Top > SEED-クレしん_10-622
HTML convert time to 0.004 sec.


SEED-クレしん_10-622

Last-modified: 2009-07-04 (土) 20:17:16
 

 夜8時少し前。スーパーミネルバの裏口にて。

 

シン  「まだかな………」
ルナ  「みんな遅いわねえ。もう始まってるのに〜」
レイ  「気にするな。たぶんもうすぐ………来た」
メイリン「え?」

 

しん  「やっほ〜♪」
みさえ 「ごめんごめん!浴衣に着替えてたらすっかり遅くなっちゃった〜」
ひろし 「まだ大丈夫かい?」
シン  「ええ、あと一時間はやってるハズですから」
キラ  「ラクスこっちこっち!」
ラクス 「あら、みなさんごきげんよう♪」
エル  「こんばんわ〜」

 

フレイ 「あ、キラ達も来てたんだ?」
マユ  「お兄ちゃんにしんちゃんにエルちゃん、こんにちはー!」
カガリ 「どうだ?私の昔の浴衣は」
コニ―ル「き、金魚ガラの浴衣ってのはちょっと、その……恥ずかしい気が」
アスラン「カガリ達も来たか」

 

イザ―ク「俺たちもいるぞ!」
クルーゼ「俺!参上!」
ムウ  「ファントムペイン及び連合組の連中も全員参上!」
シャニ 「あち〜……なんで俺がこんなしょぼいスーパーに来なきゃなんねーんだ」
マリュ―「ま、それは後のお楽しみってことで、ね♪」
ギル  「認めたくないものだな!若さゆえの過ちというものを!」

 

風間君  「こんばんわー!」
マサオ君 「ど、どうも……」
ボーちゃん「やっ」
ネネちゃん「どうみんな〜?このおにゅーの浴衣♪」

 

シン  「お、かすかべ防衛隊のみんなも来たか」
しん  「んじゃ、そろそろ行こうよシン兄ちゃん」
ルナ  「そうね。でもいい?今回のことは店長と、特に副店長には内緒なんだから。
     そこらへんを考慮してこっそり行くわよ」
しん  「ブ・ラジャ〜♪」
アスラン「じゃあついてきてくれ。こっちだ………」

 
 

 そして一行は出来るだけ静かにミネルバの裏手から中に入った。

 

ニコル 「へ〜……スーパーのバックヤ―ドってこんな風になってたんだ………」
オルガ 「おい。エレベーターで行かねえのか?」
メイリン「こんなに大勢をエレベーターに乗せるわけにはいかないでしょ。
     裏手の階段を使ってこっそり上に上るの!」
アウル 「げーこの暑いのにマジかよ〜〜」
風間君 「いい大人がいきなり弱音を吐かないでくださいよー」
シン  「そうだぜ。どうせもうすぐなんだからそれまで我慢……お、ここか?」
アスラン「……ああ間違いない、屋上に通じる扉だ」
ルナ  「ではでは。ここに取り出したる1本の合鍵を扉の鍵穴に指しこみまして……(ガチャ)
     よし、開いたわ」

 

ギ……ギギギ〜〜〜

 

シン  「む、ずいぶん錆付いてるなあ?」
アスラン「文句言う前に押せ!ん、んん〜〜〜!」
ひろし 「頑張れー!あと少しだぜ〜」

 

ギギギ……

 

シン  「ひ、開いた!」
しん  「おお〜〜?」
キラ  「こ、これは……!?」

 
 

パーン!ド――――ンッ!ドドドドド…………!

 
 

カガリ 「へえ……」
エル  「うわ〜花火がすごく良く見えるよ〜〜♪」
マユ  「お兄ちゃんすごーい!ミネルバの屋上って花火見物の特等席だったんだね!」
シン  「へへっまあな〜」
ルナ  「実は屋上で仕事サボってた時に偶然見つけたんだけどね」
シン  「ば、ばらすなよー!」
コニ―ル「期待を裏切らない、いい兄貴だな」
マユ  「恥ずかしいなあもう……」

 
 

ド――――ンッ!

 
 

しん  「たまたま〜〜!」
むさえ 「それを言うなら『たまや〜』でしょうに」
しん  「おお〜そうともいう〜。」
アスラン「みんな。売れ残りのもんで悪いがジュースとかお菓子とか持ってきたぞ〜」
キラ  「おお!アスランふともも〜」
しん  「あー!それオラのセリフだゾ!オラのセリフ〜〜!」

 

ムウ  「ジュースだけしかねえなあ……ビールはねえのか?」
??? 「ビールならここのクーラーボックスにたくさんあるぞ。飲むか?」
ギル  「ああこれはすいません……ってぶ――――ッ!
メイリン「て、店長?!」
タリア 「店長?さあなんのことやら………今の私はスーパーの屋上で花火の見物をするただのザ○家の女よ」
ギル  「ザ、○ビ家って…」
タリア 「シ○ア。ちょっと私と2人で花火を見ながら飲もうじゃないか。ん?」
ギル  「い、いや私は酒はちょっと苦手で」
タリア 「……こい」
ギル  「はい」

 
 

ドド―――――ンッ!パチパチパチ………

 

しん  「たまたま〜〜!」
シン  「カギや〜〜!」

 
 

 ま、そんなこんなで……今日はミネルバの屋上という特等席で、みんな一緒にかすかべ花火大会を心ゆくまで楽しんだのでした。

 
 

 戻る