Top > SEED-クレしん_16-705_01
HTML convert time to 0.003 sec.


SEED-クレしん_16-705_01

Last-modified: 2009-10-08 (木) 22:17:15
 

嵐を呼ぶ!クレ種オー大運動会!だゾ
【その1】

 
 

ぽん……ぽんぽん……!

 

 久々に秋晴れの日曜日。ここふたば幼稚園ではクレ種オーキャラ合同運動会が行われようとしていた。

 

シン  「宣誓! 僕たち私たちはクレしん精神に則り、正々堂々マタ―リ戦うことをここに誓います!
     選手宣誓、シン・アスカ!」

 

メイリン「えーシンによる選手宣誓も終わり、いよいよかすかべ大運動会、競技スタートです!
     なお実況はわたしメイリン・ホークと」
ギル  「大会実行委員長のギルバート・デュランダルでお送りする」
メイリン「さて議長? 今年は新たに00キャラも加わったということなんですが〜?」
ギル  「ちなみに赤組はザフト・地球連合白組はオーブ・00キャラの振り分けになっている」
メイリン「しんちゃんと春日部の皆さんは?」
ギル  「戦力が均等になるようにそれぞれの組に分配してあるさ」
メイリン「さあ!勝敗はどう転ぶかわからない2009秋の大かすかべ運動会!最初の競技は……?」

 

 

第一種目 リレー

 

アウル 「うッしゃア! 赤組一番手はこの俺だな! ぶっちぎってやるぜ!!!」
リヒティ「うーん。走るのはあまり得意じゃないんだけどなあ」
園長先生「それでは位置についてーよ〜い…………」

 

パーン!

 

アウル 「はァッ!」
アスラン「お、速いなアウルの奴」
風間君 「どんどんリヒティさんを引き離していきますね! がんばれ〜〜!」

 

アウル 「次ッ!まかせたぜェ!」
しん  「ほーい」
アウル 「げえ!?次のランナーはお前かよ!?」
アスラン「……しんのすけはあまり足速くないな」
風間君 「そ、そりゃあ幼稚園児ですし……ちょこまか動くのならともかく直線的なかけっこは……
     あ、ロックオンさんに抜かれた」

 

 赤組は3番手オルガ、4番手スティングが猛追するが、しんのすけで離された差はなかなか縮まらない。
 そして勝敗の行方は最終ランナーにすべてが託された!

 

マサオ君「てやああ〜〜〜!」
留美  「白組のアンカーはマサオくん?
     なるほど、一番足が遅いのを最後にとっておき前半でリードを広げて逃げ切りを狙う作戦ね」
ネーナ 「一方赤組のラストランナーは……?」
スティ 「ぜえ、ぜえ……あ、あとは頼む……!て、あんた誰よ」
タリア 「んちゃ♪」

 

メイリン「…………ア○レちゃん?」
ギル  「そう!あれぞタリア48の宴会芸のひとつ……『酔うと他のキャラになってしまう』だ!」
メイリン「ええー!じゃあ艦長はいま酔っぱらってるんですか!?そんな不謹慎な……」
ギル  「キャラがキシリ○・ザビになってないだけ幸運だと思いたまえ。ほら……走りだすぞ」

 

タリア 「キ――――ン!」
メイリン「うわあ! 早い、はやーい!
     周回遅れのはずなのに、あっというまにマサオ君を追い抜いて…………いまゴ〜〜〜ル!」
マサオ君「つ、つおい〜〜〜!」
メイリン「ま、まあ色々問題ありそうな気はしますが、そこはさくっと目を瞑って……
     とりあえずリレーは赤組の勝利に決まりました!」
ギル  「面白くなってきたねえ。では次なる種目は?」

 

 

第二種目 綱引き

 

アスラン「赤組の指揮は先頭の俺が執る! みんな頑張れよ!」
しん  「ほーい」
キラ  「アスラン!カガリはいま泣いてるんだ! それなのに君は僕らの敵に回るというのか!」
カガリ 「いや別に泣いてないが」
シン  「出た。キラさんお得意のささやき戦術だ」
レイ  「動揺したところにすかさず付け込んでくるからタチが悪い」 ←犠牲者

 

よしなが「みなさん準備はいいですかー?それでは〜〜〜はじめ!」

 

アスラン「オーエス!」
キラ  「オーエス!」
メイリン「双方一歩も譲らない攻防戦!均衡を破るのはどちらでしょう!」
ギル  「どちらかおいうと白組がわずかに優勢だね」

 

アスラン「(ぐぐ……ま、まずいこのままでは!)…………許せキラ」
キラ  「え?」
アスラン「太 ○ 拳!」

 

カッ!

 

キラ  「うわッ!?」
二ール 「な、なんだこれは!」
ネーナ 「きゃあ!まぶし……」
アスラン「今だみんなァァァ!」
シン  「お、オーエス!オーエス!」

 

ぱん!

 

メイリン「いまタイムアップの銃声が鳴りました! 文句無し!赤組の圧倒的勝利です!」
ギル  「アスランの機転が見事だったね。さすがはFAITHだ」

 

キラ  「そ、そんな……アスラァァァン!
アスラン(すまんキラ。俺は負けるわけにはいかないんだ……負けるわけには!)

 

シン  「……なにこの変な空気?」
しん  「なんかひと波乱ありそうですなあ〜」

 

 ……その様子を影から見ていたピンクの影。
 白組総大将ラクス・クラインは綱引きの様子を見て、決意を固めた。

 

ラクス 「そうですか…… つまり、これは戦争なのですねアスラン? ふふふ……
     ならばこちら(白組)も手段を選ばないだけですわ……」

 
 

 秋のほのぼの運動会がいつのまにか陰謀渦巻く戦いの場と化す?
 果たして勝利は誰の手に!

 
 

(つづくゾ)

 
 

 戻る