Top > Seed-Crayon_5-531_4
HTML convert time to 0.003 sec.


Seed-Crayon_5-531_4

Last-modified: 2008-07-03 (木) 00:46:14

アクション仮面・史上最大の戦いだゾ
【特別編〜選ばれた未来〜】

 

ルナ   「ただいま〜…って2人共またアクション仮面を見てるの?こういうの本当に好きねえ…
      あら?これ、この間やったヤツじゃないの?」
シン   「正しくは総集編だな。
      一応見てるんだけどこれといった変更点は無いし、ビデオに撮ったのを飽きるほど見たしなぁ…」
しんのすけ「シン兄ちゃん、そろそろクライマックスだゾ?」
シン   「クルーゼ仮面が死んで、アクション仮面がパワーアップするんだっけ。
      どうせ結果は分かってんだからチャンネル変えようかな」

 

 

クルーゼ仮面 「私の全てをお前にやろう…負けるなよアクション仮面!」
アクション仮面「死んで私に力を与えようと言うのか…?逃げるのかクルーゼ!」
クルーゼ仮面 「な、何?逃げる…だと?」
アクション仮面「そうではないか!戦いを放棄して自分から死ぬなど逃げるようなものだ!
        2人で力を合わせてヨメチアキーを倒すのだ…いいか?2人で、だ!
クルーゼ仮面 「ふっ…あいからわずキツい事を言うなお前は…よし、ならば聞け!
        私が残った全ての力を使ってヨメチアキーの陽電子リフレクターを一瞬だけ無効化する!
        今の私に出来るのはそれが精一杯だ…そのスキをついてアクション仮面、お前がヤツを一撃で倒せ!
        2度目は無いぞ……いいな?!」
アクション仮面「任せろ!クルーゼの力と正義……決して無駄にはしない!」
クルーゼ仮面 「ようし…行くぞヨメチアキー!うおおおおおおおおおお!
ヨメチアキー 「な、何?手負いのネオ…いや、クルーゼ仮面にまだこんな力があったとは!
        だ、だがこの程度……うお?!」

 

 その時、ヨメチアキーに一太刀打ち込んだ黒い影があった……ネオ、いやクルーゼ仮面の忠実なるしもべ、ガイアである。

 

ヨメチアキー 「き、貴様まで!創造主である私に逆らうというのかぁぁぁぁぁ!」
クルーゼ仮面 「お前の身勝手な妄想に付き従う者など誰もいない!たとえお前に生み出された者であっても!」
ヨメチアキー 「ク、クルーゼ…き、貴様……!」
クルーゼ仮面 「今だ!やれぇぇぇ!アクション仮面!」
アクション仮面「この一撃で…ヨメチアキー、貴様の野望を砕く!」

 
 

ルナ  「あれ?何か前に見たのと少し違うような気がするんだけど…ねえ、2人はどう思う?」
Wしん 「……」(テレビの前に正座して見入ってる。聞こえてないようだ)

 
 

アクション仮面「集え正義の力よ…私に巨悪を倒す力を今、ここに!アクションビィィィム!
ヨメチアキー 「な、何?アクションビームがアクション仮面の手に握られているだと?あれはまるで……!」
アクション仮面「これぞもう1つの新必殺技!名付けて…『アクション・ビームソード』
        くらえヨメチアキー!正義の力を!」
ヨメチアキー 「そ、そんな…だが忘れるな!この世に腐女子がいる限り私は……」
アクション仮面「そのセリフは聞き飽きた!はああああああ!
ヨメチアキー 「うっ……うわあああああ!

 

 ドッカーーーーーーン!

 

アクション仮面「…終わったな、これでサンフサイズもお終いだ…
        巨大な悪は未然に防がれた。クルーゼ、お前のおかげだ」
クルーゼ仮面 「いや…私の力だけではヤツのリフレクターは破れなかった。
        私とアクション仮面…そしてガイア。3人で世界を救ったんだ」
ガイア    「そんな。私はネオ様、いえクルーゼ様の部下として当然の事をしたまでです」
クルーゼ仮面 「真の主であるヨメチアキーを裏切ってまで、か?」
ガイア    「そ、それは……」
クルーゼ仮面 「まあいい。ヨメチアキーとサンフサイズは滅びたんだ。これからは自分の意志で生きていけばいい……」
ガイア    「いえ!私はクルーゼ仮面様の部下としてこれからもクルーゼ様に付き従います!」
クルーゼ仮面 「ふっ……まあ、好きにするがいいさ」
アクション仮面「クルーゼ、これからお前はどうする気だ?」
クルーゼ仮面 「そうだな……実を言うと、私にはレイという息子がいるんだ。
        だが、正義のヒーローとしてはまだまだ未熟でね……
        彼の様子でも見てこようかと思ってる。ガイアといい友達になれそうな気がするしね」
アクション仮面「そうか。道は違えどこれからもお互い正義の為に戦おう!
        ……ところでクルーゼ仮面よ、やるか?アレを!」
クルーゼ仮面 「もちろんだ!お約束だしな…いくぞ!」

 

3人     「ワ〜ハッハッハッ!ワ〜ハッハッハッハッ……」

 

 

ひろし 「うむ、ダブルヒーローの勝利のポーズは、何時の時代でも燃えるものがあるよなあ」
みさえ 「それは分かるけど……でもねえ…」

 

Wしん 「ワ〜ハッハッハッ!ワ〜〜ハッハッハッハッハッ!」

 

ルナ  「うううううるさいわね!いつまでも力の限り高笑いしてるんじゃないわよ!」

 
 

 〜その頃(以下略)〜
クルーゼ「どうだムウ!お前が演じたクルーゼ仮面より私が演じた今回の放送の方が視聴率が高かったぞ!
     どんなもんだ!」
ムウ  「うっ……ぐぐぐぐ、な、何故かはわからんがスゲエ悔しいぜ……!」
マリュー「2人共、みかん食べる?」

 
 

戻る