Top > R-18_Abe-OOCB_01
HTML convert time to 0.005 sec.


R-18_Abe-OOCB_01

Last-modified: 2007-12-27 (木) 10:13:29

少し話は戻る・・・

 

ソレスタル・ビーイング 代表室
初老の男性がまるで憧れのお姉さんを待つ少年のように待っていた

 

「フフッ、ハッテン場に入り浸ったかいがあるもんだ・・・」
とwktkしている内に一人の男が入ってくる
「ようこそ阿部君・・・」
「あんたがここの代表か・・・ ん?あんたはさっきの・・・」
「私はあそこをよく利用しているのでな、では美しい君の肉棒をみせてくれないかね」
暴君を曝け出す阿部、代表ことイオリア・シュヘンベルグは「でかした」級のスマイルを見せた
「大きいな・・・ 早速私の部屋へ案内しよう」
「そうこなくっちゃ」

 

それから数分後・・・

 

事を終えた、二人は話し合っていた
「そうか、愛機が壊れてしまったのか・・・」
「部品をくれないか」
「許可する。部品は倉庫にあるので好きに使いたまえ、君のMSはこちらに運ばせるように手配しておく」
「すまないね、ところでこの組織にはいい男はどの位いるのかい?」
「いるぞ、とびっきりの美少年と美青年がね」
「そいつは楽しめそうだな、ンフフフフフ」

 

後日、艦のトップが女だと分かり、大いに揉めに揉めたが、
阿部専用の公衆トイレ型の個室(分離可能)を増設と戦術予報士の作戦無視を条件に事なきを得た

 

とか得ないとか

 
 
 

AEU、基地

 

「あれが新型か、美少年は乗っていないのが残念だ」
と美少年キラーかつユニオンのエースことグラハム・エーカー

 

「私は熊系の方がありがたいのだが」
グラハムとマブダチのビリー・カタギリ

 

演習開始、その新型機イナクトのパイロット、パトリック・コーラサワー
なんだか甘ったるくて弾けそうな名前だが、腕は確か
「ダイエットコーラって飲めば飲むほど糖尿病予防になるんだぜ」
と少しおつむが足りていないのが玉に傷であった

 

とまあ、なんやかんやでエクシアとデュメナスが乱入して、MSらをフルボッコにしていた時
インモラルOOが降下してきた
「阿部、お前は一応フェイズ2だ、忘れたのか?」
「女の作戦は信用できないのでねえ・・・ま、試運転ついでに味見をしに来たのさ」
インモラルOOの姿を視認した戦闘機は攻撃を仕掛けるが、正面切って回避される
「なんだあのアンノウンは!?早い、他のアンノウンより早すぎる!!!」
「ンフフ・・・ いただきます」
戦闘機をもはや逃れることはできんぞと言わんばかりに捕まえ、
ツナギ型の装甲を半分ほど脱ぎ、より強化された一物を展開させた
「早速、新しい力を試させてもらおうじゃないの」
股間からサーモンピンクのビームバーが伸び、みるみる赤みを帯びサーモンレッドへと変色する

 

「フンッ!」

 

「ア  ッ  ー  !」

 

『ゲイ・ボルグR』・・・RはRushのRである、ゲイ御用達のあのドラッグが由来だ

 

「速度は速いが… 装甲が薄くて感度がいいじゃないの」
「何で―― こんなに素晴らしい事をしなかったんだろう・・・」
とまあ、以前は意識途切れてしまったが、改良によりその場で陶酔感に浸れるようになったのだ
「この時代の男も食いがいがあるじゃないの」
「阿部、早く宇宙へ上れ!フェイズ2が開始するぞ」
「仕方ないねぇ、事が終わったら刹那、やらないか」
「邪神様の許可無しには、俺は誰ともやらない」

 

刹那Fセイエイ、神はいないが邪神を信じるノンケで口数が少ない美少年

 

「つれないねえ~」
「ノンケの刹那にはまだ早いって、それより今晩の相手は阿部にロックオンしたのでやろうぜ」

 

ロックオン・ストラトス、彼は狙った獲物は男でも女でも構わず食う両刀な男である
ちなみに誤射はしない

 

「ひゅう♪また楽しませてくれよ」
宇宙へ上がるインモラルOO
「邪神様、阿部にご加護を・・・」
エクシアは気だるそうに、宇宙へ昇って行くインモラルOOに祈りを捧げた
「刹那はロックオンしてんだぜ、阿部・・・」
ロックオンは刹那のお尻をロックオン中なのである

 
 
 

人革軍ステーション、パーティ会場
そこにはセレブ(笑)なパーティが開かれていた。

 

中華まんこと王留美、同人誌でやられる可能性高し

 

「始まるわ…ソレビーで世界の気を惹いちゃえ(笑)」
「ビッチが」
と嫌々中華まんのお守りをする紅龍であった

 
 

プトレマイオス、ブリッジ

 

突然ですが、スメラギ・李・ノリエガの戦術予報のお時間です
「今日のテロリストは冥王星人と魔王星人が冥殺界だから人革軍にテロが起きるわ、以上」

 

「ちょっwww何妙な占術士みたいなこと言ってんるんすかwww」
リヒテンダール・ツエーリ、かなりのお調子者だ

 

「何よ369歳の有名占術士の本とY.I氏作成の戦術予報システムに文句あるの?」
「エセ占い師の顔も見飽きたぜ」
ガチムチ六尺兄貴のラッセ・アイオン

 

「信じないと地獄に落ちるわよ」
「信じますから、ウォッカ一気飲みしないでください」
クリスティナ・シエラ、艦内では常識人で通っている

 

「また注意したら次は火ぃ、吐くわよ」
「・・・汚物はてめーだ」
小声で呟くフェルト・グレイス、最年少

 
 

とまあ、スメラギの予測?通りテロリストが奇襲攻撃が開始された
テロリストへ情け容赦ない攻撃を開始する2機のG
「阿部さんまだかな・・・」
ガンダムヴァーチェを駆る阿部さんにベタ惚れのティエリア・アーデ

 

「阿部、遅いぞ」
ガンダムキュリオスを駆るクソ真面目なアレルヤ・ハプティズム

 

2機のGによるテロリストの駆逐が始まった

 

「阿部さん、テロリストの初釜を頂に、今参上!」
股間から放出されるGN粒子と共に地球から現れるインモラルOO
テロリスト達は尻筋に寒気がはしった

 

「さて、誰かやらないか」
「なんだあの変態は、市ねぇ!」
インモラルOOに襲い掛かるテロリストの機体
しかしあっさりとかわされる
「くそっ、なんだこいつは、化け物か!」
あらゆる物理法則を無視して弾丸を避けるインモラルOO
「からだのどこかに当たってくれ!」
「遅いね、せめてあっちの方も遅いといいねぇ、フンッ」
「ア  ッ  ー  !」
次々とテロリストらを犯していくインモラルOO
「流石阿部だな、攻撃手段は褒たものではないが」
「阿部さん、抱いてよ」
「おっとティエリア今日はロックオンプレイの予定なのでまた今度な」
「残念です…その次の予定とか入っていいですか?」
「おおっと先約が入っているんだ、すまないね」
「じゃあその次の予定も」
「おおおっとその次のry」
「ティエリア、コントはそれまでだ来るぞ」
「「OK!アレルヤ!」」
テロリスト共をボコボコにして三機のGによるくそみそなフェイズ2は終了するのでした

 
 
 

日本経済特区
イオリア・シュヘンベルグの演説が始まった。
マスコミもてんやわんやんのお祭り状態

 

「何言っているのだろう、あの人は」
「無理でしょ、常識に考えて」
TVモニタに映るイオリア・シュヘンベルグの特別放送を観る
沙慈・クロスロードとルイス・ハレヴィ、普通人A・B

 

「以上で演説は終わりである。とここで視聴者様にプレゼントがある
 このいい男のブロマイドを抽選で5名様にプレゼントする
 宛先はこちらだ、なお当選者の発表は体をもって返させて頂きます」

 

「何なのあのブロマイドは!?ふざけてるの」
「一体何の目的でこんな事を・・・」

 

こうして阿部とソレスタル・ビーイングの戦いは始まった

 
 
 

機動戦士阿部さんOO ソレスタル☆ビーイング参加ルート編
第一話 ソソリタツ・ボークンダ 完