Top > SEED-クレしん_14-072
HTML convert time to 0.003 sec.


SEED-クレしん_14-072

Last-modified: 2009-05-30 (土) 22:22:59
 

ド○え○ん風・クレ種お花見大会だゾ

 
 

シン 「うえ〜〜んしんちゃ〜〜〜ん!!」
しん 「な、なに? いきなり」

 

シン 「アワウ、アオアオワウ〜〜〜」
しん 「へえ、今年の桜は綺麗だから桜が散る前にお花見の2次会をしようってことになったの?」
シン 「ウエ、ウエ、オエッオエッ」
しん 「ただ、また普通に飲み食いするだけじゃつまらないからみんなで1人づつ隠し芸をすることに?」

 

シン 「………泣きながらいったのによく分かったね」
しん 「何年付き合ってると思うの? でも困ったね〜シン兄ちゃんっていい人だけど取りえはないから」
シン 「はっきり言うなあ! こう見えてもMSの操縦は上手いんだぞ?」
しん 「そんなの種キャラならだいたい出来るじゃない。父ちゃんが車を上手に運転できると言ってるようなもんだゾ」
シン 「うぐぅ……」
しん 「芸できないんなら、行かなきゃいいじゃない?」
シン 「そうはいくか! アスランやルナにあれだけバカにされて黙ってられないっての!
    なあしんちゃん〜俺と組んでくれよ〜
    2人1組で参加だからさ、しんちゃんが組んでくれれば百人力なんだよ〜」

 

しん 「え〜。オラ、アクション仮面の特番見たいからお花見なんて行きたくないゾ〜」
シン 「ガク………いいんだいいんだ。
    優勝できたら賞品の『スペシャルDXカンタムロボ限定版』はしんちゃんにあげようと思ってたのに」
しん 「ほらシン兄ちゃん時間がないゾ! さっさと隠し芸の特訓しよう!」
シン 「いやったあ! しんちゃんは頼りになるなあ〜♪」

 

   ※   ※   ※

 

〜その夜、お花見の2次会〜

 

マリュ―「ではこれより、桜の木下で有志参加による隠し芸大会をはじめたいとおもいま〜す!」
みさえ 「一番手はアスラン君&ルナちゃんよ。どぞ〜」

 

ルナ  「ここに取り出したるひとつの塊。これはパテが固まったものでありま〜す」
シン  「どうする気だ……?」
ひろし 「なんでアスラン君は着流しに刀差してるんだろ?」
ルナ  「これをこう投げますと……えい!」

 

ピキ―ン!

 

アスラン「一の太刀! 二の太刀! 三の太刀! そして……大まかな形を整えこれからが本番!
     造形の太刀ィィィ!」
風間君 「うわッ日本刀でパテの塊を削ってる!?」
アスラン「トドメ!仕上げの掌!(ガリガリガリ………!)」
アウル 「両手に巻きつけた紙ヤスリで……」
アスラン「筆と塗料!」
ルナ  「はい!」
アスラン「…………一丁あがりィ!」
ルナ  「は〜い!見事な私のフィギュアが出来ました〜♪」

 
 

マリュ―「これは凄いですね〜いきなり高レベルな芸がでました!
     さて次は……キラ君&フレイちゃんでーす!どうぞ〜」
マユ  「お姉ちゃんがんばれ〜♪」
フレイ 「で、私はなにをすればいいのキラ?」
キラ  「そこに立っててさえくれればいいよ。さて僕の芸はですね……
     ポ〜ラ〜ロイドカメラ〜!(ドラ○もん風)」
マサオ君「……まさか」
キラ  「こいつのシャッターをフレイに向けて、僕の額にカメラを近づけて………む〜……う〜……
     はあああああ…………たりゃあ!(カシャ!)」
フレイ 「(ゾク!)い、いま一瞬すさまじい悪寒が……?」
キラ  「ほらみんな来て来て♪」
ムウ  「ほう、これは……」
ひろし 「ほ〜〜」
ギル  「なるほど君の想像力は無限大のようだな。まさか彼女の(ピー)な姿が拝めるとは」
キラ  「でしょ?でしょ? ご要望とあらば希望者に一枚300円で特別にお裾分けを………」

 

ゴイン! ゴイン! ゴイン!

 

みさえ 「なんかよく分からないけど、おもいっきり邪な感じがするのでこれは残らず没収します!」
マリュ―「当然、キラ君は失格ー!」
フレイ 「キラ〜? もしかして私の恐ろしさ、もう忘れちゃったのかしら?
     ラクスさんがここに居ない今、私直々にキラにお仕置きしちゃおうかしら♪」
キラ  「い、いやフレイちょ、ちょっとその……落ち着き……ギャ――――――!?」

 
 

マリュ―「まったく……じゃあ次はレイ君かしら。レイ君?あら……レイ君出番よー?」

 

エル  「あ、あのどうすればレイナさんみたいに綺麗になれるんでしょうか!」
レイナ 「あらそんな……私がきれいだなんて……」
メイリン「なに言ってるのよ。充分きれいじゃない。いいなあ……同じ女として嫉妬しちゃう」
しん  「レイナおねいさんはいつ見ても美人だゾ〜♪」
シン  (あいつにとって女装が最大の芸か。特に正体を隠さなきゃならないとこなんかまさに『隠し芸』だ……)

 
 

マリュ―「いないのかしら?じゃあとばして次、シン君&しんちゃん組どうぞ〜」
シン  「よしいくぞ!」
しん  「ほ〜い」

 

マユ  「がんばれお兄ちゃん!」
コニ―ル「ま、無理はするなよ〜」
しん  「じゃあまずはオラがいくゾ! ケツだけ星人〜〜! ぶりぶり〜!ぶりぶり〜〜!」
シャニ 「……それ、いつもやってんじゃん」
風間君 「芸として凄いのはわかるけど……」
しん  「おお? じゃあケツだけ歩き〜〜!」
カガリ 「いや、それも」
しん  「む〜〜! 普段から芸を出し惜しみしないのが魚の目に出たゾ」
ひろし 「それを言うなら裏目、だろ?」
しん  「そうともいう〜」

 

シン  「くそーならば……! ここに取り出したる一枚の靴下!三日はきっぱなしな奴です!」
ムウ  「ぐ、ぐわ! すげえ臭い!」
ひろし 「あれは俺の……」
シン  「1発芸! こいつを鼻に押し付けて1分間耐えてみせますッ!」
アスラン「な、なんだと!? やめろシン!それは自殺行為だ!」
みさえ 「鼻だけじゃなく目もやられるわよ!」
むさえ 「下手すると嗅覚を失うたい!」
ひろし 「お、お前等俺の靴下をなんだと……」
アウル 「殺人兵器だろッ!」

 

シン  「シン・アスカ! い、い、い、いきまーす!」
みんな 「ア―――――――――!???」

 

 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・
 ・・・

 

 ――この日、シンは伝説となった――

 
 

 戻る