Top > Seed-Crayon_3-91_1
HTML convert time to 0.004 sec.


Seed-Crayon_3-91_1

Last-modified: 2008-06-16 (月) 13:03:41

戦闘中インパルスが大破し辛くも脱出したが、記憶を無くしたシン・・・
彼は気が付くと野原家の布団の中で寝ていた・・・
 
シン 「・・?ここは?」
しん 「お〜〜母ちゃん母ちゃん黒髪の兄ちゃんが目覚ましたぞ!!」
みさえ「あなた、何があったの? 森の中で泥まみれで倒れてたけど・・」
シン 「え・・僕は・・あれ名前が思い出せない・・」
しん 「またまたまた〜〜とぼけちゃって〜そんな冗談今更古いぞw」
シン 「いや・・ホントなんだ・・何も、何も思い出せない!!」
頭を抱えるシン
 
みさえ「お、落ち着いて、え、え〜と、そんなにあせっても仕方ないでしょ?ね?」
シン 「で、でも!!」
しん 「そうだぞ〜〜おらも忘れてたこと急におもいだすことあるぞ!
    兄ちゃんはいわゆる ぼけわすれ だぞ!」
みさえ「それを言うなら「物忘れでしょ!」」
しん 「そうともいう〜〜〜」
シン 「・・w」
少し笑みを浮かべるシン
 
みさえ「あ、そうだ!あなたしばらく家にいない?まぁいつもやかましいとこだけど」
シン 「えっ?いいんですか?だって僕がいたって迷惑が」
みさえ「何も言ってるの、子どもは優しさに甘えるものよ」
しん 「そうだぞ〜〜遠慮すんなよ 兄ちゃん!」
ひま 「う、うあ〜〜〜〜(泣)」
みさえ「あらあら、ひまちゃん起きちゃったみたい!!あなたはまだ寝てなさいよ」
ひまわりの方へ行くみさえ
 
しん 「オラはやく兄ちゃんと遊びたいぞ!!」
 
シンの脳裏に、昔家族と過ごした記憶がよみがえる
 
シン「あれ?・・おかしいな何も覚えてないはずなのに・・・」
 
シンの頬には細長い水の跡がつたっていた・・・
 


 
 ――夜――
 
ひろし「ただいま〜〜〜ん?何だこの泥の跡?」
みさえ「あなた〜お帰りなさ〜い」
しん 「父ちゃんおかえり〜〜」
ひろし「おい、みさえこの泥の跡なn・・・?」
奥にいるシンに気づく。
 
シン「お、お邪魔してます・・」
 
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
 
ひろし「なるほど〜記憶をね〜〜」
シン 「は、はい・・・」
ひろし「別に家に居て貰っても構わんが・・・・ホントに名前もわかんないのか?」
シン 「はい、ほんとに全く・・・」
ひろし「しかし困ったな〜〜〜・・」
しん 「何が 困ったな〜 なの?父ちゃん?」
ひろし「何と呼べばいいのかわからない(笑 ずっと君とかあなたじゃ息苦しいだろ。
    まさか出てけとかは言うわけないだろ?(笑」
 
シン 「じゃあ!!」
しん 「やったぞシン兄ちゃん これでいっぱい遊べるゾ!!」
ひま 「た〜いw」
みさえ「あらあら。ひまもあなたが居てくれてうれしいみたい」
ひろし「おいしんのすけ、何でシン兄ちゃんなんだ?」
しん 「シン兄ちゃんはお名前がないから、オラの名前を少しあげたんだゾ。えっへんw」
ひろし「お〜〜そうかそうか。中々冴えてるじゃないかしんのすけ!!
    そう言う事だシン君、しばらくはこれでいいかな?
    もちろん君が名前を思い出したらそれで呼ぶが・・・」
シン 「いえ、もう僕はここに居させてもらえるだけで十分なので・・・」
 
ひろし「よし決まりだな!!おいみさえ、今日はシン君の歓迎パーティだ。
    はやく準備しろ(笑」
みさえ「はいはいわかりましたよ」
しん 「お〜〜〜母ちゃん太もも〜〜〜」
みさえ「それを言うなら太っ腹でしょ」
シン 「ほ、ホントにありがとうございます(涙」
 


 
 ――翌朝――
 
みさえ「・・・??!!あなた、あなたったらもう起きて!!」
ひろし「ん、ん〜〜?」
みさえ「あ〜もうこんな時間よ!!早く行かないと会社に遅れちゃわよ!」
ひろし「あ〜やべ〜!!昨日シン君のパーティーで盛り上がったからな〜
    ってそんな場合じゃない!!早く準備しないと!!」
 
シン 「ど、どうかしたんですか?」
しん 「シン兄ちゃん、これはいつものことだゾ」
みさえ「あ〜シン君おはよう!、ごめんね、今取り込んでて」
ひろし「お〜い、みさえ、靴下どこだ〜?」
みさえ「あ〜もう!!、バス時間も過ぎてるし・・・
    シン君。悪いんだけど、しんのすけの幼稚園への送り迎え、お願いしていい?」
シン 「えっ、僕がですか?」
みさえ「ほんとにごめん!道はしんのすけが知ってるからね、ね?」
シン 「別に僕は構いませんけど・・・」
しん 「ホッホ〜〜イ、今日はシン兄ちゃんと一緒に幼稚園だ!!」
 
 ――移動中――
 
シン 「にしてもホントにしんちゃんの家は賑やかだね〜話には聞いてたけど・・(笑」
しん 「シン兄ちゃん、あんなのまだ序の口だゾ。
    いつもはもっと騒がしいから、オラも大変だゾ〜」
シン 「ははは、ほんとに?、でも楽しそうでいいじゃない?」
しん 「っもう〜シン兄ちゃん、他人事だと思って〜」
シン 「いや、そうじゃないんだ・・・僕もこんな感じの家庭ですごしてたのかなと思ってね」
しん 「何言ってるんだよ、シン兄ちゃん!」
シン 「えっ?」
 
しん 「オラたちはもう兄弟だぞ!いつも一緒だぞ!」
シン 「しんちゃん・・・」
 
 
《君のす・が・た・は〜〜♪》
 
 
戻る