ク 「なに?!」
ムウ   「……ホイ」
イザ―ク 「…………あ」

 

メイリン 「おーっとこれはフラガ選手の頭脳プレーだ! 腹を空かせた貧乏人間を食い物で引っ掛けたー!
      イザ―ク選手それに釣られて速攻で負けました〜〜〜!」

 

ディアッカ「なにやッてんだよおい!」
イザ―ク 「う、うるさい! くそぉ!汚ない手を使いおって……」
二コル  「じゃあ次は僕がいきます!」
イザ―ク 「よし行け二コル! 議長といえども構わん! あの卑怯者どもをブチ殺してこい!
二コル  「ブチこ……やるのはジャンケンなんですが」

 

ひろし  「あ、そこに特上寿司が!」
ギル   「む? 特大ラーメンを30分で完食したらもれなくタダとあるな、あの店」

 

メイリン 「貧乏人間ストレート負け〜〜! 食べ物に釣られるという人間の本能に訴たえる戦術の前に、
      3人とも手も足も出ませんでした〜〜〜〜!」
イザ―ク 「ぐう……」
ディアッカ「ひ、否グレィト……だぜ……」
二コル  「しょうがないですねえ……焼肉のタレ買って帰りましょうか。ね?」
ひろし  「勝ったー!」
ムウ   「ま……少々卑怯かもしれんけど、な」
ギル   「さて、それでは私達は次の出番まで高みの見物といくかね」

 

 ※ ※ ※

 

メイリン「まずは中年オヤジ組が初戦を勝ち抜きました!次はどのトリオとトリオが戦うのか……
     それでは次回をお楽しみに!」
しん  「またね〜〜〜♪」

 
 
 

シン  「お、俺は? 俺の出番は……?」
ルナ  「シンくぅ〜ん?まーだ私のお話が終わっていないんだけどな〜〜〜?」
シン  「ひ、ひい〜〜!勘弁してくれよおーーー!
     なんで俺だけが責められなきゃいけないんだあーーー!!」

 
 

(つづくゾ)

 
 

  戻る