Top > ステラ IN ワンピース 8氏_外伝02話
HTML convert time to 0.006 sec.


ステラ IN ワンピース 8氏_外伝02話

Last-modified: 2007-12-26 (水) 10:26:21

 とある町のあまり平和ではない日――

 

「ギャーーハッハッハ!! 金品は奪い尽くせ!! 抵抗する奴は殺せ!!」

 

 港で海賊が暴れているのを見て、赤服のアスカ・シン(軍曹)はぼやいた。

 

「クソッ、こんなんばっかだな、オレ……」

 

 数時間前、海軍基地で400万の首「猪殺しのデニー」が現れたという知らせが入った。
 スモーカーはシンに行く様に命じた。シンは反論したが、

 

「おまえ、まさか400万程度の小物にビビってるんじゃねえだろうな」

 

 といわれ、激昂したシンは

 

「ええ、いいですよ!! すぐいって片付けてきます!! 大佐はそこで座って待ってて下さい!!!」

 

 そう宣言して、大股でその場を去っていった。

 

「扱いやすいヤツだ」

 

 スモーカーはつぶやいた。

 

――今に至る。

 

 よく考えたら乗せられてたなぁ……と思わなくもないが、とりあえず部下を20人程連れて港に行った。

 

「なんだぁ? 海兵が何の用だぁ?」

 

 ガンつけてくる海賊とそれを見返すシン。

 

「海軍が海賊に用っていったら、1つだろ」

 

 そういってシンは背丈ほどある大剣を抜いた。

 

「へへっ、小僧、痛い目見たくなきゃ」

 

 ザシュッ

 

 くっちゃべる男をシンは無言で切り倒した。

 

「や……やりやがったな、てめえ!!」

 

 手下どもが怒り、シンに向かっていった。

 

「ったく、降参しときゃいいものを……」

 

 溜息をつき剣をかまえ、シンは手下どもに向かっていった。

 

 数分後――

 

「せ、船長~~~! こいつヤベー!」

 

 倒れた手下の内1人が叫んだ。すると、船の奥から大斧をもった巨漢が現れた。

 

「やっとボスのご登場か……」
「おめえ……400万の首「猪殺しのデニー」様と知ってのことかぁ!!」
「知ってるよ。知ってるからあんたらを捕まえにきたんだよ」

 

 言い返すシンにデニーの額の血管がプツッと切れた。

 

 「てめぇぇぇぇぇ! ブッ殺してやらあぁぁ!!」

 

 ガキィィン!

 

 デニーの大斧とシンの剣がぶつかった。

 

(こいつ、力だけだな。腕もそんなによくないし)
「こ、こいつ! すばしっこいガキがぁ!」

 

大きく振りかぶろうとするデニー。そこでシンも大きく振るう。

 

「うおりゃああああ!」

 

 バキィン!

 

 デニーの斧が半分に折れた。

 

「もうあんたに勝ち目はない。降参しろ」
「て、てめぇぇぇ、よくもオレの斧を!」

 

 素手で殴りかかるデニー。

 

「ちっ、あんたって人は!」

 

 シンは思いっきり斬った。力尽きて倒れるデニーに向かってこう言った。

 

「大体あんた……海賊のくせに“猪殺し”はないだろ……」

 

 海賊の連行も終わり兵舎に戻ると、兵たちに賞賛された。

 

「スゲェな、シン!」
「またかよ、やったな!」
「スーパーエースってやつか!」
「シン……愛してる」

 

 変な声もまじってるけど。
 そこにスモーカーがきて、視線も合わせずすれ違いざまに言った。

 

「よくやった」

 

 それだけだ。シンは心の中で毒づいた。

 

(くそっ)

 

 顔も合わせずあんなに短い言葉なのに、妙に納得がいかないくらい――嬉しい。
 それを何故か認められない自分もいる。

 

 バンッ

 

 悶々してるシンの背中を叩く人がいた。

 

「よくやったじゃない!シン!」

 

 たしぎだ。何故か自分の事の用にハイテンションである。

 

「今日は私がおごってあげる。何がいい?」
「んじゃあ、大通りのそば屋で。天ぷらそばが食べたい」
「じゃ、はやくいきましょ、シン」

 

 シンはたしぎと一緒にそば屋にいった。天ぷらそばはうまかったそうだ。

 

 そんなシンのいつもの海軍生活だった。

 

】【戻る】【?