Top > 複数クロス
HTML convert time to 0.003 sec.


複数クロス の変更点


 #br
 ''【現行スレ】''
  [[新人職人がSSを書いてみる 32ページ目>http://peace.2ch.net/test/read.cgi/shar/1433946144/]]へ移行。
  [[新人職人がSSを書いてみる 33ページ目>http://mevius.2ch.net/test/read.cgi/shar/1459687172/]]へ移行。
 #br
 ''【過去スレ】''
  [[新人職人がSSを書いてみる 1‐31ページ目は新人スレアップローダーに格納されています>http://ux.getuploader.com/shinjin/]]
  [[新人職人がSSを書いてみる 1‐32ページ目は新人スレアップローダーに格納されています>http://ux.getuploader.com/shinjin/]]
 #br
 ----
 #br
 ''【作者一覧】''
 #contents
 #br
 **匿名希望氏『マイスターの憂鬱』 [#w2a43181]
 
  [[〜刹那・F・セイエイ、天使と合う〜]](00 × 創聖のアクエリオン)
 #region(試し読み);
 「一体、何がどうなっている……。ここはエクシアの中、なのか?」
  ソファでうたた寝をしていたはずの刹那・F・セイエイ。
  彼がバイザー越しに見下ろす景色はいつものコクピット。違うのはモニターに映し出された
 外の様子だ。戦闘の爪痕なのか荒廃した町並み。それ自体は悲惨ではあったが、しかし彼に
 とっては特別異様な景色と言う訳ではない。
  刹那に違和感を抱かせる原因。その空に浮いたたくさんの巨大な虫のようなシルエット。
 それが地面にビーム様の物を放つと何かが吸い上げられていく。
  刹那はごく自然に吸い上げられているものをズームする。
 「な、なんだ……! なんなんだっ、これはっ!」(後略)
 #endregion
 
  [[〜ロックオン・ストラトス、フリーターになる〜]](00 × 機動警察パトレイバー)
 #region(試し読み);
 「仕事もないし、ボーズだったら今日はおかず無し、か。米は後3日分はあるが、さて……。
 なんか、すっかり馴染んでしまっているが。……良いのか? オレは。これで」
  夕方。岸壁に腰掛けたロックオンは、言葉とは裏腹にのんびりと竿のリールを巻く。
 上がってきた仕掛けにはふやけたゴカイが数匹付いたままである。
 「よぉ、須藤君。また仕事にあぶれたのか……。キミみたいなマジメな奴が食卓のために
 魚釣りか。ヤナ世の中だねぇ。――ありゃあ、しかもボーズ、か。ツイてねぇなぁ」
  見た目で損してるよな。まぁホントにガイジンではあるんだが。彼のバケツをのぞき込んだ
 中年男性はそう言うと隣に腰を下ろす。
 「大型レイバーの免許も有るのになぁ。景気は悪か無いんだが、なんつーか、……ツイてねぇなぁ」
 「仕方がないでしょう、正規の免許を持った外人労働者がレイバーで事件を起こす。今月だけで
 もう3件目です。オレが社長でも日本語を喋れようが、ガイジン雇うのはごめん被るとこですよ。
 ――公務員なんでしょ? 帰化申請はどうやったら通りますかね?」(後略)
 #endregion
 
  [[〜ルイス・ハレヴィ、星の海を旅する〜]](00 × トップをねらえ!)
 #region(試し読み);
 振動の中、電車を飛び降り駅を抜けると『副通信管制室』と大仰に漢字で書かれたプレートの
 ついた部屋に飛び込む。カギがかかっていない上に誰も来ない。なのに情報は艦橋直結。
  【非常事態宣言の為、ただ今より中央線特別快速以外運休】の文字がモニターに流れる。
 「あの警報、何だったのよ。非常事態って何? 電車、緊急時に止まったら意味ないじゃん……」
  だいたい、宇宙戦艦の中に電車が走ってる事自体非常識なのよ……。と、これはあえて
 母国語で呟いてみるルイスである。と、艦内放送がかかる。
 『非常事態発生。亜空間において敵と遭遇、現在交戦中。総員第一種戦闘配置につけ……』
  この放送だけで、事態がかなり悪い事はルイスにも理解出来た。(後略)
 #endregion
 
  [[〜ミスターブシドー、山に籠もる〜]](00 × 牙狼<GARO>)
 #region(試し読み);
  巨大な魔物がゆっくりと歩を進める。その先には白いコートを羽織って細身の剣を構える青年。
 魔物の足跡からは無数の小さな、と言っても人間大の大きさのそれが沸き上がるように現れ、
 青年へと殺到し、そのシルエットは徐々に見えなくなっていく。
 「おのれ、……卑怯な」
  それを遠くから見つめる細身の剣を持ったミスターブシドーは、しかしこの状況下では
 何も出来ないとわかっていた。(後略)
 
 #endregion