Top > Seed-Crayon_5-337_1
HTML convert time to 0.005 sec.


Seed-Crayon_5-337_1

Last-modified: 2008-07-19 (土) 19:35:43

嵐を呼ぶ!キョーレツ、コドモ王国誕生だゾ
【その1】

 

北春日部 「郷君、いやアクション仮面!出来た!遂に出来たよ世紀の大発明が!」
剛太郎  「落ち着いてください北春日部博士。世紀の大発明って…今度はどんな発明なんですか?」
北春日部 「うむ、よくぞ聞いてくれた!
      この装置を見たまえ。手のひらサイズの小さな物じゃが、この赤いボタンを押すと…
      何と!怪人を心身共に5歳前後の幼児に変えてしまうのじゃ!」
ミミ子  「すご〜い!この装置があればアクション仮面の戦いをずっと楽になるわね!」
北春日部 「ミミ子君の言う通りじゃ。
      だが完成したとはいえこれはまだ試作品でな、完全に実用化するにはもう少し改良が…」
剛太郎  「あの、博士…装置のボタンを押しているみたいなんですが」
北春日部 「え?…あっ!しまった!」

 

 その時、装置から放たれた強烈な光が四方に拡散した。その光は春日部一帯を一瞬で覆い尽くした…

 
 

北春日部 「まずいのう…幼児退行化装置のエネルギーが春日部中に広まってしまったわい」
ミミ子  「大変!それじゃ春日部中の大人が子供に…!」
北春日部 「いや、装置は怪人用に調整してあるから、普通の人は影響を受けないはずじゃ」
ミミ子  「良かった、それなら安心ですね!……あれ?郷さんどうしたの?」
剛太郎  「いや…確か…今の春日部には、ちょっと普通じゃない人達が大勢いると思って…」
ミミ子  「……あ!ま、まさか……」

 

 その『まさか』だったりする……

 

 〜その頃 野原家〜

 

???  「………」
しんのすけ「………どなた?」
???  「俺はシン・アスカだゾ!」
しんのすけ「オラは野原しんのすけだゾ!」
2人   「………おお〜(なぜか2人でテレ顔)」

 

みさえ  「シン君もしんのすけも、大声出して何やってるの…きゃあ!
      し、しんのすけがふ、2人居る?!」
ルナ   「私もいます〜。どうなってるのこれ〜?」

 

          *          *          *

 

北春日部 「え〜そういう訳でして、春日部に住んでいる別世界の方々全員が幼児化してしまったと、
      そういうわけなんです」
みさえ  「そういう訳で、じゃないでしょ!子供になっちゃった人達は元に戻るの?!」
北春日部 「試作品という事で効果の持続性は低くしていましたから…
      早くて今日中、遅くても数日以内には元に戻ると思いますけど」
ルナ   「そんな無責任な!それまで私達、子供のままって事なんですか?」
北春日部 「ま、まあそういう事に……なりますね、やっぱり」
ひろし  「しかし…臼井絵で同じ5歳児だと、しんのすけとシン君はホントそっくりだよな…
      同じ坊主頭にしたら多分見分けがつかないだろうな……」
しんのすけ「……」 ←シンをじーっと見つめている
シン   「……」 ←同じく、しんのすけをじーっと見つめている
2人   「えへへ〜、同じ顔にそんなに見つめられると、オラ(俺)照れるぞ〜」
みさえ  「…反応も同じね」

 

ひろし  「ともかく!シン君やルナちゃんがこんな有様だと、
      ギルバートさんやタリアさん達が気がかりだ!俺ちょっと様子を見てくる!」
みさえ  「じゃあ私はひま連れて、マリューさん達やまたずれ荘の様子を見てくるわ!」
ひまわり 「たー!たーい!」
ひろし  「しんのすけとシン君、ルナちゃんは…あれ?あの3人どこに行った…?」
北春日部 「遊びに行ってくるって其処から外へ出て行きましたけど」
みさえ  「な、なんで止めなかったのよ!大丈夫かしら…しんのすけはともかく、あの2人が外にでて……」

 

          *          *          *

 

 〜河川敷〜

 

一同   「じゃんけんぽん!」

 

ルナ   「レイ君の鬼〜!」
アスラン 「みんな逃げろ〜!」
レイ   「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10!
      こら待てー!ギルに逆らうラクシズは全員死刑だー!
キラ   「デスティニープランはんたーい!遺伝子に支配されるなんて間違ってるよう!」
レイ   「うるさい!ギルのする事に逆らうと、れくいえむでみんなやっつけちゃうぞー!」
しんのすけ「おお〜レイ君、目がマジだぞ〜。」
ラクス  「ええい、このままじゃ捕まってしまいますわ!お前達、囮になりな!」
キラ   「お、鬼さんこちら!手のなる方へ!」
アスラン 「鬼さんこち…うわぁ!恐いよ〜!」
ラクス  「ほ〜ほっほっほっ!捕虜になったら特殊部隊をまわして助けてあげるから安心しなさ〜い……あっ」
レイ   「油断したね。タッチ」

 

シン   「ラクスちゃんの鬼〜!」
ラクス  「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10!
      待ちなさ〜い!私達は戦ってもいいのです!
      だからボロいノート一冊を根拠にプラントに宣戦布告しましょう!
      そして世界を私達のものにするのです!
マサオくん「それってラクス帝国を作ろうって事?イヤだよそんなの〜帝国主義はんたーい!」
アスラン 「まずプラントの偉い人と話し合いのテーブルにつくべきだと思います!」
ラクス  「そんな悠長な事を言ってたらオーブが討たれてしまいますわ!先手必勝!先に殴った方の勝ちですわ!」
シン   「あ、あんたって人はー!」
キラ   「あっ!シンちゃんがラクスに向かって行く!」
シン   「たー!くらえ!正義のパルマ……」
ラクス  「タッチ。…ひっかかりましたわね、オスカー級のわたくしの演技に」

 

ルナ   「今度はシンちゃんの鬼〜!」
シン   「1、2,3、4、5、6、7、8、9、10!
      待てー!脱走の罪はどんな理由があろうと許されないぞー!覚悟しろハゲ〜!
アスラン 「うわ〜ん名指しで呼ばないでよ〜!」
ラクス  「名指しじゃないでしょ!」
シン   「たとえメイリンを盾ににても無駄だぞ!
      どこまでも追いかけてアロンダイトで突き刺してやるー!覚悟しろやデコ〜!」
アスラン 「だから名指しで呼ばないでってば〜!……うわ!(コケた)」
シン   「脱走の罪は重いんだぞ…ほい、タッチ」

 

キラ   「次はアスラン君の鬼だー!」
アスラン 「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10!
      え〜んもう裏切ったりしないからさ、ボクを仲間外れにしないでよう〜!
ルナ   「いや!信じられないわ!妹と一諸に駆け落ちしたくせに!」
マサオくん「何か同じ裏切り大臣どうし、アスラン君と気が合うような感じがしてきたな。ボク」

 

 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・
 ・・・

 

シン   「……なあしんちゃん。みんなでやる『リアル鬼ごっこ』は…何か楽しいよな。何でだろう?」
しんのすけ「ん?みんな一諸に遊べば、どんな遊びをしても楽しいと思うゾ?」
シン   「そうか…うん、そうだよな!」

 
 

 子供たちは夕日に向ってどこまでも走り続けた。時間を忘れてどこまでも、どこまでも……

 

          *          *          *

 

 〜一方、大人組のほうは…〜

 

ギル   「ふむ…五歳児になってみると思い出すな。
      あの頃はよく赤い三輪車で公園を走りまわっていたものだよ…」

 

 つんつん

 

ギル   「?」
タリア  「んちゃ!たりあだよ!」
ギル   「た…タリア…」
タリア  「ねえ、あそぼあそぼ」
ギル   「いいとも。で何をしてあそぶ?」
タリア  「んーとね、んーとね…かけっこ! でも、あたしすご〜く速いから、ぎるは三輪車でいいよ」
ギル   「?…いいとも(ふっ…私の輝かしい幼少期を知らないな)」
タリア  「じゃあ準備はいいね?…よーい、どーん!」

 

 キコキコキコ…

 

ギル   「どうだ!私の『通常より3倍速いスタートダッシュ』にはついてこれまい!」ちらっ(後ろを見る)
タリア  「よっ!」(後ろにピッタリくっついている)
ギル   「なっ、何ぃ〜!!」
タリア  「きぃ〜ん」

 

 だだだだだだだだだだだた……

 

ギル   「えぇい!幼少期のタリアは化け物か…?」

 
 

 〜アークエンジェル組〜

 

ムウ   「や〜いナタルのぱんつはまっ黒くろだ〜!」
ナタル  「うえ〜ん!お姉たまぁ、むー君がいじめるよう〜!」
マリュー 「こらムウ!ナっちゃんをいじめちゃダメ!」
ムウ   「べ〜だ!ちっちゃくなったマリューなんか恐くないもんね〜。」
マリュー 「何ですってえ〜!ムウ、待ちなさーい!」
ムウ   「やだよ〜だ!」

 

 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・
 ・・・

 

みさえ  「やっぱり…!みんな心身共に子供になってるわ。これじゃ、またずれ荘の方でも多分…」

 
 

 〜またずれ荘〜

 

イザーク 「このきょしぬけ!根性叩きなおしてやるからそこへ直れ!」
ニコル  「うえ〜ん、うえ〜んここは何処?ママに会いたいよう〜!」
ディアッカ「ぐれぃと!ちゃーはん作ってやるから、泣くのはやめろよニコル」

 

 〜デュランダル家〜

 

ステラ  「すー…すー……」
アウル  「この大変な時に、よくぐーすか眠れるな…ステラは」
スティング「ほら寝る子は育つ、て言うだろ?ふあ…何か俺を眠たくなってきちゃったな…3人一諸に寝るか?アウル」
アウル  「ほんとだ。子供に戻ったせいかすごく眠いや……すう…すう…」

 

 〜エンジェル派出所〜

 

カガリ  「アスランはどこだー!お前ら探してこい!」
ノイマン 「え〜何でボク達がそんなことを…」
サイ   「そうだよねえ。自分で探せばいいのに」
カガリ  「うるさーい!ぐだぐだ言ってるとぶっとばすぞう!」
トール  「は、はい!すぐに探しにいきます!
     (カガリく…ちゃんは子供の頃はガキ大将だったのか。どうりでワガママなわけだ…)」

 

 〜公園〜

 

チーター 「お前、この辺じゃ見ないガキだな。この公園は俺達の縄張りだぞう!」
アズラエル「え?え?そんな事言われても…僕も何がなにやら……」
チーター 「うるせえ!やっちまえ!」

 

???  「待てーい!」 

 

チーター 「何だてめえ!」
クルーゼ 「通りすがりのコーディネィターだ。それ以上その子をいじめると僕が許さないぞ!えい!たー!」

 

(瞬く間にチーターの子分を倒した)

 

チーター 「ちっ!き、今日の所はこれで勘弁してやる!憶えてろよー!」
クルーゼ 「大丈夫かい?アズラエル君」
アズラエル「う、うん…ありがとう。コーディネィターにもいい人がいるんだね…」
クルーゼ 「コーディネィターとかナチュラルとかは関係ないよ。困ってる時はお互い様、だろ?」
アズラエル「う…うん!そうだね!」

 
 

 春日部のあちこちでCE出身の大人達が子供になったが、不思議とこれといった混乱はなかった。
 果たして…これから装置の効き目が切れるまでどうなることやら。

 
 

【戻る】 【次】