Top > Seed-Crayon_10-142
HTML convert time to 0.002 sec.


Seed-Crayon_10-142

Last-modified: 2008-09-03 (水) 13:01:13

日陰の男スティング

 

しん   「ねえねえ。スティングのお兄さん。」
スティング「ん?なんだしんのすけよ。」
しん   「おにーさんは最近影薄いね~。」
スティング「なッ?!
シン   「そうだなあ・・・・スティングはこのスレで家事が得意という以外、特に特徴も見せ場もないし。」
キラ   「個性が希薄だよね。」
ルナ   「あんたはありすぎ。」
レイ   「とにかくもっと目立とうとしないと。ただでさえ影薄いんだから」
二コル  「でないと忘れ去られちゃいますよ・・・・・・ボクみたいに。」

 

スティング「うっうう・・・・お、俺は・・・俺はぁぁぁぁ・・・

 

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

 

ムウ  「・・・・なあ。スティングの奴どうしたんだ?」
ステラ 「あのね、外でつらい目にあったらしいの。」
アウル 「あいつ落ち込むと部屋の片隅で、大量に山積みされてる50円カオス(コレクションシリーズ)を黙々とパチ組みするから見ててちとつらいぜ。」

 

パチ・・・・パチ・・・

 

スティング「いいんだいいんだ・・・所詮俺は日陰の男なのさ・・・いつも目立ってるWしんなんか羨ましく・・・う、羨ましく・・ううっ」

 
 

【戻る】