Top > Seed-Crayon_5-437
HTML convert time to 0.003 sec.


Seed-Crayon_5-437

Last-modified: 2008-06-30 (月) 21:09:14

Pakkyの美味しい食べ方だゾ
 
 ~デュランダル家。ステラがPakkyを食べている~
アウル「またPakky食べてんの?」
ステラ「うん…。イチゴ味…好き…。アウルも食べる?」
アウル「じゃあさ、僕がPakkyの美味しい食べ方を教えようか?」
ステラ「…?どうするの…?」
アウル「こうやって、二人で口に咥えて。両端から食べるんだ」
ステラ「アウル、顔…近い…」
 
 パキパキパキパキパキッ(アウル、寸止めで避ける)
 
アウル「(ふぅ、危なかった…結構ハイペースだな)今度やったらどう?シンとさ」
ステラ「うん、やってみる…」
 
 
スティング「お前…今日の夕飯、Pakkyだけにするぞ…」 ←側で見てた
アウル  「あー、僕は一つ食べ方教えただけだよ?」
 
          *          *          *
 
 ~次の日。野原家~
ステラ「こうやって…食べると…美味しいって…。シンはもう片方を咥えてね…」
 
 ステラがPakkyを口に咥えて、シンに迫っていた……
 
シン 「え…これって…」
ステラ「これで…両側から食べるって…。アウルが言ってた…」
シン 「(あの野郎!)ええと…この食べ方は…ちょっと」
ステラ「シン…ステラ嫌い…?」 ←涙目
シン 「い、いやそうじゃなくて、そんな美味しい食べ方は最後の一本という事にして…
    最初は普通に食べようよ」
ステラ「…わかった」
 
シン 「(小声で)しんちゃん。最後の一本になったら、隙を見て抜き取ってくれないかな?」
しん 「(小声で)ブ・ラジャー」
 
 そして、最後の1本。
 
しん 「あ、オラももらおっと。いやぁー、やっぱりPakkyはチョコを舐めて食べるに限りますなぁ~」
シン 「行儀悪いよ…。あ、最後の一本無くなっちゃった…。残念だったね、ステラ」
ステラ「大丈夫…まだ持ってるから…」
 
 新しいPakkyの箱を取り出した。
 
シン 「し、しんちゃん…」
しん 「オ、オラ、トイレ…」
ステラ「一番美味しく食べよ…。ね、シン…」
シン (ここでルナが帰ってきたら…まずい…絶対まずい……!)
 
 
ルナ 「ただいま~」
 
 
シン (お、終わった…)
ステラ「シンもはべて(食べて)…ステラふぁふぇ(だけ)食べるのふぁふい(悪い)…」
 
          *          *          *
 
 ~シンの部屋の前。しんのすけがルナマリアの引きとめ工作をしていた~
しん 「た、ただいまだゾ、ルナおねいさん…」
ルナ 「あ、ただいましんちゃん。シンは?いるんでしょ?」
しん 「こ、ここには誰もいないゾ、何にもないゾ!」
ルナ 「え?…ふーん、また何かやったの?」
しん 「え、いや別に…」
ルナ 「大丈夫、お姉ちゃんが一緒にママに謝ってあげるから」
 
シン 「(ありがとうしんちゃん。もう少し、時間稼いでくれよ…)ステラ、ふょうひはの(どうしたの)?」
ステラ「ちょっと…はふはしい(恥ずかしい)…」
シン 「(俺もだよ…)は、早くふぁふぇよ…(食べよ)」
 
 パキパキパキ…
 
ルナ 「あら?何か音がしてるけど…」
しん 「(ル、ルナおねいさんの前でケツだけ星人は出来ないぞ)あ、インパルス!」
ルナ 「え、何処に!?ってそんなのに引っかからないわよ」
シン (もう少し…)
ステラ「…!」
 
 パキッ!
 
ルナ 「ただいまー。ああ、ステラが来てたのね…」
シン 「お、お帰り…ルナ!」
ステラ「おじゃま…してる…」
しん 「や、やれやれだゾ…」
ルナ 「あれ、ステラ。顔赤いけど、どうかしたの?」
ステラ「し、しらないっ!(さっき…シンと唇近かった…)」
シン 「(ば、ばれなくて良かった…)」
 
 
 ~その後~
シン 「しんちゃん、お礼に後でチョコビ買ってあげるよ」(ルナにバレたことを考えると*1)ガクガクブルブル)
 
 
戻る






*1 (;゚д゚