Top > SEED-クレしん_09-200_01
HTML convert time to 0.005 sec.


SEED-クレしん_09-200_01

Last-modified: 2009-10-31 (土) 16:34:38
 

クレ種3バカ選手権!だゾ
【その1】

 
 

メイリン「今!ここに最強の3バカラスが決定する?
     『第1回・春日部3バカトリオ選手権』~~!
しん  「どんどんぱふぱふ~~♪」

 
 

メイリン「さっそく選手の入場です!まず3バカと言ったら、こいつらは外せない!ブーステッドマンズー!
クロト 「や~どーもどーも~~!」
オルガ 「……なんで俺達がこんなのに出なきゃいけねえんだ?」
シャニ 「知るか。ウゼェ……」

 

タリア 「えー次は春日部からの参加者ね。(自称)正義の不良!さいたま紅さそり隊~~!
竜子  「ふかづめ竜子!」
お銀  「魚の目お銀!」
マリー 「ふきでものマリー!」
3人  「「「3人揃って!さいたま紅さそり隊ッ!」」」

 

マリュ― 「次は連合出身のニューフェイス!ファントムペインの3人組~~~どうぞ!」
スウェン 「……」
ミューディ「で、優勝したら何かくれるのかい?これ」
シャムス 「さあ?」

 

みさえ  「4番目は……ま、せいぜい頑張ってとしか言いようのない貧乏人間連中ね。どうぞ~」
イザ―ク 「は、はやく!」
ディアッカ「人並みの生活がァー!」
二コル  「したいです。しくしく……」

 

アーサー 「えっと、次もお決まりの新3馬鹿ってことで……エクステンデット組の入場でーす!」
スティング「……むう。俺、年末の準備で忙しいんだけどなあ」
アウル  「母さんのために、やるぜ俺は!(意味不明)」
ステラ  「(きょろきょろ)……シンどこに居るのかな? シンどこ~?」

 

園長先生「え~うちからは先生方がエントリーしてくださいました。皆さんどうぞー」
よしなが「私たちってトリオ扱いだったの?」
まつざか「さあ……私としてはどーでもいいけどねえー。」
上尾先生「き、緊張しますね?こ、こういうのって……」

 

カガリ 「オヤジ連中も忘れてもらったら困る。妙な友情で結ばれたこいつ等もいるぞ?!」
ひろし 「優勝は俺達がもらったあー!」 ←35歳
ムウ  「うひょー。改めて見ると3人トリオって結講いるもんだね~」 ←種死時点で30歳
ギル  「うむ。レイとラウで組むのではなくこの2人とでトリオとは……
     デスティニープランにはない変則的な組み合わせだね」 ←32歳

 

むさえ 「んーとね、多分このスレでしか見られない奇妙な組み合わせだと思うよ?
     かすかべ小学校の3人どーぞー」
マユ  「はいはーい♪ マユがんばっちゃいますー!」
エル  「ど、どうも」
コニ―ル「誰だ、そこで私達のことを『何かこいつ等パワー○フガー○ズZみたいだな』と思った不届き者は!」

 

虎    「次は戦うウェイターとウェイトレス達のお出ましだ。いや~若いっていいねえ~♪」
ヒルダ  「いくよお前達!」
マーズ  「ジェットストリーム……」
ヘルベルト「アターーーーク!」

 

銀の介 「ちょいと影が薄いけんど、町の平和を守る婦警さん達の登場じゃ♪
     ……守るのは隣町の平和じゃがな」
マユラ 「交通法規はちゃんと守りなさい!」
アサギ 「飲酒運転もダメよ?じゃないと……」
ジュリ 「逮捕しちゃう、ぞ~?」

 

メイリン「以上!10チームのトリオが勝利の栄冠目指して戦います!
     ……なお出場予定でありました主人公トリオですが、
     シンは消息不明、キラさんはお仕置き中だとのことです」
しん  「ズラのお兄さんは?」
メイリン「この2人が出られない為、出場不可となりました。まったくアスランさんってば……
     他にトリオ組んでくれる人がいないなんて、案外友達付き合い薄いんですね~」
しん  「まったくだゾ」
アスラン「ほっといてくれよ……うう」

 

 ※ ※ ※

 

メイリン「さて!これより選手権が始まるわけですが……どういう競技で勝負するのかしら?」
しん  「さあ?」
メイリン「か、考えてないの?」
しん  「所詮ただの思いつきですからなあ~」
メイリン「私としてはチキチキなんたらみたいにMSでレース、てのを想像してたんだけど……ダメか。
     それじゃ春日部の人達に不利だしね、なにかいい方法がないかしら?」
しん  「次までに何とか考えてみるゾ」
メイリン「お願いね~……以上、3バカ選手権開催委員会からの生中継でした!
     今回で漏れたリザーブチームの受け付けも随時行っていますので、そっちもよろしく~!」
しん  「またね~」

 
 

(つづくゾ)

 
 

 戻る