Top > Seed-Crayon_10-235
HTML convert time to 0.003 sec.


Seed-Crayon_10-235

Last-modified: 2008-09-02 (火) 21:20:22

レイの夢(悪夢編)

 〜スーパーミネルバで店員がリストラされるということで誰がリストラされるかを揉める店員達 〜

しん 「まぁ問題はタリアおねいさんが誰を残すかってことだよね。」
レイ 「ちょ、ちょっと待て問題はもうそこなのか!?」
しん 「そうじゃない、やっぱり役に立つ人が残るのかなぁ〜。」
アスラン「つまり使えるものが残ると言うことか、 ま、一番ダメなのがもう決まってるけどな!」

 レイを見る一同

レイ 「ん、何故お前達俺を見ているんだ?」
シン 「(シャボン玉を吹きかける)んふふ・・ごくろうさま。」
レイ 「ねぎらってんじゃねぇ、この野郎!!出て行くならお前が先だ!!」
シン 「だって俺もう既に食料品売り場担当だし〜」
アスラン 「残念ながらな。ま、シンはルナというストッパーがいれば
とりあえず何とかなるし。レイ、別れるのは辛いが使えない兵士は隠居ということで。」
レイ 「使えないのはお前だ、こいつ!!
てめぇは機械の修理以外に何かの役に立ったことがあるのか!?」
アスラン「見えないとこでな。」
レイ 「見えなきゃ意味ないんだよ!!おいメイリン、お前のアナウンスがうるさいから店長が怒るんだろうが!出てけオラァ!!
メイリン「私はお姉ちゃんやシンが春日部に来て、平和ボケしてドジを踏まないように見守る義務があるの。」
アスラン「でも出てくの自立させるってことかもしれないぞ。」
レイ 「そうだ、出てけ!」

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

その次の日
婦人服売り場
レイ 「いらっしゃいませ、何か買うのか!?いらっしゃいませ!!
みさえ「何、どうしちゃったのよ?レイ君・・。」
タリア「何やっているの、お客を怖がらせてどうするのよ!?」

レイ 「なんだか店長や副店長の目が俺に冷たい・・。」
しん 「ていうか、愛想尽かされちゃったんじゃないの?」
レイ 「しんちゃん、なんだか今日は凄くきつくないか・・・?」
シン 「リストラ〜!
レイ 「この小僧・・!!」
しん 「リストラぁ!!
レイ 「待てぇ、この小僧!!」

ゴッ!(振り上げた右手がギルに命中)

レイ 「あ・・!?」
ギル 「レイ、リストラ・・!

レイ 「う・・、う・・、うわぁぁぁぁぁ!!!!」(両手で顔の横を押さえて絶叫)

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
レイ 「はっ!夢か・・。」

【戻る】