Top > Seed-Crayon_4-786_9
HTML convert time to 0.010 sec.


Seed-Crayon_4-786_9

Last-modified: 2008-06-29 (日) 16:06:39

嵐を呼ぶ!春日部温泉旅行だゾ
2日目<その2>
 
 ~温泉旅館ゲームコーナーにて~
 
メイリン「さ~、誰も注目していない山奥の旅館で、世紀の大決戦が始まろうとしています!
     果たして優勝するのはどのペアか!
     本日は解説にたまたま湯治に来ていたと仰る郷剛太郎さん、
     本旅行のツアーコンダクター、草津さんのお2人を迎えてお送りいたします。
     2人共、よろしくお願いします」
剛太郎 「こちらこそよろしく」
草津  「はっはっはっ、どんな勝負になるか楽しみだねえ」
 
 
指宿  「それでは、選手入場!」

 
剛太郎 「愛する君の為なら、僕はどこまでも強くなる!天然コスプレ少女をパートナーにいざ出陣!
     風間トオル&ステラ・ルーシェのペアだッッッ!」
 
草津  「主婦の底力をナメるなよ!お米1年分は私達が貰った!もちろん2人で山分けだ!
     野原みさえ&マリュー・フラガの人妻コンビ登場だッッ!」
 
剛太郎 「CEの最強は春日部でも最強だ!まさかこの2人が3たびコンビを組むとは!
     キラ・ヤマト&アスラン・ザラの2人が来てくれたッッッ!」
 
草津  「おお~っとぉ?これは強いのか、それとも弱いのか?意表を突いた組み合わせ!
     レイ・ザ・バレル&上尾ますみのペアだッッ!」
 
剛太郎 「一家の長の力を今こそ見せよう!親父のパワーを見て驚きやがれ!
     野原ひろし&ムウ・ガ・フラガのコンビがキターーー!」
 
草津  「何と、新旧ヒロインの異色のコンビだ!ヒロインとしての存在感は薄いかもしれないが…
     ラクス・クライン&ルナマリア・ホークの桃赤ペアだッッ!」
 
剛太郎 「何だコイツ等は?頭から黒い覆面を被っている為正体不明!
     今大会の台風の目となるのか?それとも…?
     謎のデスシード1号2号だッッッ!」
 
草津  「そして……何処へ行ってたンだ主人公!私達は君達を待っていた!
     野原しんのすけ&シン・アスカのダブルしんちゃんズの入場だあーーーーーー!」
 
 
メイリン「以上16名8組が優勝を賭けてトーナメントを戦います!
     それでは最初の組み合わせを発表します…第1試合は!
 
     風間・ステラペア vs レイ・上尾ペアです!」
 
風間  「ううっ…さっそくか。頑張りましょうねステラさん!」
ステラ 「うん…ステラ、がんばる」
上尾  「大丈夫なんですか?私なんかをパートナーになんかにして…」
レイ  「大丈夫です。俺の戦力分析が正しければ、あなたは最強のパートナーになるはずです」
 
          *          *          *
 
【1回戦第1試合 風間・ステラ組 vs レイ・上尾組】
純一  「それでは風間ペアのサーブで試合開始です。それでは…ピーーーーーッ!
風間  「行くぞ!たあ!」
レイ  「甘い!」
ステラ 「…えい。(すかっ)…あれ?」
 
純一  「0-1。レイペアの先制点です」
 
 
メイリン「この試合、どう見ますか郷さん?」
剛太郎 「風間君は背が低いから、台に乗らないとまともに試合が出来ません。
     ステラ君は…ちょっとのんびりしすぎて反応が遅いですね。レイ君1人でも勝てるでしょう」
メイリン「あ~と、そう言っている間にもどんどん点を取られていきます!風間&ステラ危うし!」
草津  「む、レイ君は一気に勝負を仕掛けるようだね」
 
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
 
純一  「ゲームセット!セットカウント2-0でレイ・ザ・バレル&上尾ますみ組の勝ち!」
 
風間  「…すいませんステラさん…僕、一生懸命がんばったんですけど…ぐすっ」
ステラ 「負けちゃったけど…風間君、かっこ良かったよ?」
メイリン「え~、負けたペアは残念賞として、温泉たまご1ダースが贈られます」
ステラ 「わあ、温泉たまごがいっぱい…ねえ風間君、一諸に食べよ?」
風間君 「は、はい!喜んで!」
 
 
ステラ 「(もぐもぐ)おいしいね。みんなでおいしいものがいっぱい食べていられればステラ、幸せ…」
風間君 「(もぐもぐ)…ほんとにおいしいや。ステラさんと一諸に食べているからかなあ…」
しん  「なんか風間君、負けたのに幸せそうだね」
シン  「風間君にとっては優勝するより価値があるんだよ。ステラとああして温泉たまごを食べている事が、さ」
 
          *          *          *
 
【1回戦第2試合 ひろし・ムウ組 vs キラ・アスラン組】
メイリン「それでは第2試合を始めます」
ムウ  「いっちょ、あの坊主どもの鼻をあかしてやりましょうぜ!」
ひろし 「OK…!」
 
純一  「ではひろしさんのサーブで、試合開始!」
ひろし 「だりゃ!」
 
 コスッ……クンッ!
 
アスラン「曲がったぁ!?」
 
 スカッ
 
メイリン「おーっと!ひろしさん、ドライブサーブで1点先取!」
ひろし 「はは、俺は高校時代卓球部で”カーブのひろちゃん”って呼ばれてたんだぜ?」
草津  「流石だな野原くん。体力差を技術でカバーしているな」
 
 その後も、キラアス組はひろしのドライブサーブに対応出来ず、第1セットはおやじ組が先取した。
 
~第2セット~
ひろし 「見える…敵の動きが見えるぜ!」
キラ  「…ちょっと油断したね」
アスラン「やるか…」
 
 パリーン!(種割れ)
 
ひろし 「な、なんだ?急に動きが!?」
ムウ  「やりやがったな、あいつら…ひろしさん!何とか当ててくれ!」
 
 おやじ組健闘しデュースまで持って行くも、結局キラアス組が勝ち、これで1-1。
 
~最終セット~
ムウ  「ひろしさん、大丈夫っすか?」
ひろし 「ハァハァ…ちょっと疲れてきたかな…?」
キラ  「悪いけど、勝たせてもらうよ?」
ムウ  「何ぃ!この~生意気なぁ~」
ひろし 「ふ…勝たせてたまるかよ…」
キラ  「え?」
 
ひろし 「サラリーマンの意地、見せてやらぁぁぁっ!!」(劇画調)
ムウ  「おっしゃあ!こっちも『エンデュミオンの鷹』の意地、見せてやるぜぇぇ!!」(劇画調)
 
メイリン「おっと、おやじ組最後の反撃かあ?」
 
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
 
メイリン「さあ、おやじ組反撃に出るものの、やはりキラアス組の方が有利か!?
     ただいま20-19!キラアス組のマッチポイントです!」
 
おやじ組「ぜーはーぜーはー…」
キラアス「ぜーはーぜーはー…」
ムウ  「いくぞ…それっ」
 
 カシッ
 
アスラン「しまった!打ち損じた!」
ひろし 「貰ったあああああああ!!」
 
 (スローモーション)
 
ひろし (球が遅く見える!そして相手の動きも!…………!?う、動けない?
     いや、自分の反応に身体がついて行けない?く、くそおぉぉぉ!こんなとこで終わってたまるかああ…)
 
 カツン…コーン!コロコロコロ…
 
純一  「ゲームセット!第3セット21-19。
     セットカウント2-1でキラ・ヤマト&アスラン・ザラ組の勝ち!!」
 
 
ひろし 「ぜー、ぜー、す、すまねえムウ君…俺が足を引っぱらなきゃ…」
ムウ  「いえ…どのみち勝てなかったですよ…あの坊主たちの反応速度はやはり並じゃないぜ…」
 
アスラン「やったなキラ。幸先のいい出だしだ」
キラ  「でもさすがムウさんとひろしさんだったよ。種割れしなかったらもしかしたら逆転されていたかも…」
  
ひろし 「燃え尽きたぜ…まっしろにな…」
郷太郎 「年には勝てないのかな…」
草津  「なに、気迫では勝っていたよ。野原君、ナイスファイト!」
 
 
 戻る