Top > SEED DESTINY “M”_機体設定
HTML convert time to 0.002 sec.


SEED DESTINY “M”_機体設定

Last-modified: 2009-03-08 (日) 02:01:38
 

ゲイツD (ZGMF-1600)
 ○ゲイツRベースの汎用機。格闘戦寄りの汎用機。
 ○コンセプトは「グフより安くてザクより万能、ヘボが乗っても高性能」。
 ○動力:強化型バッテリー
 ○装甲:複合構造型強化金属合金
 ○胸部に増加装甲を被せており、グリル状の構造物のあった部分は覆い被され、
  曲線を用いたラウンド状の胸筋が張り出したようなデザインに変わっている。
 ○基本武装
 MMI-GAU1600 近接防御システム/20mmガトリングライフル
 MMI-666A ビーム・マシンライフル(横型ドラム弾倉)
 M80-AAK 延長ストック付対装甲アキナス
 M1-BG短銃身ビームガン
 MMI-RG80W アンチビームコーティングウェポンキャリーシールド
 ショルダー固定アンチビームバックラー
 簡易飛行機能+オプションペイロード付強化スラスター
 EEQ7Sエクステンショナル・アレスター1基をオプション装備可。

 

ゲイツF
 ○新規生産ではなく、既存のゲイツRから直接改造してゲイツDに準じる性能とした機体。
 ○ゲイツRからの変更点
  MA-MV05複合兵装シールドをMMI-RG80Wアンチビームシールドに交換。
  ポルクスIVレールガンを取り外し。
  近接武器としてM80-AAK対装甲アキナスを装備。
  ビームライフルをMA-BAR726に変更、コンパクト化・補助バッテリー搭載型。
  モジュール式増加装甲装着。

 

バビ・アームド(AMA-953/M)
○バビの武装改良型。
○ディンの後継機としての戦闘機モドキから、MSとしての格闘戦を意図した武装に変更。
○複相ビーム砲を廃止し、その分装甲を強化している。
○頭部にも若干の意匠の変更が見られる。
○原型のバビは初期分のみで生産終了した為、一般にこの機体が『バビ』と呼ばれる。
○基本兵装
 20mmガトリングライフル×2 +簡易近接防御システム
 M73-AAC対装甲ブレードセスタス
 MA-M345M/L ビーム・パワーローダー付ランチャーコンボライフル
 上翼部オプションペイロード(これはオリジナルと変わらず)

 

ガイア(フライアブル)
○形式号ZGMF-X88S/Custom。
○ガイアの飛行機能添加改造機。
○背中にシーリングリフターを備える。この為リアスカートが小型の物に交換され、サイ
ドスカートも一部切り取られている。
○シーリングリフターのスラスターはシルエットフライヤーと同型のものを2機分装備。
飛行時はガイア自身のスラスターも併用する事で充分な推力を得る。
○追加兵装(PHASE-13時点)
 MR-Q17Y ビームラム
 上翼部オプションペイロード(搭載力はバビの1/3程度)