Top > SCA-Seed_MOR◆wN > D > TuNEY 氏_第20話EX
HTML convert time to 0.005 sec.


SCA-Seed_MOR◆wN/D/TuNEY 氏_第20話EX

Last-modified: 2009-09-21 (月) 04:51:41

アーモリー1、軍港

 

「……殺されるかも知れんな」
「シンにですか?」
「ああ、俺はそれだけの事をした。
 事実を知ったと時、あいつがどう動くか分かっていながらな」
アーモリー1へと帰港したミネルバが接岸した区画の前で、
局長はコートニーと主にシンを待ち続けていた。
その顔に決意と覚悟を秘めながら。

 

「……よう」
「……局長」
ミネルバのタラップを降り、局長が顔を見せた瞬間、叫びと共にシンは局長へと掴みかかる。

 

「何で……なんであんな事を!」

 

「シン!」
「止めなさいシン!」
シンは何人かの制止を力ずくで振り切り、胸倉を掴むと首を締め上げた。
大柄の局長の足が地面から離れ、浮き上がる。
「他に、方法が無かった」
「それだけか! せめてもっとマシな言い訳をしてみろッ!」
言い訳をするでも無く、局長はじっとシンの目を見つめる。
「……罰ならば後で幾らでも受けるさ」
「何で……なんで……」
達観したような表情で呟く局長に、シンは涙さえ浮かべると手を緩め、局長はその場に崩れ落ちた。
「シン……」
久方ぶりにみる辛そうなシンの表情に、ルナマリアはギュと胸の前で手を握り締める。

 

「なんで、なんでよりにもよってレイなんだ! 何で脳みそなんだ!
 男とニケツしても全然楽しくないよ! 普通AIだろ! 
 更に言うなら、AIの人格はクーデレの女の子(最初は機械的な反応だとなお良い)に決まってるだろ!
 JK!」

 

沈黙が辺り一帯を支配した。

 
 
 

「……もう二、三発ぶん殴っとけば良かったかな?」
熱意溢れるシンの魂の咆哮に、その場にいた大多数が口を開け、呆れかえって物の言えない状態の中、
ルナマリアはどす黒いオーラを背後に浮かべ、吐き捨てるように笑顔で呟く。

 
 

「もう帰ってくんな! 馬鹿!
 ……あれ? ん?……なんだろ? 今、ものすごく腹が立ったような……」
その頃遠く離れたガルナハンでもお昼寝中に、怪しげな電波を受信したコニールが突如奇声を発し、
近隣住人に不安を与えていた。

 
 
 

アーモリー1ではようやく立ち直った局長がいきり立ち、シンを殴り飛ばしていた。
「この……大馬鹿野郎っ!」 
「ぐっ!」
完全の腰の入った、手加減一切無しのストレートを顔面に受け、壁に叩きつけられるシン。
「馬鹿野郎! AIの人格はナ○トライダーのKITTの時代から
 ジョークも言える頼りになる男の相棒って相場が決まってんだ!
 第一、俺がどれだけ苦労して、何の為にコードネームを『アスラーダ』にしたと思ってやがる!
 これだから今時の若い奴は……」
馬鹿野郎はあんただ。と言う周囲の視線を気にすることなく局長は吼える。

 

「なん……だと……!?」
ゆっくりと立ち上がったシンの顔は驚きを隠せない。
もっとも、何に驚いてるかは知らないが。
「シン、落ち着け。 局長も自重して下さい。 ナイトラ○ダーなんて一部の人間にしかわかりませんよ」
今にも喧嘩が始まりそうな二人の間にコートニーが割って入る。
まともな人間の介入でようやく事態が収まると、周囲の人間はほっと胸を撫で下ろした。

 

「二人とも、何馬鹿な事で言い争ってるんですか。
 そもそも、AIは機械音声で最低限の会話だけできれば良いんです。
 そんな事も分からないなんて、まるでド素人だな」
「外道だ!」
「なんて事言うんですか!」
吐き捨てるようなコートニーの暴言にシンと局長は怒りに肩を震わせる。
どうも元ヴェルヌ設計局の関係者にまともな人間はいないらしい。

 

誰もが(もう如何でも良いやと)諦め、(これ以上関わりたくないので)立ち去ろうとしたその時。

 

「 一 寸 待 て 」

 

アーモリー1中に響く男の声と、突如現れた崖、そして逆光。
「誰だ!」
小悪党じみた台詞と共に局長が叫ぶ。

 

「自分のみが正しいと思い込み、自分の価値観を人に押し付ける行為。 人、それを傲慢と言う!」

 

「あ、あんたは一体!?」
「貴様らに名乗る名はないっ! とうっ!」
男は崖から躊躇い無く飛び降りるとそのまま着地。 ぐるりとその場で回り始める。
クルクルシュピン!
その姿にシンは、局長は、シンは、コートニーは見覚えがあった。
「サーペントテール」
「叢雲劾!」
ゴゴゴゴ! と妙な雰囲気を纏いつつ戸田verで現れた最強の傭兵。

 

「クーデレ、無機質、頼りになる相棒? 分かってないな。
 一週間、一週間後に本物のAIをお見せしますよ!」
「色々ごっちゃじゃねぇか! 一度整理して来い!」 
「ってか余計なお世話だ! 帰れ!」
低レベル過ぎる喧嘩に呆れ果て、既に周囲の人間は誰もいなくなっている。

 

「アレ? なんかこっちに飛んで来たな」
ふと、上を見上げ、上空から飛来する何かに気付いたシンは声をあげる。
「ん? あれは……」
「デスティニーか?」
「なんでデスティニーが? しかも色が黒い」
突如飛来した黒いデスティニー(否オウガ)にその場にいた全員が上を見上げた。
「気のせいか? こっちに向かって来てる様n……」

 
 
 

 _                               l: : : ! /::::_..-‐ 、__l: : : :,'                   
`:',ヽ、-- .._                        / __: !/:::::::/´:/: ://`l : :,'                
ヽ ',',`ヽ:::::::::: ̄:::‐-..._                 _ ',: :l: :|:/:::::::/ イ: ://: : |: :,' /                   
`丶'-、 `ヽ、::::::::::::::::::::::::`ヽ、          _  |::',.| |ミll:,'::::::::l ‐'´ : /: : : |:/ ./,'                   
`ヽ、ヽ、ヽ  `ヽ:::::::::::::::::::::::::`.、      . /: : : : `ヽ、',.|ミll.|::::::/: : : : :/ : : : |' /:/                 
、: :`ヽ、ヽヽ、l 、ヽ、:::::__::::::::::::::::ヽ、    / : : : : : : :_i¬__|:::/: : : : _/: : : : :|/ :/                
 ヽ: : : :丶ヽ ヽヽ丶、ヽ- 、:_:::::::::::::::`:‐-.、_l: : : : //_:,:-、', ',‐-、: ̄: ', : :/,:: |: /                   
、  ヽ: : : : ', ',`ヽ、  '., ',: :', `:丶、::::::::::::::::`ヽ :,':::,'::://  ',',.-┐ ', : : :',// : :l/ /!                  
 丶、 ヽ、: : :', ヽ 丶、  ',: :',_: : : : 丶、::::::=- ._:l:::l::/.,'   | ',‐‐┤.、,:::/./', : : l/:/                    
    ヽ、ヽ : ', .ヽ   ヽ、'_、:`丶、: : : `丶、` 二- ._l__  !_|`─l .l//-、',//                  
      丶、ヽ ', ヽ    ヽ、ヘ、: :丶、: : : :` ̄`ヽ ._ `-.._-l: ̄ヽ'´ / 、-l:/.',                      
         `丶、ヽ    `ヽ、::`ヽ、:ヽ、: : : : : ヽ ` ‐--..._| ̄|‐'|:: : l、_ |:::| ',                 
           `ヽヽ      `ヽ::::ヽ、: l ̄ ̄: :ヽ__ヽ_=.!--:::||ヽ_l |ヽ:::l. ',                 
‐- ._           ヽ 、     `ヽ/ヽ-‐ '==、 : : ヽ_',`_l:´ヽ_/_ヽl _ |/`l丶、                  
   ` ‐- ._        ヽ 丶、     丶く/ ̄`ヽ、 __ヽ-凵´_/ : ヽ ヽ /|: : !ヽ丶、               
       ` ‐- _     ヽ   `ヽ、     ヽ、 /  _.ヽ、 ヽ_ : : : : : : ',. ',:::|: : ! ', _: : ヽ         
           ` - ._   ヽ    `丶、   `ヽ、 ',  _.. -‐、-‐.、:::::/  ヽ:|: : ! :', `丶、`ヽ、        
......             ` - .._ヽ     `丶、   `ヽ/    `丶、`ゝ._  |: : :!: :',   `丶ヽ      
  ` ‐- .._             ` ‐- .._    丶、   `丶_   /ヽ、 ̄ ',ヽ`: : : !: :',┐-..._ `ヽ        

Nice Destiny 

 
 
 
 
 

知れば誰もが望むだろう、君のようになりたいと! 君のようでありたいと! 故に許されない、君という存在も!

 

あ!? 大きな星が点いたり消えたりしている。 はははは、大きい。 彗星かなぁ? いや、違うなあ。彗星はもっと、バーっと動くもんな。   暑っ苦しいなあ、ここ。 ふぅ、出られないかなぁ? おーい、出してくださいよ、ねえ!

 

「どーするのよ。 これ……」
黒いデスティニーが消え去った後、転がっている3つのミンチより酷い何か。
シンとRBのあまりの惨状にルナマリアの口から溜息が漏れた。

 

BAD END!