Top > Seed-Crayon_3-415
HTML convert time to 0.003 sec.


Seed-Crayon_3-415

Last-modified: 2008-06-17 (火) 16:31:50

しんのすけのおねがい
 
 空にはぽかぽかお日様、ふわふわ白い雲。
 今日もこの町はのんびりほんわかいい雰囲気です。
 おや、しんのすけ君とそのお友達が、シンに何かをお願いしていますね?
 いったい、何を頼み込んでいるのでしょう?
 ちょっと聞き耳をたててみましょうか。
 
「あんのぉ〜…シンのお兄さんに、オラたちお願いがあるんだなぁ」
「ん、なんだいしんちゃん?しんちゃんのためなら、出来ることはしてあげるよ」
「おおお、みんな聞いたかぁ、シンのお兄さん、オラたちのお願いきいてくれるゾ!」
「ははは、で、何なんだい、しんちゃん?」
「んーとんーとぉ、シンのお兄さんたち、カンタムロボ持ってるでしょ?」
「ああ、デスティニーとか、レイなレジェンド、ルナならインパルスか…。で、それがどうかしたのかい?」
「カンタムロボが全員集合したら、すっごい迫力だと思うんだぁ。で、オラたちそれが見たいの」
「うーん、全機か…アスランやステラたちにも声をかけないとな…」
「シンのお兄さん、出来る〜?」
「ああ、他ならぬしんちゃんの頼みだ、オッケーだよ。他の連中には俺から声をかけるさ」
「やった〜、みんな喜べ〜!」
「しかし、場所が問題……っと、そうだ!しんちゃんたちは公園で待っててくれよ。10分ほどしたら行くから!」
  
 しんのすけ君たちのお願い、子どもらしくていいですね。
 カンタムロボ…正確にはカンタムロボではないですが、その全機集合が見たいなんて。
 しかし、シンは気軽に請け負いましたが、この小さな町で、たくさんのMSを集める場所なんてあるんでしょうか?
 


 
「ん〜…。もう10分経つけど、シンのお兄さんたち来ないゾ」
「やっぱり、ダメだったんじゃないかなぁ」
「シンのお兄さんは出来ないことは出来ないってはっきり言う人だよ。信じなきゃ」
「…でも、この公園じゃロボットはふたつみっつしか入らないよ?」
「………信じる、これ、大事」
 
 しんのすけ君たち、やっぱり不安みたいですね。
 ・・・おや?東の空から何か公園に向かって飛んできますよ?
 あれは・・・おお!デスティニー、レジェンド、インパルス・・・
 他にも、ストライクフリーダム、インフィニットジャスティス!
 カオスは変形して、ガイアとアビスはそれぞれストライクフリーダムとインフィニットジャスティスに掴まって!
 カラミティを乗せたレイダー、フォビドゥンまで!さらにはアカツキも!これはなんとも壮観です!
 
「お、おおお、みんな、あれを見るんだゾ!」
「わー、すっごーい!」
「空から来るなんて!」
「ロボット、たっくさーん!」
「………飛んでる。楽しそう」
 
 シン、これは考えましたね。これなら全機集合出来ます。
 
「おーい!しんちゃーん!これでいいかーい!?」
 
 おお、隊列を組んで空を華麗にMSが舞います。
 しんのすけ君たち以外にも、道行く人々が上を見上げて驚いています。
 
「シンのお兄さん、ありがとー!カッコいい変態飛行に、オラもうメロメロだぁ」
「それを言うなら編隊飛行じゃないのかな…」
 
 ははは、自然にオチをつけるところなんて、しんのすけ君らしいですね。
 でも、良かったねしんのすけ君たち!願いが叶って!
 
 
戻る