Top > SEED-クレしん_16-235_04
HTML convert time to 0.004 sec.


SEED-クレしん_16-235_04

Last-modified: 2009-05-06 (水) 14:03:21
 

「いまだ! GNファイナル・イノベイド・バズーカ……」
「まってたぜ! そいつは俺が貰ったァ!」

 

ブスッ!

 

「あふんッ!?」
「ああッ! バズーカになったバイオレットのケツに、アレハレ男爵の剣の切先が刺さった!?
「な、なんで僕ばかりこんな目に……うわあああああっ!?」
「いくぜいくぜいくぜぇぇぇっ! 俺の必殺技! イノベイジャーバージョンッッッ!

 

ドゴゴ〜〜〜ン!

 

「うわあああ〜〜〜〜!」
「他愛もない! イノベイジャーよ、次のショーでトドメを刺してやろう! 次が貴様達の最後だぜッ」
「く、くそう…………ガクッ」

 

 《最近妙にテンションが高いアレハレ男爵(中身はレイ)の猛攻に、大ピンチのイノベイジャー!
  果たして奇跡の巻き返しはあるのか?
  いよいよ次回、イノベイジャーの新必殺技が悪のソレスタルブーイングに炸裂する! この大逆転を見逃すな!
  スーパーミネルバで僕たちと握手!》

 

 (注:前売り指定券の予約はお早めにお申し込みください)

 

 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・
 ・・・

 

ブリング 「……とまあこういうピンチな状況で、秩父山中に特訓に来てみたが」
デヴァイン「うーむ、一向に新必殺技が思い浮かばん」
リヴァイヴ「なにがいけないんだろうなあ……こんなに一生懸命特訓しているのに」
リジェネ 「特訓って……カッコいい決めポーズとか決めセリフの練習ばかりじゃないか……」

 

ヒリング 「それにしても、汗まみれでもう嫌になっちゃうわ。今日はそろそろやめにしてお風呂行かない?」
リジェネ 「ああそれ賛成……温泉に浸かって尻の負傷を早く直したい……」
リヴァイヴ「君は実体ないんだろ? 傷もなにも」
リジェネ 「こういうのは気持ちの問題なんだよ! ぼ、僕に刻まれた心の傷は深いんだ……」

 

   ※   ※   ※

 

 そして、イノベイターは特訓の間逗留している旅館に戻ってきた……
 言うまでもなく、春日部からの御一行が泊まってるあの温泉旅館である。

 

デヴァイン「……なんか賑やかだな」
リジェネ 「団体客でも来たんでしょ……それより早く温泉に」

 

ティエリア「ん……? お前達は」

 

ヒリング 「あら、ティエリアじゃない。あなたの事はリジェネから聞いてるわよ」
ブリング 「……なぜここにいる?」
ティエリア「なぜって町内会の旅行で……はッ!? まずい!隠れろリジェネ」
リジェネ 「え……うわッ!? む、無理矢理携帯の画面にお、押し込むな………ぶッ!?」

 

 なぜか焦ったティエリアによって、リジェネは電脳空間に押し込まれてしまった……

 

リヴァイヴ「うわ、シュールな光景だなあ。でも、なぜリジェネを?」
ティエリア「今は聞かないでくれ……来た!」

 

しんのすけ「おっかえりィ〜〜♪」
ネーナ  「それをいうならたっだいま〜〜でしょ?」
留美   「花や緑を観賞するだけでも妙に心が癒されるものね……て、あら?」
ティエリア「や、やあ。おかえり」
留美   「ティエリア……はいいとして、そこにいるのはたしか『アロウズ』のイノベイター……
      あなた達もこっちに来てたの?」
ブリング 「王留美とネーナ・トリニティ!?」
デヴァイン「……まあ不思議ではないか。ここで会うのも」
リヴァイヴ「だね」
ネーナ  「へーこれはまた見事に呉越同舟ね〜。ここまでくるともう驚く気にもなれないわ」

 

しん   「……」
ヒリング 「な、なに?」
しん   「………なんだ男か」
ヒリング 「わ、た、し、は女ですゥ!」
しん   「おお〜〜〜! オラ、一目見て美人なおねいさんだと思っていたゾ!」
ヒリング 「なんなのこの子……」

 

 妙に和気藹々な空気の中、ティエリアの頭にリジェネから脳量子通信が。

 

リジェネ 『……で。なんで僕を急に隠したんだ?』
ティエリア『王留美がいるからだ。彼女はパーティー会場での僕の女装と君の存在を知っている。
      下手すると前やった女装がバレる』
リジェネ 『ええ? じ、じゃあ僕はどうすれば……温泉に入りたいんだけど……』
ティエリア『しばらくそこに隠れて、みんながいない隙にこそこそ入ってくれ。
      もしくはイノベバイオレットのマスク被っておくか?』
リジェネ 『……』

 

 ヒーローになっても、温泉に来ても、リジェネの受難は相変わらずのようであった……

 
 

  戻る