Top > KtKs◆SEED―BIZARRE_第48話
HTML convert time to 0.024 sec.


KtKs◆SEED―BIZARRE_第48話

Last-modified: 2011-12-26 (月) 17:10:29
 

 『PHASE 48:覚悟の時』

 
 

 アウルが倒されてからも、シンは粘り強く戦い続けていた。」
だがシンにはそれが戦いといっていいものか、もはや自信がなくなりつつあった。

 

強い。それは今更言うまでもないことのはずだが、それでも認識以上に強いと言わざるを得ない。
シンも『SEED』を目覚めさせているのに、その反応速度、その空間把握能力を更に上回っている。
シンはもはや攻撃にまで手が回らず、完全の防御のみを行うことで、どうにかしのいでいる状態だ。
だが、ことはただ力の強弱の問題でもなかった。
それは、アウルも撃ち抜かれる瞬間に感じ取った、キラの『虚無感』。
まるで機械か、何かの現象と相対しているような、生き物らしからぬ気配。
それを味わうがゆえに、シンはこのままでは駄目だと確信する。
たとえ仮に、ストライクフリーダムを撃墜することができたとしても、
それはキラ・ヤマトに勝利したことにはならない。
なぜならキラはここには『いない』から。
ここにいるのは、ただの何物でもない自動戦闘機械に過ぎないから。
たとえ倒したとしても、意味が無い。
それでは皆の、ポルナレフの、アスランの想いを、果たすことはできないから。
だからシンは、まずキラを人間にするところから始めなくてはならなかった。

 

(とはいえ、どうすりゃいいんだ?)
 シンは自他共に認める、単純な頭を振り絞って考える。
(今のこいつは人間ではない。なぜだ?
 洗脳………いや、洗脳にしても、洗脳を受け入れてしまう下地があったのだろう。
 アスラン隊長の話は、少しは通じたというから、その後………隊長が落とされて?
 友達を失ったと思ったショックで?)
 銃弾のような速度と、一突きで針の穴も通すような精密さと、
背筋も凍る冷たさとが同居したビームサーベルの一閃を、デスティニーはかろうじてかわす。
その間も、シンは思考を緩めない。
(心を閉ざした。なら心が開くくらいに、人間らしい感情を爆発させる………
 それなら簡単だ。要は………驚かせてやればいいんだ)
 シンはごく単純に、明快に、答えを導き出す。
しかしその回答を出すための公式をどうするかであるが………

 

「ないわけじゃ、ない。やってみるか」

 

   ◆

 

「ほれほれどうした兄ちゃんたちよぉ! もっと頑張んなくちゃ、そろそろぶっ殺しちゃうぜぇ!?」

 

 心底楽しげな、とことん邪悪な笑い声が、ポルナレフたちに向けられていた。
(くうっ、調子に乗りやがって! だが不味いのは確かだぜチクショウ!)
 現状は完全に防戦一方だった。
既にアヴドゥルの体はほとんどフジツボに覆われ、花京院の左腕を完全に侵食していた。
アヴドゥルは言うに及ばず、花京院ももはや歩くのも精一杯という様子で、息を荒げている。
とても攻撃の余裕はなく、ポルナレフとイギーとで、ゲブ神とダークブルームーンの攻撃を
防ぐことしかできない。
(相変わらず憎たらしい敵だぜ。
 地力は大したものじゃないが、水中に敵を引きずり込んだり、力を吸収したりと、
 敵の力を下げる戦法は一級というしかねえ。
 だが逆に言えば、この戦法に何か穴を見つけることができれば、戦況は覆る!)
 テニールの強さは奇策の強さだ。正道のものではないゆえに、読みづらく、かつ嵌れば非常に危険だ。
しかし破られれば二度は使えず、敗れるしかないという欠点もある。
「花京院。なんかいいアイデアはねーのかよ。やべえぞこのままじゃ」
「わかっているが………正直これという案は無いな。
 奴とゲブ神のンドゥールとの連携はまさに完璧だ。付け入る隙が」
 無い。そう言おうとしたところで、花京院に疑問が生まれた。

 

「ん! どうした、何か思いついたか!?」
「いや………アイデアというわけじゃないんだが、奴らの連携が少々完璧すぎるような気がしてな」
「何? どういうことだ?」
 ポルナレフの訝しげな声に、花京院は答える代りに、
気力を絞ってハイエロファント・グリーンの腕をテニールに向け、
「エメラルド・スプラッシュ!!」
スタンドエネルギーによる弾丸を発射した。10発の弾丸は正確にテニールを襲うが、
すかさずカーテンのように広がったゲブ神の水が、テニールを守った。
「だから効かねえんだよ。物分かりの悪い奴らよの~、くっはっはっはっは!」
 嘲笑するテニールは無視し、花京院は己の疑問を更に深めた。

 

「ポルナレフ………いくらゲブ神を操るンドゥールの聴覚が優れているといっても、
 あの反応速度はさすがに速過ぎるとは思わないか?」

 

 そう言われ、ポルナレフは考え込む。
「………確かに、この至近距離で、発射された後のエメラルド・スプラッシュの風切り音を聞いた後で、
 行動して間に合うというのはちと厳しいか? だが微妙………絶対無理ってほどでも………」
 そこでアヴドゥルが口をはさむ。

「いやポルナレフ。確かに、ンドゥールの力を持ってすれば絶対に無理とは言わない。
 だが危険はある。そんな危険に、あのテニールが身を委ねると思うか?」
「………確かに。じゃあやはり、もう少し確実な手段で、こちらの攻撃を捕らえている?」
「ああ。そう難しい話じゃない。
 この場ではハイエロファント・グリーンは得意の身を隠しての行動もできない。
 ハイエロファントが攻撃態勢をとったら、その瞬間に動けば間に合う。
 ただ、目が見えるなら攻撃の前兆を捕らえるのは簡単だが、ンドゥールには……」
「無理だな。とすると………テニールが」
「何かしらの合図を送っている可能性が高い」
 しかし、テニールは動いていない。ンドゥールに合図をするには音を出す必要があるが、
 そういった動作はしていない。無線か何かで連絡を取っている様子もない。
「ではどうやって………」
「………私にアイデアがある」
 アヴドゥルがほとんどの力を吸い尽くされた体から、本当に最後の残りカス程度の力を振り絞り、
スタンド、『魔術師の赤(マジシャンズ・レッド)』を発現させる。
鳥人が胸の前に掲げた手と手の間に、炎の塊が浮かぶ。
炎は膨れたり縮んだりと形を変えながら、大気を炙って揺らがせていた。

 

「たった一度のチャンスだ。もう力は完全に尽きる。一度ですべてを決めてくれ」

 

   ◆

 

 キラはどこまでも正確に、ストライクフリーダムを操っていた。
 その動きに微塵のブレもない。

 

 あらゆる行動が最善最優。その正確さはまるで未来でも見えているかのような、
敵の方から攻撃に当たりに行っているかのような、いっそ魔的なものを感じさせた。
しかし幾度、敵を落とそうと、屠ろうと、そこには高揚感も満足感もない。哀しみも後悔もない。
ただ機械のように、ただ成すだけ。他に何もないから、ただ息をするように戦争する。
すでに心は動いていないキラであるため、今までで最も長く攻撃をしのぎ、
生きながらえてきたデスティニーという敵に対しても、驚きも苛立ちも持たなかった。
ひときわ強い敵であっても、敵である以上、攻撃して倒すこと以外にすることはない。
手強かろうと恐怖することも焦ることもない。キラにはわかっていた。
このまま攻撃していれば、いつかは確実に落とせると。
それは、将棋やチェスの名手が、何十手先も読み尽くし、
何十手前からでもどちらが勝利するか読み取れるようなもの。
最善の手を撃ち続け、相手の手を読み続け、最終的にこれ以上ない完璧な最後を迎える。
それは誰を相手にしようと、変わらぬ末路だ。
必ず勝てると理解しているからこそ、その勝利はもはや約束されているからこそ、
キラの心は平静で空っぽで、どうとも感じることはなかった。
高揚感も罪悪感も、何一つ思うことはなかった。

 

(次の攻撃は右からサーベルで振り下ろし、次にやや下がりライフルを向ける。
 攻撃と攻撃の合間にビーム砲撃………それで終わり)

 

 そしてついに、キラはチェックメイトの時間に到達した。
予測通り、デスティニーの斬撃が来る。
それを最低限の動きでかわし、かすめるギリギリの距離を通過していく光の刃を、恐れもなく確認する。
その後、やはりこれも予測通り、後ろに退いたデスティニーに向けて、すかさずキラは砲撃を行った。
完璧なタイミング。かわす余地はない。実際、かわすことはできなかった。
ビームは命中し、そしてまた一つ、喜びも哀しみもない勝利が、キラの履歴に追加される………
………はずだった。

 

「………? え?」

 

 キラのもはや思考とは言えない、ただ勝利の方程式をはじき出すだけの機械的な脳に、
一瞬ノイズが走った。
ありえないバグ。間違った現実。
キラは運命を覆す不条理に出会ったかのように、呆然と、健在なデスティニーを見つめていた。
「な、何が一体………」
それは、太陽が西から昇るようにありえないことだった。
当たらなかったのならわかる。
だが、確かにビームが直撃してなお、何事もなく存在しているのはどう考えてもおかしい。

 

「何だ。なぜ? なぜ!?」
 理解不能の文字が、キラの脳を駆け巡る。しかし、ただ混乱していてはやられてしまう。
キラは混乱しながらも、その体は自然と最善の動きをとっていた。
デスティニーからのビームを素早くかわすと、3回連続でビームを放つ。
そのうちの一つが、デスティニーを突き刺した。
だがそのビームもデスティニーの体表で弾け、跳ね返ってしまう。
「馬鹿な………!」
 キラの心の中は、混乱を超えて、もはや恐怖の域にさえあった。
いくらなんでも、デスティニーにここまでの強度があるわけがない。
人間でいえば、銃弾で撃たれたのに弾を弾き返したのと同じだ。理不尽極まる光景だった。

 

(こんなことがあるはずない! このストライクフリーダムだってビームが直撃すれば破壊される。
 撃って壊れないMSなんてそんなものが………ハッ!)

 

 そこで、キラは思い当たった。撃って壊れないMS、そんなものが存在するのだと。

「………そういうことかッ!」

 恐怖、それは謎あるがゆえ。理解してしまえば、もはやそれは恐怖たりえない。

 

「やあああああああああッ!!」

 

 雄叫びと共に、キラは一直線にデスティニーへと突進した。
デスティニーはその突然の攻撃に意表を突かれたか、まごつきを見せた。
あっという間に間合いを詰めたストライクフリーダムは、踊るような機敏さで回転しながら、
デスティニーの背後に回り込んだ。
デスティニーは振り向こうとするが、まだ反転が終わらぬうちにストライクフリーダムの攻撃が
運命の名を持つ機体を襲った。
嫌な音を立てて、デスティニーの左腕が砕け折れて吹っ飛んだ。
ストライクフリーダムが放ったのは、腰に備え付けられていた
『MMI-M15E クスィフィアス3レール砲』、電磁誘導によって弾丸を動かし、高速で発射する、
いわゆる電磁レールガンである。
ビームに比べて強力と言うわけでないにも関わらず、その攻撃は確かに効いた。

 

「ビームははじくが、実体弾は普通に効果がある。
 やはりそうだ………お前はさっきまでの相手じゃ、ない!!」

 

 キラが断言すると同時に、デスティニーの姿が揺らいだ。
揺らぎは次第に大きくなっていき、ついには機体の姿がほつれる様に裂けはじめた。
そしてその裂け目から、光が漏れる。それは目もくらむような黄金の輝きだった。
「いつの間に入れ替わったんだ………アカツキのパイロット!」
 デスティニーの姿が消えた後に残されたのは、全身金色に彩られたMS、
ビームを跳ね返す鏡面装甲『ヤタカガミ』を備えた『ORB-01・アカツキ』。
ウェザー・リポートの乗るMSであった。
「もうばれたか。だが目的は達成できたようだ」
 ストライクフリーダムからの通信を拾い、ウェザーは笑う。
彼の天候操作により、空気を歪めて蜃気楼を造ってこっそりと入れ替わり、
アカツキをデスティニーと思い込ませていたのだ。

 

「このっ!」
「アンタの相手は俺じゃないぜ」
 キラはビームサーベルで、鏡面装甲に覆われていない目の部分を突き破ろうとするが、
ウェザーはそれ以上相手にすることなく退く。
片腕を失ったアカツキは、もはやこの戦いでは足手まといと判断し、戦線離脱した。

そしてアカツキと場を入れ替えるように、デスティニーが脇から現れた。
蜃気楼ではなく、本物のデスティニーであり、シン・アスカだ。

 

「よくやってくれたウェザー。そして、ようやく会えたなキラ・ヤマト!」
「何を言っている!」
 シンからの通信に、キラは怒り混じりに言う。
ようやくも何も、今まで戦っていたというのに、何を今更言っているのか。そう思ったゆえの言葉だった。
だが、シンの考えは違っていた。
「今まで俺と戦っていたのはアンタじゃない。ヴェルサスに操られた殺人機械だ。
 だが今のアンタは、どうにかちゃんと『人間』だ」
 そうでなければ、小細工を使われ、欺かれていたと知ったことで怒りを抱いたりはしない。
こちらの言葉にわざわざ答えたりはしない。
キラの予想も想像もしていなかった不条理をぶつけることで、
キラに驚きという人間らしい感情をもたらずことに成功したのだ。
そして、いったん感情が漏れ出せば、そこから催眠は解けていき、
そして今、ようやくシンは本当の『キラ・ヤマト』と出会えたのだ。
「そう、こっからだ。こっからが、ようやく本当の、戦いだ!」
「何を言っているんだ………何を考えている!」
「俺の考えていることは、たった一つだぜ。たった一つのシンプルな望みだ」
 シンは己の心からの言葉を口にする。それは単なる宣言ではなく、自分自身への誓いの言葉だった。

 

「『俺はアンタをぶっ倒す』」

 

 対するキラは、一瞬気圧されたように黙り込み、やがて暗い声を捻り出す。

 

「………やめてよね。君なんかが、僕に勝てるわけ………ないだろぉ!!」

 

 激高と共にストライクフリーダムの剣が振るわれる。
その剣筋は、激高していてもなお、確かで精緻なものであった。
激しさが加わった分、先ほどまでより恐ろしくなったかもしれない。
しかしそれを、シンは巧みに受け流し、

 

「上等だ! 俺の名はシン・アスカ!
 アンタと戦った我が師、J.P.ポルナレフの雪辱を晴らすため、
 僚友アスラン・ザラの想いを継ぐため………
 このデスティニーを持って、アンタを倒す! キラ・ヤマト!!」

 

誇り高き騎士の如く凛々しく、ストライクフリーダムへと真っ直ぐにビームサーベルを突き付けて、
『カッコよく決めた』のだった。

 

「おぉおおおぉぉぉぉ!!」

 

 キラは、先ほどまでの様子では考えられない雄叫びをあげ、ビームサーベルを両手に備えて突撃する。
シンはひとまずビームライフルを放ち、牽制をするが、
キラはビームを避けるでなく、シールドで防ぐでなく、
「こんなもの!」
 サーベルで、ビームを斬り払った。

 

「マジかオイ」
 さすがにシンも呆れる。音よりも速い光撃を斬り払うなど、師であるポルナレフにもできない。
(いや、教官が話した中に、光速の敵を斬った話があったな。
 速さは見きれなくても、軌道上に剣を置くことで、相手が自分から斬られにかかってくる……と。
 つまり、こいつは撃たれる前に、銃口の方向からこっちの射線を読んでいるわけだ)
ならばと、シンはミラージュコロイドを散布させながら動く。
すぐにコロイドにデスティニーの姿に映り、ぶれて見え始めた。
「くっ!」
 キラはビームを斬るのをやめ、シールドを構える。
デスティニーの姿がぶれて、ビームライフルの方向から、ビームの射線が見極められなくなったのだ。
防御に力を裂いたため、ストライクフリーダムの動きが鈍くなる。
サーベルが届く位置まで近づくのが難しくなり、キラはビームによる遠距離攻撃に切り替える。
高エネルギービームライフルと、カリドゥス複相ビーム砲が同時に発射された。
 デスティニーはそのビームをかわしていくが、ついに右つま先がビームにかすり、足が爆発する。

 

「こ、れくらいでぇ!!」
だがシンは怯まず、逆に思いっきり前進した。
ビームの射線スレスレを飛び、ストライクフリーダムへと突進していく。
「『逃げる』なんて高等技術、俺に使いこなせるもんじゃない。
 俺には、こっちが合っている。ですよね教官!!」
 ポルナレフの教えを思い出し、シンはフラッシュエッジ2ビームブーメランを取る。
投げられたビームブーメランは、キラのシールドを左腕ごと容易に切断し、
ストライクフリーダムの背後へ飛んでいく。
そして反転してきたブーメランはストライクフリーダムの背中に向かうが、
キラはビームライフルで撃ち落とす。片腕を失っても、その射撃に微塵の乱れもない。
だが、ブーメランを撃ち落としている間に、シンは間合いを詰めていた。
アロンダイト・ビームソードを握り、横薙ぎの一撃を振るう。
それをストライクフリーダムはバーニアを停止させ、落下してかわす。
ストライクフリーダムは斬撃をかわした後も、更に落下を続ける。
それを追い、デスティニーもまた落下していく。

 

「中々、熱くなってきたじゃないか、キラ・ヤマト!」
「黙れ………お前なんかどうでもいい………僕は戦う………いい加減に落ちろ……
 …お前を落とす………それだけが僕の全てなんだ!!」

 落下しながらビームを撃ち合い、叫び合う。
「戦いだけがアンタの全てか? 前のアンタは馬鹿で考え無しだったけど、今よりまだマシだったぞ!
 まだ自分ってものがあった! 自分の理想があって、欲望があって、我儘があったぞ!
 少なくとも、言いなりの人形なんかじゃなかった!」
「煩い……! 僕にはもう……自分のものなんて無い。みんな、失った。傷ついた。
 バルトフェルドさんは死んだ、アスランも足を失った………僕のせいだ。
 何も無ければ、もう、これ以上失わなくていい!!」
 そして2体のMSは地上へと到達する。
ストライクフリーダムは大地に立ち、片足を失ったデスティニーは、地表より少し上を飛んでいた。

 

「そんなことでか! まったく勘違いした奴だな!
 いよいよもってそのMSから引きずり出してやりたくなった!」
「君に何がわかる!」
「わかるかだって!? 知ってるんだよ!
 アスラン・ザラも、カガリ・ユラ・アスハも、ミリアリア・ハウも、
 みんなアンタのことを心配しているってことをなぁ!!」
「ッ!!」
「さっさと片付けて、あいつらに向かって『迷惑かけてごめんなさい』って言わせてやる!!」
「……だ、まれぇ!!」

 

 キラは絶叫と共にビームを乱射する。
ビームはデスティニーには当たらず、周囲のビルや道路を破壊する。
爆発と共に煙と瓦礫が飛び散り、辺りの視界を遮っていく。
「今更、こんなもんで止められるかよ!」
 乱射されるビームに対し、シンは真っ直ぐに突進する。だが、それはキラの計算通りだった。
(来い! 君の言葉を止めてやる!!)
 キラは暴走したわけではない。感情的になっていたのは確かだが、
シンを葬る策をちゃんと用意していたのだ。キラがこの場所に落下してきたのは、偶然ではない。
(君が気付いていないこと。君の背後に落ちている物。
 この爆煙で、もう見えないだろうけど……それがある)

 

 それは、さきほどキラが砕き落とした、『アカツキの左腕』。

 

(その位置は憶えている! 角度も、完璧だ!)

 そして渾身のビームが発射された。

 ビームはデスティニーの脇を通り、煙を引き裂き、アカツキの残骸へと当たって、『反射』する。
(計算通り! 反射したビームはデスティニーの背中を確実に貫く!
 周囲のビルに邪魔されて、避けることもできない! そもそも気付いているはずがない!
 これで………)
 キラの顔に、笑みは無い。喜びも無い。ただ、虚無へと戻ろうとしていた。

 だが、

 

「―――………」

 デスティニーの左手が、背中に回された。
そして、手のひらが開かれ、背後から迫るビームが、その手のひらに直撃し―――消し去られた。

 

「え?」

 

 キラはビームに当たって、なおこちらに向かってくるデスティニーを前に、完全に無防備のままだった。
それほどの驚愕だったのだ。
防いだ理屈はわかっている。デスティニーのデータはターミナルから渡されている。
その左右の手のひらに装備された『パルマフィオキーナ 掌部ビーム砲』についても知っている。
手のひらに付けられた小型ビーム砲。それによってビームを相殺させ、防いだことはわかる。
だが、

「なぜわかった! 視界も防いだはずだ! まさか、最初から僕の策に気付いて」

 その問いに、シンは簡潔に答えた。
それは、どれほど強くとも、目をそらし逃げ続けるキラには決して持てぬ物。

 

「『凄み』」

 

 そして、シンは右手のアロンダイトを振るう。キラも遅ればせながら動き、ビームサーベルを閃かせた。

 2体のMSが交差し、次の瞬間、デスティニーの首が切り落とされた。
返す斬撃で、左腕が断たれる。そして左足を失っていたデスティニーは、大地に接触し転倒する。

 

倒れ、動かなくなったデスティニーの右手に、アロンダイトは無かった。

「………俺の勝ちだ」

 

 アロンダイトは、ストライクフリーダムのエンジンを貫いていた。
更に、その胸部のコックピットには傷が刻まれ、穴が開き、キラの姿が垣間見えている。
やがてストライクフリーダムがぐらりと倒れ、大地に転がる。
その衝撃で、コックピットからキラの体が投げ出された。
「………死んじゃいないだろ? まだ、これからだもんな」

 そしてシンもデスティニーから降りる。決着をつける覚悟を持って。

 

   ◆

 

 炎が周囲を蹂躙する。アスファルトを溶かし、大量の煙を立ち上がらせ、木々を燃やす。

 アヴドゥルの必殺技、『クロス・ファイアー・ハリケーン』の威力だった。

「は………ははははは!!」

 だがテニールは笑う。なぜなら、アヴドゥルの炎によって、
テニールはまったく傷ついていなかったからだ。
「残念だったなぁ。最期の力を振り絞っても、この俺を倒せなくてなぁ!!」
 動けぬアヴドゥルの攻撃では、テニールまでは届かなかった。
彼の周囲にたゆたう、ンドゥールのゲブ神も同様だ。
「エメラルド・スプラッシュ!!」
 笑い続けるテニールに、花京院が弾丸を放つ。だが、即座に動いたゲブ神によって大多数を防がれ、
残りもテニールによって弾かれる。さきほどまでと全く同じだ。
「ははっ! だから効かねえって言ってるんだよ!!」
 もはや打つ手はないと思っているテニールは、自分からポルナレフたちへと近づいていく。
完全に調子に乗っていることがわかった。
「………行くぜ。イギー!!」
 ウオン、と返事をしたイギーを肩に乗せ、ポルナレフは走り出した。
テニールに向かい、マジシャンズ・レッドの炎に熱された空気と大地の中を。

 

「カミカゼトッコーってやつかい? 無駄無駄だぜぇ?」
 テニールが揶揄し、ゲブ神が迎え撃つ。鉄をも切り裂く爪が、ポルナレフへと襲いかかった。
「シルバー・チャリオッツ!!」
 刺突の連撃が、水の爪を貫き、かき乱す。水は飛び散り、またすぐにまとまり、また爪を尖らせる。
「だから無駄だってんだろ!」
 ポルナレフがゲブ神の相手をしている間に近づいたダークブルームーンが、こちらも爪を振り下ろす。
ポルナレフの左頬が裂かれ、血が流れる。
だがより重大のことは、その頬にフジツボもくっついたことだ。
「ははっ、これでもうお前もお終いだ!」
 増殖し始めたフジツボウロコに不快感を覚えながら、しかしポルナレフは動じなかった。
「お終い? そりゃてめえのことだろ?」
「………なんだと?」
 訝しげに唸るテニールに、ポルナレフは顎をしゃくる。
テニールは視線を動かし、そして顔を引きつらせた。

 

そこには、ザ・フールを現わしたイギーと、そしてザ・フールの顎に咥えられた、
魚型のスタンドの姿があった。

 

「てめっ! まさかそれ!」
「エメラルド・スプラッシュ!!」
 テニールが慌てふためいているうちに、花京院の弾丸が発射された。
今度はゲブ神が間に合うことはなく、テニールはまともにその攻撃を食らって吹き飛ばされ、
街灯に叩きつけられる。
「ウッゲェェエェェ!?」
 ポルナレフがテニールに近づくと、ゲブ神も襲ってきたが、
シルバー・チャリオッツの剣は、水の爪を素早く吹き飛ばした。
もはや、テニールとゲブ神は分断された。連携のとれていない今、恐ろしいことはない。
「ゲブ神の反応が良過ぎたんでな。何か仕掛けがあると思ったが、
 お前がンドゥールに連絡している様子は無い。ならどうやって? そこで、アヴドゥルの能力だ。
 マジシャンズ・レッドの炎の探知機。あいつが炎を出した時のこと、憶えてるか?」

 

『炎は膨れたり縮んだりと形を変えながら、大気を炙って揺らがせていた』

 

「あれでまず調べていたんだ。この周囲に他の誰かがいないか………そして、見つけた。
 何のことは無い。ここの状況を見て、ンドゥールに伝えていたのは、お前ではない別の奴だったわけだ。
 そこの魚みてえなスタンドだった」
 ザ・フールに捕らえられた小さなスタンド――『クラッシュ』。
この遠隔自動操縦型スタンドが、ゲブ神の中に潜み、こちらの動きをその目で観察し、
目の見えないンドゥールに伝えていたのだ。
「いるとさえわかれば、俺の目とイギーの鼻で、何とか場所はわかる。
 こちらに気付いてないと油断している奴を、捕らえるのは簡単なもんだ。
 これでもう、こちらの動きは伝わらない。望遠鏡か何かでこちらを見ようにも………」
 ポルナレフは周囲に視線を向ける。街路樹が燃え、いまだに煙が立ち昇っている。
 煙に邪魔されて、この辺りは遠くからは見えなくなっている。
 この場を見るには、この場にいて見るしかない。
「てことで、もうゲブ神は信頼できねえ。はっきり言うぞ。お前はもう」
「ひ、ひいいいいい!!」
 テニールは一か八かの攻撃を仕掛けるが、
「お終いだ!!」
 シルバー・チャリオッツの連撃によって、3階の高さにまで吹っ飛び、
終戦条約調印式の会場のあった建物の窓に突っ込んだ。

 

「おっと、逃がしちまったなこりゃ。けどまあ」
 ポルナレフは頬に触れ、フジツボが取れていることを確認する。
アヴドゥル、花京院の二人の体からも、フジツボが剥がれ落ち消えていっている。
「あいつはもうリタイアだろう。あとは………」
 残ったゲブ神は、ポルナレフたちにはまったく頓着せず、イギーへと走った。
シルバー・チャリオッツとハイエロファント・グリーンが攻撃し、その体を飛び散らせるが、
ソフトボール2個分程度の大きさだけとなって、なおイギーに向かって走る。
「グオンッ!!」
 イギーは吠えて、ザ・フールをけしかけるが、ザ・フールのスピードは速い方ではない。
攻撃は外れ、ゲブ神は捕らえられたクラッシュに触れた。
あの程度の大きさのゲブ神では、ザ・フールを破壊することは難しいと思われたが、
クラッシュはゲブ神に包まれたかと思うと、一瞬にしてその場から消滅した。
クラッシュの特殊能力、水から水へと瞬間移動する力だ。

 

「!?」
 ポルナレフたちが驚いていると、ゲブ神は急に形を崩し、大地に流れ落ちる。
シルバー・チャリオッツが剣を突き立ててみたが、もはやスタンドパワーは感じられず、
ただの水に戻っている。
「………逃げたみたいだな」
 策が破れた時点で、この場は諦めたらしい。
「ひとまずは、我々の勝利ということですか」
「そのようだな」
 花京院とアヴドゥルも頷く。しかし、二人ともフジツボに力を吸い取られ、
もう立っていることもできない様子だ。危ないところだった。

「だが、あの魚………瞬間移動か? 厄介なのがンドゥールとコンビを組んだみたいだな」

 ポルナレフは、いまだに残った復讐者のことを想い、ため息をつかずにいられなかった。

 

   ◆

 

「失敗だ。離脱する」

 

 ビルの頂上に立つンドゥールは、傍らの男に呼び掛ける。
その男はスクアーロ。目の見えぬンドゥールに、視覚情報を教えていた、
『クラッシュ』のスタンド使いだ。
「ああ………だがテニールはいいのか?」
「助けるほどの義理は無い。所詮、金のみによる絆だ。お互いにな」
 スクアーロにしても、真剣に助ける気はなかったらしく、あっさりと納得する。
「俺としても目的がある。これ以上危ない橋を渡る気はないが………これからどうする?」
「ヴェルサスからの命令は果たした。俺の目的は、今はまだ果たせんようだ。
 これ以上、この国にいることはない」
「わかった。まあしばらくはコンビを組ませてもらうぜ。俺の本当の相棒が見つかるまではな」
 スクアーロは、おそらくこちらに来ているであろう、共に命を散らした友のことを想った。
「ああ………ヴェルサスが何をするつもりか知らぬが、下手にこの場にとどまって巻き込まれる気はない。
 この国は早々に出るとしよう」

 

 ンドゥールたちは、歩き出す。
それぞれの目的の為、未来の為、悪であり続けながらも、彼らは歩いていくのだ。
大切な人を心に宿して。

 

   ◆

 

「ヘイ、キラ・ヤマト。起きな。まだ終わっちゃいないぜ」

 

 シンはコックピットから飛び出し、まだ倒れたままのキラに呼び掛ける。
キラは薄く目を開くと、ゆっくり上半身を起こした。
「まだ、僕に用があるのかい?」
「当たり前だ。まだ半分くらいしか、達成できちゃいない」
「………僕を殺すのか?」
「今のアンタは殺すまでも無く、死んでるようなモンだ。
 許すわけじゃないが、殺したところで、どうなるもんでもない。だからここは逆に考えてみるさ」
 シンはキラに向けて、手を伸ばした。
「帰って来い。隊長たちのいる方に」
 それが、シンの目的のもう半分。
ブッ倒すことで、目的の半分は果たしたが、そっちがまだ残っている。

 

しかしキラは力なく首を横に振り、
「………無理だ。僕には、もうそんな資格はない。
 僕には、もう戦って、人を殺すしかできないんだ。
 そんな僕が、アスランやカガリのところに、行けるわけないだろ」
 予想通りの返答に、シンはため息をつく。
「本当にわかっちゃいないなアンタ。それでも、アスラン隊長たちは、
 そんなアンタでも帰ってきてほしいって思ってるんだ。
 それにな、アンタは、戦うだけの人間じゃないさ」
「知ったふうなことを言うな!!」
 キラは涙を流して激昂する。この怒りはシンへのものか、自分へのものか、
どうにもならない運命とやらへのものか、それはわからない。
それほどキラの心はもうグチャグチャで、どうしようもなくなっていた。

 

「はぁ………わかった、俺が証明してやるよ。アンタがまだ、救われる価値があることをな」

 

 そしてシンは、拳銃を抜いた。
一瞬、キラはビクリとするが、シンから殺気のような感情を感じられず、疑問そうに銃を見つめる。
対するシンは、思い出していた。
ロドニアのラボで聞き、そしてキラと海上で戦った時に思い出した言葉。

 

『一つだけアドバイスだよ、お兄ちゃん』

 

 それはどことも知れぬ、闇の中での言葉。

 

『もしも心迷った時は……』

 

 大切な家族からの言葉。

 

『撃つべきじゃないよ』

 

(わかっているマユ。俺はもう覚悟を決めた。俺はもう――)

 

 シンは銃の安全装置を外し、その銃口を、

 

(迷わない!!)

 

 己のこめかみに向けた。

 

 ドゥンッ!!

 

 銃声が響いた。銃口からは硝煙が立ち昇っている。
だが、放たれた弾丸は、シンの脳を撃ち抜いてはいなかった。
銃を握っていた腕は、別の手に掴まれ、銃はこめかみから引き離されていたから。
「………ほら」
 シンは、自分を押し倒し、自分の手を必死の表情で掴んでいるキラに、声をかけた。
「やっぱりアンタ、戦いだけじゃないですよ」
「き、君は、何をやったかわかっているのか!
 今、僕が君を止めなかったら、死んでしまっていたんだぞ!!」

 

 実際、引き金は引かれている。銃弾は放たれている。
もし、あの一瞬でキラが飛び起き、シンを突き倒し、その手を引っ張らなければ、
確かにシンは、今頃脳漿を地面にぶちまけていただろう。
「ああ………けど、アンタは止めてくれただろう?」
「………そんな、そこまで、そこまで僕を信じたっていうの? こんな僕を、信じたって言うの?」
「うぬぼれるなよ。そこまでアンタのことを信じちゃいないさ。
 けど………アスラン隊長や、カガリ代表は、アンタのことを信じている。
 俺は彼らのことは、まあ大体は信じられる。だから、彼らが信じるアンタを信じることにした。
 それだけさ」
 シンは呆然としているキラに、続けて言った。
「それよりさ、アンタはまだ、人の命を助けられるだけの、力と心がちゃんとあるじゃないか。
 まだ、アンタは落ち切っちゃいない」
 キラの顔が、クシャクシャと歪む。
「だから………こっちに来い。そして、彼らに会ってやってくれよ」
 キラの双眸から涙があふれ、彼は声をあげて泣き出した。
何分か、何十分か、泣き続けた後、キラは力尽きたように眠りに落ちた。
その寝顔は、どこにでもいる少年のものと、何も変わらなかった。

 

「………さて」

 

 そしてシンは立ち上がり、その足を会場の方へと向ける。
デスティニーが壊れた今、もう彼はこの戦場から撤退するべきなのだろうけど、シンには感じられたのだ。
そこで、何かが起きると。何かが待っていると。
それは『SEED』の力か、『凄み』か、ただのなんてことのない『勘』なのか、わからないが、
シンは行くことに何の疑問もなかった。

 
 

 かくして、一つの決着がつき、シン・アスカは次なる決着をつけにいく。

 

 既に覚悟は、できていた。

 
 

TO BE CONTINUED