Top > SEED-クレしん_16-235_番外編
HTML convert time to 0.007 sec.


SEED-クレしん_16-235_番外編

Last-modified: 2009-05-23 (土) 13:24:11
 

 連休明けの週末……スーパーミネルバの屋上では、今まさにイノベイジャーとソレスタルブーイング、宿命の再戦が行なわれようとしていた。

 

アレハレ男爵(レイ)「今日こそ正義にトドメを刺してやるぜエ! 俺、参上!」
セッツナー(シン) 「まだまだ無駄にテンションが高いなあレイの奴……」
女帝スメラーギ(ルナ)「きっと劇場版の余韻がまだ残っているのよ」

 

イノベ緑(ヒリング) 「いよいよね……勝てるかしら私たち?」
イノベ青(リヴァイヴ)「大丈夫さ。あの闘いでつかんだ僕達の新必殺技があれば……!」
イノベ赤2(ブリング)「うむ。そうあれは数日前のこと……私たちは……」
ヒリング「あ、回想いきます?」
ブリング「五レスほどいきますが何か不都合でも?」
ヒリング「いえいえ。それでは回想どーぞ。ぽわぽわぽわ〜〜〜………」

 

 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・
 ・・・

 

 数日前……秩父の温泉旅館で、宴会の最中に紅龍の眠り薬で男どもがブっ倒れたあとの事……
 女性陣は思う存分温泉を楽しんでいた。

 

ヒリング「……」
ラクス 「な、なんですの? わたくしの胸をじーっと見て」
ヒリング「いいなあ……と思って。みんな胸が大きくて羨ましい……」
ラクス 「そうですか? わたくしなんか控え目な方だと思いますが…」
ヒリング「私なんかAカップですよ……ないも同然に比べたらまだマシじゃないですか……」

 

クリス 「いいじゃない別に。小さいのも可愛いじゃない」
マリュ―「そうよ。胸が大きいなんて肩こるだけなんだから」
ヒリング「そうですかあ……? 大きい人に言われてもなあ」
みさえ 「ヒリングちゃん同じ盆地胸同士、仲良くしましょ♪」
ヒリング「あ、少し気が楽になりました!」
ステラ 「うぇーい。水鉄砲だぴゅ〜」
ヒリング「あッ! この〜やったわねえ」

 

むに。

 

ステラ 「にゃ? おっぱいわし掴みされた〜」
ヒリング「どうすればこんなに大きくなるのよ! ここか? ここに秘密があるのね!」

 

むにむにむにむにむにむにむにむに

 

ステラ 「は、ははは! やめてくすぐったい〜〜」

 

ミーア 「あー平和ねえ〜」
アニュー「男の人の目を気にすることなく、女だけで混浴露天風呂ですものね」
タリア 「景色もいいし最高ね」
しん  「………今のオラ……とっても…………ふり〜だ〜む……♪」

 

   *   *   *

 

 だが。そんなほのぼの空間に予期せぬ脅威が迫りつつあった。みんなしてすっかり忘れかけてた………

 

チ○キ 「負債ッ参!上! この好機をまっていたわよほほほほほ!」
フ○ダ 「男キャラは全員睡眠状態で戦闘不能、MSなどの機動兵器はなし……女子供だけならさすがに楽勝だな」
チ○キ 「いけッバイトのアニメーターども! キラきゅん達をさくっと拉致ってくるのよ!」
戦闘員 「イーッ!」

 

ピピピ……ピピピピ……

 

ヒリング「あら……イノベフォンに着信が。もしもし?」
ステラ 「う〜ようやく胸もまれるのから解放された〜」
ヒリング「はい、はい……なんですって!分かりました今行きます!」
マリュー「あらもう上がるの?」
ヒリング「……どうやら敵がきたようです」
みさえ 「敵……?」

 

   *   *   *

 

チ○キ 「キラきゅんにシンたんはまだ見つからないの!」
フ○ダ 「ムウとバルトフェルドは確保したらしいぞ」
チ○キ 「おっさんなんかどうでもいいの! 若い男の子がいなくちゃ意味ないでしょ!」
??? 「そこまでだッ!」
チ○キ 「え?な、なに!?」

 

ドゴゴ――ン!

 

 いきなり4色の爆発が。これであわれな下っぱアニメーターが数人吹き飛ばされた。
 そして……旅館の屋根に人影が!

 

デヴァイン「イノベレッド!」
ブリング 「イノベレッド2!」
リヴァイヴ「イノベブルー!」
ヒリング 「イノベグリーン!」
リジェネ 「イノベバイオレット……はあ、なんで僕がこんな時間外労働を」
デヴァイン「脳に響くは正義の指令! 脳量子戦隊ッ!」
4人   「イノベイジャ―――ッ!」

 

ドゴゴゴゴ―――――ンッ!

 

 いつの間にこんな大量の火薬を地面に仕込んでいたのか。この大爆発でさらに大勢のアニメーターが犠牲になった。

 

チ○キ  「な、なによあれ!あち、あちちち!」
フ○ダ  「しばらく来ない間にこの世界にも変なのが増えたなあ」
ブリング 「善良(?)な市民を拉致ろうとする北○○の手先め! その悪行、天が許しても我々が許さん!」
フ○ダ  「どうする? バイトは全滅だぞ……」
チ○キ  「こうなったら奥の手を見せてあげるわよ! みて驚きなさい……!」

 

ゴゴゴゴゴ……!

 

ヒリング 「な、なに? この地響きは」
リヴァイヴ「見ろ! あれは……!」

 

 巨大な影がその姿を現した。
 黒いボディの巨人……

 

ラクス 「あの姿、見たことありますわ。たしか……そう、カンタムロボ!」
しん  「全然違うゾ! 体中まっ黒だし釣り目だし……」
チ○キ 「ほほほ!見たこの雄姿? これぞ名付けてブラックカンタム!
     クレしん世界のヒーローにやられる気分を味わいなさいな!」
しん  「こら〜! カンタムのまねっこはオラが許さないゾ〜〜!」

 

デヴァイン「拙いな……いくら我々でも機動兵器が相手では」
ヒリング 「ダメ元でもイノベイド・バズーカを撃ってみましょうよ! もしかしたら効くかもしれないし!」
リジェネ 「尻が完治してないから僕は嫌だ!」
リヴァイヴ「まいったな、どうすれば」

 

ティエリア「ひとつだけだが戦う方法はある」
ブリング 「ティエリア……? 聞こう。その方法とは?」
ティエリア「簡単なことだ。こちらもロボットに乗ればいい。ほら、お前達のMSをもってきた」
リヴァイヴ「僕たちのって……? あっ!これは僕のガデッサ!」
ヒリング 「私のガラッゾもあるわ!」
ティエリア「もちろんすべて修理済みで地球に優しいGN粒子で動く。これなら奴と戦えるだろう?」
デヴァイン「よし……みんな乗り込め!」
4人   「「「「おう!」」」」

 

 それぞれのMSに乗り込んだイノベイジャーが空に舞う。
 なにげにそれぞれ赤や緑を基調とするカラーリングを施されている所が芸が細かい。

 

チ○キ  「まさかMSをもっていたなんてね……でも」
リヴァイヴ「GNメガランチャーを喰らえ!」
ヒリング 「GNビームクローで引き裂いてあげるわ……!」

 

 イノベイジャーの一斉攻撃! しかし……

 

デヴァイン「なにッ! 効いていない……だと?」
チ○キ  「ほほほ! 無敵のブラックカンタムロボに、そんな蚊トンボの攻撃が効くと思って?」
ヒリング 「直撃したのに倒せない敵なんてはじめてだわ」
リヴァイヴ「これが噂に聞くスーパーロボットという奴か!」

 

 大苦戦のイノベイジャー。そしてその姿を複雑な気持ちで見る一つの影……

 

アニュー 「………みんな」
ティエリア「彼らが心配か?」
アニュー 「少しの間とはいえ……共に戦った仲間ですから」
ティエリア「そうか……だがこのままでは彼らは負けるだろうな」
アニュー 「そんな……!なんとかならないのですか!?」
ティエリア「勝てる手はある。だがそれにはアニュー・リターナー、君次第だ」
アニュー 「私の?……わかりました。ヒリングたちを助けられるのなら私何でもやります!」
ティエリア「いい覚悟だ。ならば……さあこれを」
アニュー 「なッ……!? テ、ティエリア……あ、あ、あなたって人はッ!」
ティエリア「ふふふ。恨むのなら君の生まれの不幸を恨むのだな! さあ 絶 望 したまえ」
アニュー 「い、い、い…………いやああああ〜〜〜〜〜〜〜!」

 

   *   *   *

 

リヴァイヴ「くッ……! こんなに攻撃を命中させても倒せないなんて……」
ブリング 「どうすればいい? どうすれば……」
チ○キ  「さあ潔くトドメを喰らいなさい! いくわよカンタムパーンチッ!」
デヴァイン「ここまでか……!」

 
 

???  「ま、ま、ま、待ちなさい!」
フ○ダ  「なにッ誰だ!?」

 
 

 声の方向を見るとそこには何故か桃色に塗られたガッデスが!……そしてその肩に桃色の服を着た新たなヒロインの姿!

 

アニュー 「え、えーと……の、脳量子に導かれ!仲間の危機を救いにか、華麗に参上! イノベピンクッ!
      ア、ア、アニ……匿名希望ッ!」
しん   「おお〜! お約束の新隊員だゾ!」
ラクス  「匿名希望ですって? 正体は誰なのかしら?」
ミーア  「気になりますね〜」

 

アニュー 「ああライルごめんなさいごめんなさい……!
      こんな恥ずかしい格好してポーズ決めてる私を許して〜〜!」
デヴァイン「決心してくれたかアニュー」
ヒリング 「こちら側の世界にようこそ♪慣れるとこれはこれで気持ちいいんだから〜」
アニュー 「い、いやああああああ! こんな恥ずかしいカッコに慣れたくない〜〜!」
チ○キ  「なにあれ? 頭抱えて悶えてるわ」
フ○ダ  「妙に悩ましげだな」

 

ティエリア『いつまでも恥ずかしがっているなアニュー。そろそろ反撃といくぞ』←脳量子波通信
ブリング 「反撃? しかしティエリア、あの敵にガッデス一機が加わったところで……」
ティエリア『こういう場合のお約束は決まっている……合 体 だ!
デヴァイン「合体!?」
ヒリング 「合体……♪」
リヴァイヴ「無理だろ」
ティエリア『僕を見くびるな。君達のMSをちゃーんと合体できるように改造してある……ヴェーダの力でだが』
リジェネ 「もはやなんでもアリだな」

 
 

デヴァイン「そういう事ならばやってみるか! ではいくぞみんな……脳量子合体!

 
 

 6体の機動兵器が、ムゲ○バインのごとく強引に合体してゆく。
 それはもはや理屈とか常識とか全部無視した……

 

フ○ダ  「どんな不可能をも可能にする、ご都合主義全開のクレ種00クォリティ……!」

 
 

デヴァイン「イノベイオ―! 天下変革

 
 

チ○キ  「そんなバカな!」
リヴァイヴ「スーパーロボットに対抗するにはこっちらもスーパーロボにってね!」
アニュー 「本当にドッキングできた……?」
しん   「おおおお〜〜〜! カッコいい〜〜〜〜!」
ネーナ  「お約束ってすごいわね……」
留美   「ふあ〜……私もう寝ますわ。終わったら教えてくださいな」

アニュー 「一気にいきます! GNブレイカー……」
デヴァイン「待てアニュー!それではダメだ。戦隊ロボにはそれに相応しい戦い方というものがある」
アニュー 「え? は、はあ……」
ヒリング 「全員でポーズ決めながら武器の名前を叫ぶの。いくわよ……呼吸を合わせて!」
ブリング 「イノベイ剣ッ!」

 

 ブリングの声と共に空中に巨大な剣が現われた。
 剣を取って構えるイノベイオー……やはり戦隊ロボの必殺武器といえば剣だ。

 

チ○キ  「くっ!な、なによこれ……体が動かない!」
フ○ダ  「ああ、これはもうダメだな。お約束にハマってしまったようだ」
チ○キ  「なによお約束って!」
フ○ダ  「戦隊のお約束……敵はヒーローロボの必殺技を避けることは許されない。
      必ずその身に受けること」
チ○キ  「そ、そんな!」

 

デヴァ 「イノベイ剣! 脳量子斬りッ!」
他5人 「「「「「脳量子斬りッ!」」」」」」

 

ズバッ! ドゴゴゴ――――ンッ!

 

 イノベイ剣の右袈裟斬りにブラックカンタムはあっさり爆散した。

 

チ○キ 「お、憶えてなさい―――!
     私たちはあんた達に負けたんじゃない!お約束に負けたんだからッ〜〜〜!」
フ○ダ 「やれやれ。今回も失敗か……とりあえず捕まえたムウとバルトフェルドは置いていこう」
チ○キ 「あ、こら! なに余計なことしてるのよ!」

 

 こうして負債の脅威は去った……朝日を浴びて雄雄しく立つイノベイオー。

 

   *   *   *

 

デヴァイン「勝ったな……正義の勝利だ」
ブリング 「ふ、こういうのもいいものだ」
ヒリング 「ねえ、これならアレハレ男爵にも勝てるんじゃない?」
リヴァイヴ「だな。じゃあこのままイノベイオーで春日部に飛んでいくか」
アニュー 「あの……私は降ろしてください。旅行の続きがあるので……」
ヒリング 「ねえアニュー。あなたこのまま私たちの仲間にならない?」
アニュー 「……恥ずかしくて死にそうだからやです」
デヴァ  「そうか。ならさらばだ。今度我々の事務所にでも遊びにきてくれ」
アニュー 「そのうち気が向いたら……はあ〜ライルが今の私見たらどう思うかしら……
      もう二度としたくないわよこんなの〜」

 

 こうしてイノベイジャーは新たな力を手に入れて秩父を後にしたのであった。
 そして現在に至り……

 

 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・
 ・・・

 

デヴァイン「合体!イノベイオー! 天下変革!」
レイ   「お、おいおいおいおい! デカすぎんだろーが!」
ブリング 「イノベパンチッ!」
レイ   「ぶふッ!?」
シン   「あ。レイが押し潰された」
ルナ   「だ、大丈夫なの?」
レイ   「……きゅう」
シン   「うん、さすがギャグキャラ。壁にめり込んで気絶しているだけだ」

 

ヒリング 「これにて一件落着〜♪」
マサオ君 「うわあ……いや、これはさすがに卑怯すぎる気がするんだけど……」
風間君  「カッコいい……♪」

 
 

 ますます好調、春日部のローカル戦隊イノベイジャー。
 新たなご当地ヒーローとして、着実にちびっこの人気を獲得していくのであった。

 
 

 戻る