Top > Seed-Crayon_3-384_4-3
HTML convert time to 0.004 sec.


Seed-Crayon_3-384_4-3

Last-modified: 2008-06-19 (木) 22:19:57

ある愛の物語(アンディ&アイシャ編)・最終話
 
 アンディはバスに揺られ、夕方に通ってきた道を戻っていた。
 夜になっただけなのに、風景はやけに変わって見えた。
 その外を眺めているとき、ふと砂漠の向こうに建物が見えた…
 それを見るや否や、運転手に無理を承知で降ろしてもらうように言い、運転手も他に客がいなかったので快く受け入れてくれた。
 アンディーはそのまま砂の道を歩き、思い出のあの場所へと足を進めていく…
 まるで彼女を探すかのように…
 
アンディ「変わってないな…」
 
 アンディはそこに着くなり、そうポツリと言った…
 
 そこは発掘キャンプのテントがなくなった程度で、後はそのまま手付かずのままだった。
 アンディは一通り辺りを見回すとあの場所に向かう。
 10年前、いつも自分が珈琲を飲んでいたあの場所に…
 その場所に着くなり、思い出されるあの時の自分の姿…
 そしていつものように小石をあげ、叱責するアイシャ…
 頭の中のメモリーから鮮明に取り出される映像…
 そしてその姿が他の場所に行くと不意に消えてなくなっていった…
 
アンディ「アイシャ…」
 
 彼は倒れている支柱に寄りかかり座ると、膝を抱え込み、腕で顔をうずめた・・・小さくヒクヒクと声が夜の砂漠に広がった…
 
「アンディ…」
 
 ふと、彼の耳に懐かしい声が聞こえた…
 
 彼が恐る恐る顔を上げると、そこには優しく微笑むアイシャの姿があった…
 彼女は何かを言っている様であったが、声は聞こえなかった…
 口の動きで 「来てくれてありがとう…」 と言っているようだった。
 突然、アンディーの視界はその瞬間真っ暗になった。
 何が起きたかわからなく、顔を上げると、そこにはアイシャの姿はなかった。
 
………
……

 
アンディ「夢か…」
 
 アンディーそう呟き、ふと下を見ると、いつの間にか手から落ちてしまったのか、少し砂に埋もれたサボテンが小さな花を咲かせており、そこの近くの砂地には 「また会えるから…」 と、薄く指で書かれたような跡が残っていた。
 周りには、アンディーの足跡以外何もなかった…
 
アンディ「…わかったよ…」
 
 彼はそう一言言うと、サボテンを拾い上げると、その場を立ちあがり、歩き始めた。
 彼の目からは涙はなかった…
 
アンディ「僕はいつでも待ってるから…」
 
 彼は朝日の昇り始めた砂漠を歩きながらそう呟いた。
 そして行く…自分の帰るべき場所へと…
 
………
……

 
〜数日後〜
 
 アンディーはいつものようにまた店を開いていた。
 少し寂しそうな顔もしていたが、どこかすっきりしたようだった。
 
ひろし 「マスター今日の珈琲、何かいいよ…」
アンディ「えッ?そうかね? それはこの前が酷かったせいでは?」
ひろし 「いやいや、それ抜きにしてだよ…いや〜マスター、ここでまた腕を挙げるとは…流石だよ」
アンディ「お礼はしんちゃんに言ってくれないかな…」
ひろし 「しんのすけに?」
アンディ「あぁ、あの子が僕を救ってくれたからね…ところでしんちゃんは今は何を?」
ひろし 「今日はシン君と友達で空き地に遊びにいくとか…」
アンディ「そうか…今度、ウチに来るように言っておいてくれないか。お礼がしたい…」
ひろし 「お礼ね〜。お?マスター、このサボテンどうしたの?」
 
 ひろしはふと、カウンターところにちょこんとあるサボテンに気が付いた…
 
アンディ「預かり物だよ…大切な人からのね…」
 
 アンディはそう言うと、ダコスタから注文を聞き、珈琲をカップに注いだ。
 
………
……

 
シン 「はい、しんちゃん」
 
 空き地では、しんのすけたちがバレーボール程の大きさのゴムボールでバレーをしていた…
 
しん 「はい、ネネちゃん」
ネネ 「はい、マサオ君」
マサオ「あ〜おととと、ボーちゃんお願い!!」
ボーちゃん「ま・か・せ・て、ほい」
風間 「よ〜し、お〜らい、お〜らい」
しん 「耳に)ふ〜」
風間 「fにゃはな;あm」
 
 風間君が取り損ねたため、それていくボール…
 ボールはそのまま、空き地の出口の方へ転がっていった。
 
しん 「もう〜風間君だめだぞ、ちゃんと取らなきゃ」
風間 「お前のせいだろ!!」
しん 「もう〜喜んでたくせに〜」
風間 「はやくとってこいよ!!」
しん 「仕方ないな〜〜」
 
 しんのすけはボールを取ってくるように促されると、走って取りに行った。
 ボールは外の道に出ていたが、一人の女性がボールに気が付いてひょいっと拾い上げた…とても綺麗な女性だ…
 
女性 「これ、君の?」
しん 「うん、それでみんなと遊んでたんだぞ」
女性 「そう、じゃあはい」
しん 「ありがとう、お姉さん」
 
 そう言ってしんのすけが空き地戻ろうとすると、女性は少し呼び止めた。
 
女性 「ねぇ、君。この近くにある喫茶店知らない? 私、ここのこと良く知らなくて」
しん 「お〜それなら、この道を真っ直ぐ行くとアンディの店があるゾ」
女性 「えっ?アンディ? 面白い名前ね。マスターの名前?」
しん 「そうだぞ、味はオラが保証するぞ」
女性 「そう、ありがと」
 
 女性はしんのすけに会釈をすると、その場所をあとにした…
 
しん 「…あれ〜?あのお姉さん、どこかで…」
シン 「しんちゃ〜ん、早く来なよ〜何してるの〜?」
しん 「お、あ〜ごめんごめん、今行くぞ〜〜」
 
………
……

 
 ――春日部の憩いの場、喫茶「砂漠の虎」…
   今日もまた新たなお客の訪問を告げるドアのベルが
   あの香りに満ちた店内に鳴り響く――
 
 〜END〜
 
 
 戻る