Top > SEED-クレしん_10-716
HTML convert time to 0.004 sec.


SEED-クレしん_10-716

Last-modified: 2009-08-12 (水) 09:42:42
 

シン 「レイ、どうしたんだ? 俺をこんな所に呼び出して」
レイ 「シン、今度スーパーミネルバの地下格納庫を使い肝試し大会(参加料1人300円)が実施されるのは
    知っているな?」
シン 「あ、ああ、知ってる。俺も手伝わされた」
レイ 「その商品が何か知っているか?」
シン 「いや、まだだけど……」
レイ 「これを見てくれ」
シン 「賞金3万円……そのほかの副賞ハイマットフルバースト扇風機、ハロ……
    レイナ・デュランダルとお茶する券!?
レイ 「……いくら俺が吹っ切れたと言っても、どうせあいつらが……」
シン 「あ、ああ……そういうことか……」
レイ 「そこでお前に大親友として頼みがあるんだが」
シン 「だ、大親友!?」

 
 

 そして情報が知れ渡った翌日……

 

キラ   「レイナさんとお茶する券だって、絶対参加します!」
シン   「えぇ!?お姉ちゃんとお茶するって何!?ねぇ、僕も行っていいよね?答えは絶対聞いてない!」←芝居
しん   「んもうシン兄ちゃん、落ち着いてよ。皆で参加するんだから……」
レイ   「冗談じゃない。仲良しグループじゃないんだぞ(出場するんじゃない!)」
ディアッカ「賞金3万や扇風機も美味しいが、もっとグゥレイト!」

 
 

 当日

 

しん  「ルナおねいさん、震えてるぞ。もしかして苦手?」
ルナ  「ちょっとね。でも勝負事って黙って見てる訳には行かないし……」
しん  「勝負って、何言ってんの?」
シン  (俺が優勝して、レイナとのお茶券を手に入れないと……)
ニコル 「どうせディアッカが無駄なものを手に入れてくるなら、僕がせめて扇風機だけでも手に入れないと……
     でも、ドキドキするなぁ……心臓が飛び出そう……」
ステラ 「シンと一緒って言われて来たのに……約束違う……アウルのばか〜!」

 
 

 一方先に行ったキラは

 

キラ  「ふふ〜ん、お化けなんてたいしたものでもないな。これなら早くゴールに着きそうだ」

 

??? 「ゴールして、何を貰うつもりですか? 賞金ですか?副賞ですか?」
キラ  「それは、賞金よりもレイナさんとのお茶券に決まってるじゃないか〜」
??? 「そうですか……では……お し お き ですわ……!」
キラ  「ひやぁぁあぁっっ!!」

 

 ちなみにディアッカもキラと同じ目に遭い失格した……

 
 

ルナ  「このまま何もおきなければいいんだけど……」
ヨウラン(お化け役)「ワァーー!!」
ルナ  「キャアアアアア!!」

 

バキィ!

 

ヨウラン「うう……それ、失格……(ガクッ)」

 

シン   「あーあ、ルナの奴失格かぁ……」
マサオ君 「お化けの人を殴り倒しちゃあね」
ボーちゃん「噂で、聞いたけど、ここお店の人以外にもおどかす人、いる」
ニコル  「キラさんとディアッカも失格、と……少しは僕が優勝できる可能性上がったかな……?」
風間君  「何となく分かる気がする」

 
 

〜受け付け〜

 

アーサー 「あれ、シンはしんのすけ君と一緒なんだ」
シン   「はい、副店長」
しん   「えー、だめなのぉ。せっかく来たのにぃ……」
アーサー 「うーん、本当は10歳以上でないと入場不可だけど、まぁシンが一緒だし……よし、特別に許可しよう」
しん   「やった〜」
シン   「ありがとうございます。じゃあ、行ってきます」
マサオ君 「しんちゃんとシンさん、がんばってねぇー!」
ネネちゃん「泣いたら承知しないわよ〜〜!!」
レイ   (頼むぞ、シン……)

 
 

シン  「さすがにみんなで気合入れただけあって、良くできてるなぁ」
しん  「おぉ!?」
シン  「どうしたの!?」
しん  「おばけが倒れてるぞ!」
シン  「ヨウラン……ルナがやったんだな……」
しん  「おおーーーっ!?」
シン  「なに、今度は!?」
しん  「人面犬発見!」
??? 「いやぁ、おどかす前にばれてしまったか……」
シン  「バ、バルトフェルトさんまで……」
虎   「ここまで来れた人はなかなかいなくてね。
     この先がチェックポイントだけど、迷いやすいから気をつけたまえよ」
シン  「は、はい……」
しん  「何だか、フクザツな感じだゾ……」

 
 

 少しずつ進んでいくWしん。だが……

 

しん  「ねぇ、シン兄ちゃん。なんだか同じとこ回ってない?」
シン  「うーん、俺もここが本当に格納庫なのか分からなくなって来た……ここかな……」

 

バシャア!

 

しん  「……うわっ?」
シン  「何だこれ?」

 

《残念!来年頑張って!》と言う看板

 

しん  「なにこれ?」
シン  「チクショー! 俺まだまともにおばけに会ってないのに〜!!」

 
 

レイ  「くっ、そんな失格トラップがあったのか、迂闊だった」
シン  「事前に見取り図くらい作っといてくれよ!
     ルナがおばけを殴り倒しておいたせいで、こっちはほとんどまともなおばけに出会わなかったし!」
ルナ  「何よ、どうせレイナさんとのお茶会が目当てなんでしょ、このドスケベ男!」
シン  「なっ、こっちも色々と事情が……」

 

ネネちゃん「そんな罠にかかって失格じゃしょうがないわね」
マサオ君 「おしかったね」
ボーちゃん「たまには、そんな日も、ある」
風間君  「僕だったらそんなの気付いてたけどね」
しん   「人面犬に出会っても?」
風間君  「じ、人面犬?」

 
 

 そして二コルは……

 

ニコル 「うう……いつもは僕がミラージュコロイドで相手を脅かすほうですけど、
     実際にこんなことになると緊張しますね……」
アスラン(お岩さん)「バァー!」
ニコル 「わああああっ!?」

 

ゴツーン!(ニコル、後ずさりした際に壁に頭をぶつけて気絶)

 

アスラン「しまった、少しやりすぎたか!? 大丈夫か、ニコル」
ニコル 「うん、アスラン……? うわあああっ、で、出たぁーーっ!!」(再び気絶)

 
 

 結果アクシデントやトラブルでゴールしたものは殆どいなかったが……

 

ステラ「優勝しちゃった……」

 

 何故ステラが優勝できたのか?
 それはあまりにも怖がりすぎるステラ相手に、おばけに扮した種キャラ達は自然に手加減し結果無事にゴール出来たのであった。

 
 

 その後……

 

ステラ「お茶、おいしいね……」
レイナ「え、ええ……(ば、ばれてないよな)」

 
 

 戻る