Top > なんとなく 氏_THE IDOL [email protected]_第14話
HTML convert time to 0.004 sec.


なんとなく 氏_THE IDOL [email protected]_第14話

Last-modified: 2009-07-22 (水) 01:00:45

前回までのあらすじ

 

もこもこ体操始まるよ

 
 

「うぉあああああおおおお!!待て!!コラァ!!」

 

いきなりで申し訳ないがアスランクローン NO5はガルナハンの街中を絶叫しながら疾走していた
その先には一台のワゴンボックスが

 

「わぁ、5ねーちゃ凄い 走って追ってきてる」
「すごーい すごーい 5姉さんすごーい」
「おーい 5姉~」

 

「なぁ…お前ら 攫われたって解ってるんだろうな?」
「「「うん」」」

 
 

ここで時間を巻き戻そう

 

その日、45、46、47のチビーズ
(特にこの3人を合わせてこう言う 48はチビーズと一緒にされると怒る)を引き連れて
ナンバー5はガルナハンの街に降り立った
もちろん目的は首領・アスカの『もこもこ体操』に出演する為だ
「じゃあ荷物もホテルに置いたし、体操は明日だからご飯にしようか」
「「「わーい」」」

 

んで、ご飯を食べていたらいきなりチビーズが攫われた

 

「いやいや!!さっぱりわからんて!?」
全力疾走しながらナンバー5もそう言っているのでもうちょっと説明

 

チビーズを攫った謎の集団 それは忘れている人もいるかもしれない
『こんなにかわいいおとこの子が男な訳ないじゃないか計画』の構成員(下っ端)である
ちなみに男 48歳 

 

彼の使命は行方不明のシン・アスカを探し出し、仲間に引き入れる事だった
しかし、行方不明の人間を広大な地球圏から一人探し出すのは容易な事ではない
そこで彼はシン・アスカの事を徹底的に調べ上げた
そしてシン・アスカの決定的な弱点を発見してそこをつく事でおびき出そうとしたのである

 

その弱点とは…シスコン しかもか~な~り 重度の

 

そこで彼は そこら辺から妹っぽい女の子を攫ってシン・アスカをおびき出すと言う
作戦を立てたのだった そしてその犠牲にチビーズは選ばれてしまった!!

 
 

んで話は最初の全力疾走に戻る

 

「待てこらああ!!!」
全力疾走しながら街中を駆けるNO5
そして逃げるワゴンボックス

 

しかし、誘拐犯は大きな間違いを犯していた
それはここが世界有数の(元)テロリストが沢山住んでいる都市『ガルナハン』だと言う事を
そして、世界最大のシン・アスカを信奉する都市だと言う事を

 

どの街にも戦乱と言うこのご時世には自警団みたいなものが存在する
ここ、ガルナハンにも自警団がある
ただ、住人の気質からかちょっと過激だが…

 

ガション・・・ガション・・・ガション・・・
「何?・・・う、うわおあああ!?」
奇妙な機械音にNO5が後ろを振り向く するとそこには…
「な・・・なんだぁ!!このMSの大群はぁ!?」

 

それは異常な光景だったと後に逮捕された誘拐犯は語る
インパルスとデスティニーのカスタムタイプの大群を率いる女
それがたった1台のワゴンボックスを追撃していた
さらに上空にも次々と集結している

 

ついに追い詰められたワンボックス
周囲は大量のインパルスとデスティニー
そして、観念して出てきたかのような誘拐犯はその小脇にチビーズを抱え、
その後頭部に小銃を突きつけていた
「お、お前らどけぇ!!こいつらがどうなってもいいのか!!」
「ぐぅうう」

 

なんとかこのまま逃走成功するかと思ったその矢先、緊張した現場に
場違いなダンスミュージックが流れてきた

 

~ エヴィバデ ダンス ナウ ~

 

ミュージックと共に何者かが踊りながらMSの大群を割って現れた
それは胸元まで肌けたセクシーなライダースーツを着ていた 
その人物が踊ると次第に周りのMSも同じように踊り始める
それは赤い情熱的な目をしていた
その人物の動きがトレースされる様にMSの大群が一糸乱れぬダンスを披露する

 

そして、呆気にとられる誘拐犯に向けてその人物が指をさした瞬間、
誘拐犯の持っていた小銃が手から弾けて飛んだ
手を押さえてうずくまる誘拐犯
その脇に転がっていたのは鉄製の義手

 

その人物はまだあどけなさの残る少女だった

 
 

そんな事件のおこっている時、首領は…
「社長、ネットで拾ったんですがちょっとこの曲、聴いてみてください」
アスカ芸能事務所、ここでは将来有望な人材のチェックを怠らない
それは様々な情報源のチェックから始まる
「ハーゲンダッツさん すごいよこのアーティスト」
「私は高めのアイスじゃないですよ まだメジャーデビューしてないらしいですが」
「マーズさん、早速、スカウト行ってきて」
「はい社長 で、この子は何て言う名前なんですか」

 

「芸名でYU-MAと言う子らしいですよ」

 

今、シン・アスカの復讐が大きく動き出す…かもしれない?

 
 

                            続くかもね

 
 

                            今回はここまで
                            謎のロケットパンチ装備の女の子登場
                            次回は久々にルナが誤射する?

 
 

】【】 【