Top > SEED-クレしん_16-235_01
HTML convert time to 0.003 sec.


SEED-クレしん_16-235_01

Last-modified: 2009-05-03 (日) 20:06:40
 

~野原家~

 

ルナ  「シン~隣りの北本のおばさんから回覧版が届いたわよ~。次の家に回しといて~」
シン  「そんぐらい自分でやれよ……ん~なになに……あ、町内会の旅行のお知らせだ」
しん  「ほー。そんで?今年はどこへ行くの?」
シン  「秩父の温泉」
ひろし 「また温泉?」
シン  「えーと……温泉Gメン主催の特別格安ツアーらしいです。なんとひとり一万二千円で行けるって」
ひろし 「給付金目当てか……さすが政府組織、抜かりが無いな」
シン  「俺達は参加でいいっスね? んじゃ、回覧版を次に回しますよ」
しん  「どぞ~」

 

~ビューティーサロン『プトレマイオス』~

 

ニール 「旅行期間はGW中に1泊二日か……」
リヒティ「うちはどうするんです?」
ニール 「社員旅行を兼ねて行くか。どうせみんなゴールデンウィークなんて他に予定ないだろ?」
アニュー「分かりました。温泉……か」
クリス 「楽しみなの?」
アニュー「少し……あまり行ったことないので」
リヒティ「それじゃ、回覧版回してきます」

 

~またずれ荘・トリニティの部屋~

 

ミハエル「温泉だってよ」
ヨハン 「雇い主のマリュー・ラミアスからすでに話はきている。温泉施設の視察を兼ねて我らも行くぞ」
ネーナ 「フレイやラクスはどうするんだろ? 行くのかな……」
ミハエル「回覧版の参加欄に○がついてるから行くんじゃねえか?」
ネーナ 「ほんと? なら私も行く!」
ヨハン 「なら回覧版を次の家に置いてこよう。早いところ旅行の準備をしておかなくてはな」

 

~同じく、王兄妹の部屋~

 

紅龍  「町内会の催しで温泉旅行、だそうですお嬢様」
留美  「温泉ねえ…………どうにもあまり気乗りはしないけど」
紅龍  「えー、目的地の温泉は大変な効能のあるものであり……
     特に美容に効果があり『美人湯』と呼ばれているとか」
留美  「紅龍、旅行の準備はできてるでしょうね?」
紅龍  「はっ、すでに」

 

 イノベイジャーの事務所にも回覧版が回ってきたが……彼らはいなかった。
 ドアには『GW中は秩父山中で新必殺技開発のための特訓をしますのでショーはお休みします』との張り紙が……

 

   ※   ※   ※

 

~そして、旅行出発の日~

 

ひろし 「いやー今回もたくさん参加するんだなあ」
シン  「世の中不景気だから休暇でも旅行とか行かない人多いんですよ……たぶん」
しん  「オラたちがそのいい例だもんね」
草津  「いやあ~野原くん、久しぶりだねェ!」
ひろし 「またあんたの差し金かよ!」
草津  「いやいや、今回はみんなの親睦のいいきっかけになればと、うちから持ち込んだ企画なんだがね」
ひろし 「親睦ゥ?」

 

ニール 「よっ来たぜ」
クリス 「こんにちは」
アニュー「あ……そういえばティエリアは?」
ティエ 『ここにいるが』
リヒティ「うわァ!? お、俺の携帯のディスプレイからいきなり出てこないでくださいよッ!」
ティエ 「通信機能がある端末ならばどこからでも出入りが可能なんだ。どうだ羨ましいか?」
リヒティ「いや全然……」

 

留美  「皆様よしなに……てあらネーナ。あなたも来るの?」
ネーナ 「来ちゃいけない?」
ミハエル「いきなり喧嘩腰になんなよ。まったく仲がいいのか悪いのかよくわかんねーなお前等」
ヨハン 「お互い妹のお守りは大変ですね」
紅龍  「まったく……」

 

ニール 「お前……?」
ネーナ 「あれ? あんた……」
アニュー「あら……? この人どこかで」
ティエ 「確かあの2人、トリニティの……」

 
 

00勢  「あああああああ~~~~~~~~~~!??」

 
 

シン  「あ、そういやこの連中、春日部で会うのはじめてだっけ?」
キラ  「いやー向こうで因縁が浅からずある分面白そうだね~」
ひろし 「……親睦ってこういう意味か」
草津  「さあバスに乗った乗ったッ!楽しい温泉旅行の始まりだ!」

 
 

 こうして驚異の呉越同舟旅行がこうして始まった。
 先の展開などこれっぽっちも考えてないいきあたりばったりで果たしてどうなることか分からないが……
 ともかく今再び GO! GO! オンセンGO!

 
 

 戻る