Top > LOWE IF_vKFms9BQYk_ダブルキラ(MSが手に入るまで)
HTML convert time to 0.002 sec.


LOWE IF_vKFms9BQYk_ダブルキラ(MSが手に入るまで)

Last-modified: 2007-11-11 (日) 21:38:58

ダブルキラ(MSが手に入るまで)

「議長、私に用って何ですか?」
 仮面の男がギルバート・デュランダルのいる執務室に入ってきた。
「クライン派が動き出した」
「私に何をしろと?」
「ミネルヴァに行ってほしい」
「教官を辞めろと?」
 デュランダルは仮面の男の言葉に頷く。
「しかし議長。私の機体がありませんが?」
「大丈夫だ。君が要望していた物は完成している。しかし、なぜストライクなんだい?」
「ストライクには、思い入れがあるんですよ。ストライクのスペックは・・・」
「ああ、君の要望どおり全スペックあげている。あんな化け物、君は乗りこせるのかい?」
「と言いますと?」
「君のストライクは設計上、現存するMSの中で最高峰の推進力を誇っているそうだ。
 20Gの負担が体にかかると技術者が言っていたが。テストパイロット達は数分も持たなかったらしい」
「判りました。しかしなぜミネルヴァなんですか?」
「ミネルヴァが一度、ラクス・クライン達と戦闘をしているらしい」
 デュランダルの言葉を聞き、仮面の男は笑みを浮かべた。
 その笑みは歓喜ではなく憎悪が混じっているように見えた。
「その命令、受けましょう」
 仮面の男はデュランダルに敬礼をすると、部屋から退出した。
「キラ・ヤマト。君が向かうその先には何があるというのだ。
 何もないのかもしれないな」
 デュランダルはテーブルの上に置いてあるチェスの駒を一つ動かした。


 ストライクの入手方法が自分でも無理やりって感じがしますね。
 仮面の男は軍養成学校で教官をしています。なぜしているかは、別の話で書けたらいいと思います。

【戻る】