Top > DEMONBANE-SEED_種死逆十字_01_1
HTML convert time to 0.010 sec.


DEMONBANE-SEED_種死逆十字_01_1

Last-modified: 2013-12-22 (日) 05:17:16

 クトゥルーが鎮座する、ルルイエの海。

 集結した覇道財閥と国連の連合軍は、量産型破壊ロボやダゴンら海の怪異と激しい戦いを繰り広げている。

 白の天使と黒の天使は決着をつけるべく、最後の死闘を。

 一人の■■■■と一体のロボッ娘は■ァイ■ーボ■バーを熱唱しながら囲まれて……お~、タコられてるタコられてる。

 そして魔を断つ剣は数多くの苦難を乗り越え、今地球皇帝との決戦に臨もうとしている。





 だが、この血と肉と鋼と水銀が飛び散り、生が一瞬で死に変わる戦場にあって



 ただ一人、生と死の狭間で、無に等しい静寂の中にいる者がいた。





 ゆっくりと、海の底へ沈んでいく体。

 閉じかけた視界に映る氷塊の浮かんだ海面はもう、遠い。

 だがそんな中、四本の腕を持った異形のサムライ──ティトゥスの心は穏やかだった。





 ──なんたる間抜けよ──





 負けた。完膚なきまでに負けた。

 剣を極め、殺戮を極め、魔道に入ってまで極めた業の全てが。

 満たされぬと、最初に捨てた人の道を極めた者の拳によって、撃ち砕かれた。



 忠義の拳闘士──ウィンフィールドに。



 当然だ。自分が勝てる理由など何処に在るというのか。

 あの力は、『人として』の強さだった。

 人のまま苦難に耐え、死地を乗り越え、己を鍛えに鍛え抜いて辿り着いた、人を超えた人の境地。



 真っ先に人の道から逃げた自分が、どうしてその境地に辿り着けようか。



 ──だが、もはや全て詮無きこと──



 もう疲れた。体と思考に抗い難い眠気と怠惰が絡み付く。

 このまま沈んで、眠ってしまえばいい。やがて自分は海の藻屑と消える。

 もはや後悔はない。最後の死合いに、己の全ては出し切った。



 思い残すことなど──



 何一つ──







 ──もう一度──





 最初、ティトゥスは心に浮かんだ己の声を理解できなかった。

 だがその声は徐々に大きくなり、やがて頭に靄の様にかかった怠惰をも払うほどの響きを持った。



 ──もう一度やり直したい──

 ──再び剣の道を修めたい──

 ──境地へと辿り着きたい──





 ──今度こそ、真の境地へ──



 ティトゥスは、笑った。力なく、しかし心底おかしいといった顔で……ほんの少し、悲し気に。

 なんということか。自分はここまで浅ましかったのか。

 武士道に背き、外道へ堕ち、数多の無辜の民を斬殺し、唯々己の欲望を満たす為だけに剣を振るった自分が、二度を望むか。



 なんと無恥。

 なんと無様。

 なんと滑稽。

 なんと強欲。



 だがそれでも、それでも──





 ──しかし、所詮叶わぬ幻想よな──



 やはり駄目だ。再び怠惰が首をもたげる。

 体はずっと沈み続けている。

 端から生き延びる術など皆無。



 自分は、ここで死ぬ。



 それが抗えぬ──我が運命故に。



 それでも、願わくば──





 ティトゥスは沈んでいく──海の底に。意識の底に。

 絶対に叶わぬ願いを、誰にともなく祈りながら。





 だがその祈りは神に届く──否、神『が』聞いて『しまった』。

 よりにもよって、最もタチの悪い神が。



「おやおやおやおや。九郎君とネロの戦いの前だってのに妙な思念を感じたかと思えば……こいつは面白い」

 それは無貌。女の姿をした無貌。海の中だというのに、その体に濡れた様子は全くない。

「う~ん、でも面白いには面白いけど……どうしたものかなぁ」

 女は悩み顔で思案する。もうこの世界に彼に相応しい役はない。

 むしろ『今回』で全ての劇に幕を下ろすことになるかもしれないが……まあそこはまた別の話だ。

 女はティトゥスの顔を見ながら考える。別の、もしくは新しい世界で何かの役に使うという手もあるにはある。

 が、英雄は論外、獣には力不足、悪のドラゴンにも魔法使いにも不十分……どんな役でも半端になりそうだ。

 何もかも半端──そこで女は閃いた。

「そうだ!! あの失敗した世界に放り込もう!! 僕等の創った世界の中でも最も最悪なヤツの一つ!!

 半端な英雄、半端な敵役、半端な姫君に半端な偽善、半端な正義と半端な悪!!!

 全てが半端で何もかも破綻した、僕等も途中で投げ出した世界!!! でもだからこそ一際混沌とした、あの世界に!!!」

 女は笑う。楽しそうに笑う。その顔に張り付くは嘲笑と、燃え滾る三つの目。

「君を放り込むことで、あの世界で作った英雄や獣の候補達にも多少変化が出てくるかもね……

 ああそうだ! なんなら役が終わった他の連中も放り込めばなおイイかもねぇ。

 もし『次』があるようなら、久しぶりにあの世界も覗く事にしよう。いやぁまた楽しみが増えたよ」

 無貌はティトゥスに手を差し伸べる。その手がいきなり弾け飛び、不定形な黒い肉塊となってティトゥスの体を包み込む。

「けど流石に、このまま放り込んだらゲームバランスが悪いか……

 丁度いいや、君は『人』を望むようだから、ちゃんと望みどおりに直してあげる。でも《選択権》は残しておくよ。

 人の道か外道の道を選択するか、もしくはどちらともない世界に合った半端な道か、それとも……

 君がどの道を選ぶのかも楽しみだねぇ。放り込む時間と場所は……あの辺りでいいかな、うん」

 ティトゥスの体を完全に肉が覆う。無貌は笑う。けたたましく笑う。笑い続ける。

 三つの目に炎を宿し、体中から手や足や爪や翼や尻尾や触手やありとあらゆるモノを噴出し、ナイアルラトホテップは嘲り笑う。、

「アハハハハハハハハハハハ!!!! それじゃあ一名様、コズミック・イラへとごあんな~い!!!

 アハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」

 一際大きな嘲笑が響いた後、海の底には無貌も、ティトゥスも居なかった。







 ティトゥスが目覚めた時、最初の感想は『何の手違いで自分は天国に飛ばされたのだろう』というものだった。

 地面に倒れた体の下には柔らかな草花、周囲には木々が生い茂り、眩しい日光を丁度良い光量に遮る。

 視界を上に向ければ雲一つない青空が広がっている。

 その広大な空で何羽かの大きな鳥が目まぐるしく飛び回りながら、光線を撃ち合い──

「……何?」

 ティトゥスが違和感に気付くと同時に、





 ビームが自分に向かって飛んできた。





 駆ける、駆ける、駆ける──木々を避け、地面を踏みしめて、兎に角駆け抜ける。

 ビームと砲弾と爆発と金属の塊が、四方八方に撃たれ、放たれ、弾け、砕け、落ちる。

 間違いなく自分が居るのは天国じゃないと、ティトゥスは即座に認識を改めた。

「寝ても覚めても、拙者の居場所は地獄のみかっ!」



 そう。ここは戦場と言う名の、地獄



 海では多数の戦艦から戦闘機やヘリが飛び立ち、陸では海岸線に沿って戦車が並び、砲撃を放っている。

 だがそんなものよりもティトゥスを驚愕させたのは、戦場のあらゆる場所で戦いを繰り広げる、巨大な機械仕掛けの人形達だった。

 巨大といっても鬼械神や破壊ロボほどではなく、贔屓目で見ても20メートルを超えるかどうかといった程度だ。

 とはいえ細かい形状こそ違えど全ての機体が人を模した人型二足歩行であり、ほぼ完全に人間に近い動きをする様は高い技術力を感じさせる。更には数は少ないが、空を飛ぶものまでいるようだ。

 そしてほぼ例外なく、手に持った銃器からはビームの光が放たれている。威力こそ量産型破壊ロボのそれと比べれば足元にも及ばないだろうが、サイズを考慮するならそこまで劣っているという訳ではないだろう。

 とにかくどれもこれもが──あの■■■■博士を除いてだが──己の常識を超えた技術の塊だ。そんな物がさも当然のように戦場を闊歩しているなど……有り得ない。

 そしてそれとはまた別に、ティトゥスを困惑させる要因があった。

「ハッ……ハッ……クッ!」

 たかが数分全力疾走した程度で、かなり息が上がる。

 跳躍しても木一本を跳び越すのがせいぜい。

 そして何より決定的なのは、自分の腕の数が『二本に戻っている』。



 今ティトゥスは、これまで培ってきた魔術の知識と恩恵、その《ほぼ》全てを失っていた。



「何故……しかもこのような時に……そもそも一体何処なのだ此処は!?」

 自分の居る場所、突然の力の喪失、そして本来致命傷を受けた自分が、何故五体満足で生きているのか──

 何一つ理由が分からないのに苛立ちながら、ティトゥスは木々の間を駆ける。

 しばらくして、木々に阻まれていたティトゥスの視界の先がようやく開けた。それなりに傾斜した斜面の先には海岸近くの港があった。

 そこに避難用であろう船舶とそれに乗り込む民間人達、そしてそれを誘導する軍人らしき数人の男達が見える。

 とりあえず、民間人に紛れて船に乗るべきかと考えた直後、ティトゥスは直感的に上空へと目を向ける。



 そこには10枚の翼を広げる白く巨大な天使、そしてそれの背負った二門の大砲がこちらを向いているという光景があった。



 ──拙い!──



 反射的にティトゥスの体は斜面方向へと跳んだ……誤算だったは、跳んだ先に何故か、少年が居たことだった。

「童っ! 其処を退けぃ!」

「えっ? ぐっ…うわあああぁぁぁ!!!」

 2人の衝突とほぼ同時に襲ってきた衝撃で、2人は吹き飛ばされた。



 斜面を二、三回転がりながらも受身を取ったティトゥスは体を起こす。数秒前まで立っていた場所は、先程の一撃で大きなクレーターとなり、周囲には燃えて焦げた木々の残骸が飛び散っていた。

 クレーターの周囲を見れば、巻き込まれたのか2、3人ほどの人間──否、先程までは生きた人間であっただろう肉塊が、無残な姿で転がっていた。

 下手を打てばティトゥス自身もああなっていたことだろう。

「紙一重であったか……む?」

 自分の傍で、先程ぶつかった少年が座り込んでいた。見開かれた視線はクレーターと足元を行き来し、その足元に落ちているのは……



 千切れ飛んだ、小さな腕。



「あ、ああ……父さん……母さん……マユ……」

 少年の呟きに、ティトゥスは彼の境遇を理解した。

(家族を亡くしたか……)



「あああ……ウアアアァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!」



 家族を奪った一撃を放ち、今もまだ空で戦う機械天使に向かって、

少年は怒りと悲しみに満ちた叫びを上げた。



 駆け寄ってきた軍人に支えられて、少年は船のほうへ歩いていく。その表情は魂が抜け落ちたかのように虚ろで、軍人も彼を歩かせるのに苦労しているようだ。

「お~いキミ~。君も避難する民間人かい?」

 少年を見ていたティトゥスは、別の軍人に声を掛けられて我に返った。

 細身の体に無精ひげ、つば付きの帽子──軍服とは合っていない、私物だろうか?──を目深く被った、あまり真面目そうには見えない男だ。

「……うん? キミ、失礼なこと聞くようで悪いんだけどさ……そのカッコ趣味か何かかい?」

 そう言われて初めて、ティトゥスは今の自分の格好を認識した。

 ティトゥスの服装は浪人のようなイメージの黒装束、そして腰に下げた二振りの長い刀。

 一般人の目からすれば完全に『サムライのコスプレ(微妙に間違った解釈の)』である。怪しさ大爆発だ。

 流石のティトゥスも、今の状況でこれは拙いと理解する。なんとか言い訳を考えようとした直後、

「とりあえず、その刀本物かどうかを……ってのわああああああ!!!」

 ドスンッ!!!と大きく地面が揺れると同時に、ジャンプで跳んできた巨体が船の傍に着地した。

「くっそ~!! 大西洋連合のモビルスーツ!! よりによってこんな所まで!!!」

 別の軍人がマシンガン片手に吼える。こちらはガタイのいい、いかにも熱血軍人といった風体のコワモテな男だ。

 水色の巨人──大西洋連合のMS《ストライクダガー》は、

バイザー型のカメラアイで周囲を見渡し、その視線を船の方向で止めた。

 避難民が乗っているのを知ってか知らずか、ともかく目標を船に定めたのは間違いない。

「マズイ!! 総員迎撃っ!! 船をやらせるなーっ!!」

 軍人達はマシンガンを撃ちまくるが、MSの装甲の前には豆鉄砲以下、全くダメージを与えられない。逆に頭部に装備されたバルカン砲を撒き散らされ、衝撃と土煙に吹き飛ばされる。

当たらなかったのは運ではなく、相手に遊ばれているのだろう。

「アイタタタ……どうしろってのあんなの相手に~っ!!」

「しっしかし!! このままでは避難民達が!!!」

 地に伏しながら、軍人達は唯々無力さを噛み締める。

 船の入り口で軍人の背に庇われる少年は、未だ虚ろな目のまま。

 そしてストライクダガーは右手のライフルを船へと向け──



 その時、

「……えっ?」

「おっ、おいおいアンタっ!?」

 土煙の中サムライが一人、巨人の前へと立ち塞がった。



 ティトゥスは、MSの前で微動だにせず立つ。

 後ろで軍人たちが何か喚いているが、頭まで届いていなかった。

 MSは頭部バルカンの狙いをティトゥスに定めたまま動かない。警戒しているのか、ただ舐めているだけか。

 ティトゥスが刀に手を添えた瞬間バルカンは火を噴き、ティトゥスの立っていた地面に土煙が上がる。

 誰もがティトゥスのミンチになった姿を想像した。

 が、実際に目の前にあったのは抉れた地面と、一瞬でMSの右足に肉薄したティトゥスの姿。

「……ふっ!!」

 短い気合と共に、抜刀。右手の長刀が装甲に迫り……軽い金属音を立てて、止まる。

(ちっ……)

 心中で舌打ちする。しかしティトゥスにとってこれは予想の範疇だった。

 先程の斬撃は実のところ全力ではない。魔術を行使できない今、異空間より予備の刀を取り出す事が出来ない故、全力でぶつかって手持ちの刀が破損するのは避けたかったのだ。

 それに、軽い一撃でも相手の装甲強度と、今の己の全力がどの程度なのかを理解することはできる。

 結論は、『今の力では、全力でもこの装甲を斬る事は出来ない』。

 しかし、だからと言って勝機が無い訳ではなかった。

 接近され過ぎ、ライフルもバルカンも狙えない敵の攻撃方法は、四肢による直接攻撃のみ。

 案の定ストライクダガーは右足を上げ、ティトゥスを踏み潰そうとしてきた。

 ティトゥスは跳躍してそれをかわし、そのまま左足へと跳ぶ。

 両手に煌く刃が狙うは、左膝の裏側。



 人間にとっても脆い部分である、脛と腿の間──膝の関節。



「……斬っ!」



 軍人達も、MSのパイロットも、虚ろな眼だった少年すらも──ティトゥスを除くその場にいた者は全員、驚愕に目を見開く。

 膝の関節を分かたれ、バランスを崩したストライクダガーは

背中から引っ繰り返って盛大に大地を揺らした。



 ティトゥスは着地し、ストライクダガーが動かないのを確認してから刀を鞘に収める。

「……あ~、とりあえず。パイロットを引きずり出して拘束すんぞ」

 まず細身の軍人が我に帰り、その言葉に他の軍人たちも動き出す。

 ストライクダガーによじ登り、コクピットを外から強制的に開く。パイロットは機体が倒れた拍子に

気絶しており、軍人達によってすぐさま拘束された。

(……つまらぬ)

 それを眺めていたティトゥスは、心中でそう呟いた。

 ティトゥスがMSに刃を向けたのは単に己に害をなしかねなかった故ではあるが、正直手応えのある戦いを期待したところも、少なからずあった。

 だが戦ってみれば手間取りはしても特に難儀する事もなく、操縦者に止めを刺す気も失せた。

 むしろ、動揺と力が衰えている事を考慮しても、その程度のことで手間取った己に憤りを感じていた。

「いや~助かったよ。アンタがいなきゃオレ達も避難民も皆御陀仏だったろうからな」

 思考に耽っていたティトゥスを、男の声が現実に引き戻す。細身の軍人がティトゥスに近づき、素直に礼を述べてきたのだ。

「しっかしスゲエ事やったもんだ……アンタ、コーディネーターかい?」

「……? いや……」

 聞き慣れぬ単語にティトゥスは困惑の表情を浮かべる。

 単語の意味自体も分からぬし、自分があの機械人形を倒したことで何故その《こーでぃねーたー》というものに繋がるのか、理解できなかった。

「ま、んなことはどうだっていいや。それよりも、だ。悪いんだが……」

 軍人の言葉に少々、真剣さと緊張が混じった。

「アンタには聞きたいことが山ほどある、ご同行願えるかい?もちろん拘束はしない……

 するだけ無駄だろうし、何より恩人にすることじゃないからな」

「……承知した」

 軍人の言葉に、ティトゥスは僅かな間思案し……頷いた。



戻る】【