Top > Seed-Crayon_3-325_1
HTML convert time to 0.002 sec.


Seed-Crayon_3-325_1

Last-modified: 2008-07-17 (木) 19:25:57

幼い頃の正義の味方

 

 ある日、しんのすけとクルーゼは公園で出会う

 

しんのすけ「おお!おじさん正義の味方?」
クルーゼ 「私がかい…??どうしてそう思うんだい?」
しんのすけ「だってアクション仮面は仮面つけてるぞ。
      おじさんも仮面つけてるから正義の味方じゃないの?」
クルーゼ 「そうか…君は『正義の味方』になりたいのかい?」
しんのすけ「なりたいぞ!父ちゃんも子供の頃なりたいって言ってたぞぉ」
クルーゼ 「それでも、君のお父さんはなれなかったんじゃないのかい?」
しんのすけ「そんなことないぞ!父ちゃんは正義の味方サラリーマンだゾ。
      いつもオラ達を守ってくれてるんだぞぉ〜。おじさんはなりたくなかったの?」
クルーゼ 「私かい…?私は…」

 

みさえ  「しんちゃーん、ご飯よ〜。」
しんのすけ「ほっほーい。仮面のおじさん、さらばだぞ」

 
 

 数日後、『アクション仮面』の放送が始まる

 
 

アクション仮面『ぐああ、なんて強さなんだ。怪人プクダプサイめ!』
プクダ    『しーっどっどっどっど!死ね、アクション仮面!』
???    『待てぇえい!』
プクダ    『な、何者だ!?』
???    『悪の道に走り、地獄の底からやってきた正義の…いや!
        子供の味方、クルーゼ仮面だ!!』
プクダ    『悪の道に走ったやつが、何故正義の味方など!』
クルーゼ仮面 『教えてもらったのさ。子供の頃の夢をな。その子供達の未来のために、私は戦う!』
アクション仮面『よし、クルーゼ仮面。共にこの世界の!子供のために戦おう!アクションビーム!』
クルーゼ仮面 『ああ!それが私の償いだ!!ドラグゥン!!システェム!!』

 
 

 ―fin―

 
 

【戻る】