Top > SEED-IF_笑う仮面の英雄氏_第03話
HTML convert time to 0.006 sec.


SEED-IF_笑う仮面の英雄氏_第03話

Last-modified: 2009-10-13 (火) 10:33:19

 PHASE-03「カッとして殺った。 相手は誰でも良かった。 反省する気は無いが後悔している」

 

 クルーゼはご立腹であった。
 プラントに帰還後、やれ講演会だ、やれTV出演だ、やれ握手会だと、ゆっくり悪巧みする暇も無い。
 その上、表を歩くと人が寄ってきて、サインだ握手だ花束だ抱いてだと黒山の人だかり。
 イライラしたので、その辺にいた車椅子のバーさんを蹴倒してやった、これで世間の持ち上げも地に落ちるだろうと思わずニヤけるクルーゼ。
 蹴倒して吹っ飛び倒れた車椅子からバーさんが転げ出す、だがそれと同じく爆弾や武器も散乱した。

 

「よくも見破ったね、英雄クルーゼ! お前を殺す! 蒼っぽい清浄風な世界の為に!!」

 

 ナイフを振りかざし、立ち上がって襲い来るバーさん。 だが奇襲じゃなければバーさんなどまさに一蹴!
 逮捕後調べるとブルコスの名うてのテロリストであったそうだ。 バーさんだったので今までバレなかったらしい。
 プラント警察も見破れなかったテロを未然に防いだと、更に上がる名声、それ以上に上がるのはクルーゼのストレス。
 そこで警察所から出た途端、ヤケになってその辺にいた奴らを、アメリカの大学バリに銃撃してみた。
 目撃者も周囲にいっぱい、これで私も犯罪者……と笑ってみたものの

 

「よくも見破ったな、英雄クルーゼ! お前を殺す! 蒼っぽい清浄(ry……ぐふっ」

 

 と叫びながら気を失った被害者を調べるとまたもや武器や爆弾が。 こいつらもブルコスのテロ要員だった。
 違うと言ってももはや周囲はクルーゼの鋭い洞察力がプラントを救ったと勝手に盛り上がる始末。
 こうなったら情けない軽犯罪で捕まって名声を地に落そうと、大通りでロングスカートの女性のスカートをめくってみた。
 しゃがんでスカートの端を左右両方掴み、そのまま立ち上がってばんざーい、とすれば、大胆なスカート捲り以外には見られまい!
 見損なったとか下品だとかこんな人だったなんてとか幻滅したとか言われながら、警察に突き出されるの姿を笑顔で夢見るクルーゼ。
 なんか精神的にそこまで追い詰められています。 助けてアンパンマン!!
 そして見えたのは、白いパンツと、ふともものベルトに取り付けられた、銃と爆弾。

 

「よくも見破ったね、英雄クルーゼ! お前を殺(ry」

 

 またしてもブルコスのテロリストを逮捕したクルーゼ。 なんか名探偵か殺人課の警部かと、さらに轟く名声。
 こうなったらなんとしてもイメージを崩すことをしなければと、今度は女子大生が貸し切って入浴中の銭湯を覗きに突撃隣の晩御飯。
 そこには魅惑の裸体パラダイス、ではなく戦闘服に身を包んだ男女が武器や爆弾を持って相談中。

 

「よくぞ見破ったな、英雄クルー(ry」

 

 死にたく無いので死ぬ気でダイハードして全員倒し、調べると連合ブルコス派のスパイでのテロ準備中だったらしい。
 大規模テロを未然に防いだ英雄と怒号の人気ップリ。 気絶して運ばれたファンは100人にも上ります!
 さらにこの一連のクルーゼのスパイ狩りにより連合はスパイ網を壊滅され、情報収集が後手にまわり色々な弊害が出るのであるが、それはまだ先の話。
 そして先のヘリオポリスからのMS奪取、ブレイクザワールド阻止、アルテミス陥落、第八艦隊壊滅の勲章授与式。
 勲章をつけようとするザラ議長のオデコがムカついたので勲章を持つ手に蹴りを入れてやった。

 

「何をするクルーゼ!」

 

 こんな屈辱あじわされたことが無いと顔を真っ赤にする議長と、乱心か!?と飛び出してくるSPや警備兵。
 これで厳罰決定、英雄として祭られるのこれで 糸冬 了 。 と思った瞬間、蹴り飛ばして会場の隅に転がった勲章が爆発!

 

「何てことだ……助けてくれたんだな、クルーゼ君! 君は英雄だ!!」

 

 議長暗殺を未遂に防いだとプラント民の好感度はもうMAX! 下校時に一緒に帰っても恥ずかしくありません!!

 
 

「首都だって言うのにブルコス派だの連合のスパイだのに進入され杉!」

 

 こうして冒頭のご立腹に繋がるのだ。 悪いことをしようとしたのに全て裏目に出る始末。

 

「まぁまぁ英雄クルーゼ、いいではないか。 飲みたまえ」
「やかましいギル、お前、俺がそんなつもりもないのに結果的に英雄的行為になったって知ってて周囲を煽ってたろ。 さっさと注げ」

 

 ここはクルーゼのお部屋、クルーゼとギルバート・デュランダルは酒を酌み交わしてた。
 2人はラウ・ギルと呼び合う仲、デュランダルはクルーゼの本性を知る数少ない友人かつ遺伝子学者で、彼のテロメアがオリジナルより短いと指摘した人物でもある。
 現在は政治に足を踏み入れ、自らの野望を実現しようと着々と企んでいる最中である野心家でもあるが、軍事的才能が無いのが玉に傷。
 以前も
『陸海空宙専用機と、パーツ交換で万能になるMSを、どんな場所にもいける万能艦で運用したら最強じゃね?』
 と発言し、すかさず
『でもそれって万能機と専用機以外、適応する地形以外じゃゴミじゃね?w』『毎回対応地形外の専用機3機は空気ですか?ww プゲラwww』
 と笑われた、ある意味有名な軍事素人と名が知れ渡ったのだ。
 ちなみにデュランダルもクルーゼが人類滅亡を企んでいるのは知っている、だが腹に一物を持つ男、それぐらい野望に利用できるかもしれない、とほって置いている。
 クルーゼも彼を野望の為に利用しようと考えているので、お互い様だといえないこともない。

 

「ほらほら見てごらんよ、ネットじゃ君は『クルーゼタン』扱いだよ、人気者だネェ。
 『英雄クルーゼタンをワショーイするスレ』『クルーゼタン (*´Д`*)ハァハァ』『クルーゼタンの栄光の軌跡を討論する』等のスレが乱立だ。
 お、これは凄いぞ、『クルーゼタンの仮面の下は美少女だと妄想する奴のスレ』なんてあるwww」
「男だろ! 常考!!」

 

 苛立ちげに自室の壁に貼ってあった世界地図にペンを投げる。 壁に世界地図ってどこの厨房よ、と思わない訳ではないが。
 刺さった場所はどうやらオーブ。 自称平和の国、しかしコロニーで連合とMSを作っていた国。

 

「そうだ、オーブを攻めよう……」

 

 と、まるで京都に旅行に行くような気軽さで急速に悪巧みの手段や方法を練り上げるクルーゼ。

 

「お、その顔は何か悪いことを思い付いた顔だね、マスクでほとんど見えないけど」

 

 デュランダルは無視して、いいことを思いついたと立ち上がるクルーゼ。 さっそく議長に話をしに行く。
 ザフトは『オペレーション・ウロボロス』を補完する作戦として『オペレーション・スピットブレイク』を計画、彼はその相談もあって帰還してたのだ。

 

「ザラ議長、『オペレーション・スピットブレイク』前にオーブを攻めましょう」
「何を言うクルーゼ、『オペレーション・スピットブレイク』には地上のザフトを総動員する、そんな余分な戦力は……」
「奴らは中立を盾に連合へMS開発を協力していたのです、見過ごす訳には参りません!」
「オーブの背徳は判ったが、それだけでは国民は納得しないぞ」
「私に考えがあります。 『スピットブレイク』に使う一部の戦力を抽出してでも是非この作戦を指揮させていただきたい!」
「きっ、君がそこまで言うのであれば…… (//

 

 頬を赤らめるなおっさん。
 そんな訳でオーブ攻略を指揮することとなった、そーいや遺作と痔悪化も地球に落っこちたままだし。
 さっさと作戦開始。 ニコルのブリッツが事前に重要設備を破壊、ザフト地上基地から抽出された部隊は、オーブに電撃的に上陸。

 

「有無を言わせず敵は破壊、軍事施設のみならず生活施設も破壊だ! 降伏は認めるな! 民間人とて皆殺しにしろ!」

 

 通常兵器はMSに勝てない。 ギクシャクとした動きの紙装甲MSも現れるが、死霊の盆踊り以下の運動性。 動きの悪い紙装甲MSって棺桶以下だよね。
 アスランも先頭に立ってイージスで『平和の国と偽り、連合に組したオーブを、クルーゼ隊長率いる正義のプラントは許さない!』と大活躍だ。
 無人島で女と一晩過ごす経験なんか無いしね、アレは連合特装艦タクシーを拾えず、まだ砂漠でうろちょろしてます。
 そう、アークエンジェルはアラスカなのでオーブのナチュラルOSは実用に至らず、アストレイ三人娘も最終回を前に全滅だ。
 命令通り破壊と殺戮に燃え上がるオーブを妄想してにやけるクルーゼ、全MSの左肩を赤く塗ればよかったか? などと考える始末。
 しかしそう上手くはいかない物で、兵士の間では『英雄クルーゼ隊長の部下として、隊長を辱める行為はしてはならない』という考えが浸透していたらしい。
敵も民間人も皆殺し”というクルーゼの命令は“敵戦力を残すな”“そういう気合で戦え”“民間人と思っても武器を持つ敵はいる”と各自脳内変換された。
 実際『オーブの理念を守る!』と武装した民間人は山程いて、あらゆる場所から攻撃してきたが、事前に言い含められていたので被害は出なかった。
 っていうかお前ら、理念じゃなくて自分の身を守れ。
 不殺の精神で戦力を奪っただけに止まり、驚く程 ――クルーゼは本当に驚いた―― 死者は少ない、三人娘も生きてます。

 

「えぇい、私も出る!!」

 

 地上の専用機である銀色のディンで出撃するクルーゼ。 血が足りない、無関係な中立国を血祭りに上げることでこの無駄な名声を地に落す。
 今の彼にはこのことしか頭になかった、部下がしないなら自分で民間人を虐殺する! この手で!!
 ちょうど山間を逃げる家族(アスカさん一家の4人家族)を発見、SATUGAIせよ!
 だが先に出没したよたよた歩きの紙装甲MSが家族を遮り、何かを叫んでいた。

 

『貴様ら、逃げる気か! オーブの理念を守れ! 守る為に戦え!』
「何を言う、私達民間人に何ができるっていうんだ」
『なんだと……狼は生きろ、豚は死ね! 敗北主義者は皆殺しだ! “私は敗北主義者”の看板をつけて木にぶら下げてやる!』
「あ〜〜〜〜〜うぇぜ」

 

 上空を飛行するクルーゼのディンにも気がつかず、目の前の一家に詰め寄るMSを冷めた目で打ち抜き、倒れて爆散するMSをバックに一家を見下ろす。
 だがその銃口は一家に向く事無く、彼は飛び立った。

 

「興醒めだ……なんかもうどうでもいい、帰って寝る」

 

 自分の人類抹殺計画は心の棚に上げ、雑魚MSの狂いっプリに、彼の追い詰められた殺戮願望はすっかり興醒めして殺る気を失ったのだ。

 

 この時のことを、後にプラントに移住してザフト入りしたアスカ一家の長男シン君は、入隊の時のインタビューでこう述べている。
『あの時、狂ったオーブのMSを、疾風のように現れて倒した銀色のMSを僕は忘れられません、それはまさしく舞い降りる正義の剣のようでした。
 後でザフトの人に聞くと“それは我らが英雄、クルーゼ隊長のMSだ”と教えてくれました。 きっと弱者が虐げられてないか、自分で確認していたのでしょう。
 おかげで僕ら一家は助かりました。 そんなクルーゼさんに憧れて僕はザフトに入隊します。 一人前になってクルーゼさんの役に立てるようになりたいです』

 

 こうしてオーブは、ザフトの英雄クルーゼがあっと言う間に占領した。 戦闘は実質1日で全て決着が付いた。
 その作戦があまりに素早く、準備を与える暇もなかったので、全ての軍事設備やマスドライバー、モルゲンレーテの設備もそのまま占領。
 オーブの上層部も、逃げることも、隠れることも、自爆することすらできずに全員逮捕されたのだ。
 ところが困ったのは各種ジャーナリスト達。 彼らは今大人気のクルーゼが何故このような行動に出たのかを、色々推察して人々を煽る報道をしていたのだ。
 実はオーブはこんな悪いことをしていて、それを英雄クルーゼが何とかしました。 じゃないと収まりが付かない。
 特に理由が無い、では済まされないし記事にもならないし売り上げが上がらないのだ。 彼らは必死で一般受けするネタを探し、オーブ中を飛び回った。
 そうしてクルーゼのMSのガンカメラの映像、一家を襲うオーブのMSとその会話の映像を入手した。
 また、兵士達の『民間人が武器を持っていた』証言や、国営企業モルゲンレーテが武器を国外に売っていたり、それが連合MSコンベに割込んだこと。
 これらから望みの記事を(足りない事実は想像で)作った、いわゆるでっち上げである。 その結果
『英雄クルーゼ、ファシズム思想に染められていたオーブを解放!』『戦争の影にオーブのモルゲンレーテあり!』『世界を混乱に導いた悪の枢軸国を成敗!』
 という記事がTVや新聞を踊り、悪評を背負っても、間違った道を進みかけていた国を見捨てて置けなかったクルーゼが、オーブを開放した。
 正義の使者クルーゼは世界平和の為に心を鬼にしてオーブを討ったのだと、なんだか世間ではそういうことで落ち着いてしまったのだ。
 これらは捏造と誤解と色眼鏡の結果であるので、オーブ首脳陣は政治の面からは下がらざるを得なかったが、特に罰せられなかった。
 確かにオーブの理念で平和が保たれていると頑なに信じる狂信者もいた、占領されて冷静さを取り戻さなければ、悲劇はもっと大きくなっていたかもしれない。
 またモルゲンレーテが世界中に武器を輸出してたのは事実、これはマスコミがその後も調査を進め、最終的には“ロゴス”に辿りつくのである。
 こうして彼らの軍事で利潤確保する体勢を、民衆の力で流血する事無く崩すに至るのであるが、それはまた別の話である。
 数日後オーブの占領統治をする名目でデュランダルが、執政官として新たに選ばれ到着。
 彼の先導でオーブはデモクラシーを推し進め、首長国から民主主義国家へと、新たな平和主義国家を築いていくのであるが、それもまた別の話である。

 

 オーブ占領がひと段落ついた数日後、海岸沿いの丘にクルーゼは立っていた。
 呆けるように水平線を見つめ、何故こうなってしまったのかと考えるが、いくら考えても結論は出ない。
 中立国虐殺計画の筈がまたしても、彼が正義の味方の様な評価を上げる結果となってしまったのだ。
 行方をくらました彼を心配になって探しに来た人々は、夕日をバックに哀愁漂う背中を見て声を掛けられなかった。

 

「クルーゼ隊ty……」
「待ちたまえ君達。 今はそっとしておいて上げたまえ」
「デュランダル執政官!?」
「彼は正義をなし人々を救う為にオーブ攻略を行った。 だがそれが例え正義の行いだったとしても、少ないとはいえ犠牲者は出た。
 今彼はそんな人々に懺悔し、自分の力の至らなさを悔やみ、世界平和の誓いを新たにしているのだよ」
「そうだったのか……」
「隊長、そんな大きな罪を一人で背負うだなんて……」
「グゥレイト、なんて器のデカイ漢なんだ……」

 

 その場にいた多くの人々に語るデュランダル執政官、彼の見事な演説でだれしもが大納得、英雄クルーゼのそんな姿に涙する者も現れる始末。
 フリーのジャーナリストであるジェス・リブルは、沈み行く夕日とクルーゼの背中を撮影。
 その写真はクルーゼの正義を行う行動と、その為にも犠牲者は出るという苦悩を見事に捕らえたとして、ピュリツァー賞っポイ物を受賞。
 英雄クルーゼの栄光と苦悩、そして平和への誓いを象徴する情景として、世界中に広まったのである。
 その後この場には、オーブを開放した“救国の英雄クルーゼ”像が建ち、そこは英雄の丘と呼ばれるようになって年中顕花が絶えないという。
 周囲を取り囲む人々に気がつきもせず、クルーゼは考え続けていた、いつまでも、いつまでも。

 

「……あれ〜〜〜〜〜〜ぇ!?」

 
 
 

】【】【

 
 
 

【あとがき】
344 笑う仮面の英雄 sage 2008/03/06(木) 14:20:44 ID:???
 投下が無いので再び投下。
 前回反響がよかったので調子に乗って長文を書いた、いい気になってるこの俺に、プロ読者として天誅を与えてくれ。
 立派な職人さんの投下の隙間を埋める、隙間職人として生きて行こうと思う、まぁこの調子なら後何回かで終わるけど。

 
 

【レス】
345 通常の名無しさんの3倍 sage 2008/03/06(木) 14:46:13 ID:???
Gj!
マジでプラントの諜報部は何やっってんだwww

 

346 通常の名無しさんの3倍 sage 2008/03/06(木) 15:07:10 ID:???

なんというクルーゼの狂運。
このクルーゼじゃ、戦争の最後にアズラエルと仲良く握手してそうだ。

 

347 通常の名無しさんの3倍 sage 2008/03/06(木) 15:13:14 ID:???
GJ!
というかアズラエルも加わってパトリックとの三角関係になったりしてそうw

 

348 通常の名無しさんの3倍 sage 2008/03/06(木) 15:56:11 ID:???
素敵!抱いて!

 

349 通常の名無しさんの3倍 sage 2008/03/06(木) 17:07:52 ID:???
GJ!クルーゼまだチャンスはあるさジェネシスもあるし

 

350 通常の名無しさんの3倍 sage 2008/03/06(木) 17:30:19 ID:???
ハチが入ってたのね思い出したw

 

351 通常の名無しさんの3倍 sage New! 2008/03/06(木) 18:42:35 ID:???
激しくワロタwwww

 

352 通常の名無しさんの3倍 sage New! 2008/03/06(木) 19:43:03 ID:???
このクルーゼなら間違いなくC.E.に平和をもたらしてくれるwww
ギルちょっとは自重しないと運命計画に誰も賛同してくれなくなるぞwww
てか何気にオーブがザクレロ風

 

353 通常の名無しさんの3倍 sage New! 2008/03/06(木) 20:58:18 ID:???
GJ!
笑いすぎて腹いてえぇwwwww
さりげに煽るギルもバロスwwww
次回作も期待していますw

 

354 通常の名無しさんの3倍 sage New! 2008/03/06(木) 21:54:36 ID:???
そうだオーブ討とうwww
クルーゼタン、ワショーイ!

 

355 通常の名無しさんの3倍 sage New! 2008/03/06(木) 22:25:47 ID:???
ギル自重しろwwwwwwwwww

 

356 通常の名無しさんの3倍 sage New! 2008/03/06(木) 23:23:06 ID:???
このクルーゼは肉色のMSにのったいい男並みに世界を平和にしてくれるw

 

357 通常の名無しさんの3倍 sage New! 2008/03/07(金) 00:37:05 ID:???
ちょw吸血部隊自重w
あと、正規のレッドショルダーは左じゃなくて、右肩だ。

 

358 通常の名無しさんの3倍 sage New! 2008/03/07(金) 07:13:24 ID:???
>357
キリコ乙