Top > SEED-クレしん_15-576
HTML convert time to 0.003 sec.


SEED-クレしん_15-576

Last-modified: 2009-06-16 (火) 22:05:08
 

 賢明なクレ種スレの住人なら充分ご存知のこととは思うが、野原ひまわり(0歳)は恐らく、というより間違いなくある種の天才である。
 劇場版などで見られる0歳児とは思えない運動能力に、色男や光り物の真贋を見抜く高い知能、まさに将来楽しみな逸材であろう。

 

 さて……そんなひまわりではあるが、現在なにげにみさえの通販カタログを眺めていた。
 どうやら写真にではなく文章、ひらがなや漢字の形に興味をもったようだ。
 そしてなぜかひまちゃんの手には油性マジックが握られ、さらにすぐ横ではさっきまで居間で人○ゲームやって盛り上がり、疲れて昼寝こいてるWしんに他数名が昼寝こいていた。

 

 なにかが…………起きようとしていた

 

ひまわり「たーい!」

 

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

 

 その後しばらくして………ひろしが帰宅したのであるが……

 

ひろし 「ただいま~。おーいしんのすけ~チョコビ買ってきてやったぞ~~♪」
シン  「チョコビだと……? ええい!そんなものより牛丼を買ってこんか~~!」
ひろし 「な……!?お、おいシン君なにを!?…………ん?」

 

 ひろしがどこかおかしいシンの顔をよーく見ると、なぜか額に「肉」と書いてあった。しかも油性マジックで……

 

シン  「この全日本牛丼愛好会会長のこの私シン肉マンが、チョコビなどという菓子など食べるわけなかろう~!」
しん  「そうだゾ。うちの王子は牛丼以外は食べないんだゾ」
ひろし 「お、おいしんのすけ?お前までなにをわけのわからん………ぶッ!」

 

 しんのすけの額にも「にく」と書いてあった。油性マジックで……

 

ひろし 「しんのすけ……お、お前顔に落書きされてんぞ?」
しん  「オラしんのすけじゃないゾ! 王子のお目付け役のシートだゾ」
ひろし 「し、SEED!?」
シン  「ともかく牛丼を買ってこんか~~! わしは牛丼以外食わんぞい~!」

 

Wしん 「「牛丼一筋三百年~~♪はやいの、美味いの、やっすいの~~♪」」(2人で踊ってる)
ひろし 「お、おいおい!なんだよこりゃ!」

 

   ※   ※   ※

 

??? 「OH~酷い住まいだ。まるでブタ小屋だな」
ひろし 「な、なんだとてめー!どこの誰だ、まだ32年もローンが残ってる俺のマイホームをブタ小屋だ……
     ぶ――――――ッ!」

 

 ひろしが振り向くとそこにはレイ・ザ・バレルが立っていた
 そしてレイの額にも「米」とかかれていた。もちろん油性マジックで……

 

シン  「き、貴様はアメリカコーディのレイーマン!」
ひろし 「ア、アメリカ…………て、ちょ」
レイ  「ふっ実はこのたび日本政府と契約してね……今後怪獣退治はすべてミーが金で請け負う事になった。
     君はもう用済みだ」
シン  「なんだと? 怪獣退治を金儲けでやるなど私は認めん!」
しん  「オラも認めないゾ~! 正義の味方はタダ働きが基本なんだゾ!」
レイ  「ふ、なんとでも言うがいいさ」

 

   ※   ※   ※

 

風間君 「うえ~ん友達が怪人にさらわれたんです!助けてください~!」
レイ  「ほう、だが仕事には報酬がつきものだ。坊やお金はあるんだろうね?」
風間君 「す、少ないけどこの貯金箱で……」
レイ  「ボーイおとなをからかっちゃいけないよッ!」
しん  「あっ! 風間君に暴力をふるったゾ!」
シン  「やめろこの野郎!」

 

 シンはレイを殴り飛ばすと、落として割れた貯金箱をかき集め風間君に返して言った。

 

シン  「さあ友達を助けに行こう」
風間君 「は、はい!」
レイ  「待つんだシン肉マン! 君が行けば怪人と一諸に防衛軍の攻撃を受けることになるぞ!」
シン  「……大和魂が守ってくれるさ。いくぞシート!」
しん  「お~~♪」
レイ  「…………大和魂、か…………俺もいくぜ~~~!」

 

 そして野原家には、ひろしとすみっこで見ていたひまわり以外、誰もいなくなった……

 

ひろし 「なんだよこれ……」
ひまわり「た~い!」(←実は諸悪の根源)

 
 

 戻る