Top > Seed-Crayon_6-180_2
HTML convert time to 0.005 sec.


Seed-Crayon_6-180_2

Last-modified: 2008-07-06 (日) 14:27:55

もし、しんのすけ達が種キャラだったら
【その2】

 

しん   「むう~~……もうおら我慢できないゾ!」
ボーちゃん「どうしたの、しんちゃん?」
しん  「おらオーブに行ってくる!」
ネネ  「ええ?で、でもオーブはしんの故郷……」
しん  「そんなこと関係ないゾ!オーブを討つなら、おらが討つ!……えへへ~~」

 

ネネ  「……どう思う?レイ」
ボーちゃん「たぶん、オーブ攻めを、合コンか何かと勘違いしてると思う」
ネネ  「そうよね……やっぱり」

 
 

しん  「デスティニーカンタム、はっしーん!
     ほっほっーい、どうやらザフトのみんなもオーブのおねいさん達と
     くんずほぐれつ、仲良くやってるようですなぁ」
ネネ  (一人二役)「む!なんだあのMSは……ザフトの新型か?!」

 

しん  「あっ金ピカのMSだゾ!えへへ~~、きれいなおねいさんが乗っていると見た!
     ねえねえ、おねいさん玉ねぎ食べれる?納豆にはネギ入れる方~~?」
ネネ  「うわっ!こっちに来た!来るな、この!この!」
しん  「まあまあ、そんなに連れなくしないでほしいゾ。おらはただ、お友達に……おお?」

 
 

 その時!天空から舞い降りる2機のMSが現われた!

 
 

マサオ君(一人二役)「へいラクス!キラ・ヤマトな俺にしっかり掴まってな!飛ばすぜベイベー!
酢乙女あい(一人二役)「大丈夫かしら。茶髪のカツラ被ってもオニギリはオニギリだし……」

 

マサオ君「カガリ!大丈夫か?助けにきてやったぜイエーイ!」
ネネ  「あ、ありがと。…よし!私は急いで軍本部に向かう!キラ、あとは任せるぞ!」
マサオ君「まかせな!ラクスは急いでアークエンジェルに向か……って、もういないし」

 

しん  「おお~~、フリーダムだゾ。あの時おらがやっつけたのに……」
マサオ君「へ、あの時は世話になったなあ……あの時の借りをここできっちり返してやるぜ!
     このストライクフリーダムでな!
しん  「ストライキでお尻フリフリ?」
マサオ君「ストライクフリーダムだっての!」

 

          *          *          *

 

ネネ   「まずいわ……しんがフリーダムに押されてるみたい」
ボーちゃん「………艦長。しんちゃんを、ミネルバに戻したいの、ですが」
よしなが 「どうして?しんが危ないなら、レイも出ればいいじゃない」
ボーちゃん「もちろん、僕も出ます。でも、その前に……」
よしなが 「その前に……何?」
ボーちゃん「その前に、後10分ぐらいでおやつの時間、ですから」
よしなが 「………分かったわ。好きにしなさい」

 
 

ボーちゃん「しんちゃん。一時徹退、して」
しん  「ええ~~おらまだ遊び足りないゾ」
ボーちゃん「今日のおやつ、大黒屋のいちご大福、だよ?」
しん  「わ~いおつや、おつや~~!じゃ、おら帰るからまた後であそぼうね~~~!」

 

マサオ君「あ、おい!……行っちまった。一体何だったんだ?…あいつは」

 
 

しん  「おら達もおつやだけどMSもおつやタイムだゾ。おつや食べ終わったら、また遊びに行こおっと♪」
ボーちゃん「今度は、僕も、行く」
しん  「おお~。レイもオーブのおねいさん達と仲良くなりたいと?いや~お互い、こういうの好きですなぁ~~」
ボーちゃん「えへへ……それほど、でも」
ネネ  「あの。私たち戦争してるんだけど……」

 
 

しん  「おつや食べて、おらもデスティニーも元気いっぱい!出発おしんこ~~!」
ボーちゃん「おー」

 

マサオ君「はははは!弱えぇ!弱えぇなザフトの腰抜けども!……む?あいつ、また来やがったか!」
ボーちゃん「僕が、あいつの動きを止めるから、しんちゃんはそこを狙撃、して」
しん  「え~。2対1って何か卑怯だゾ」
マサオ君「へっ!1機が2機に増えようが、何回来ようが全部返り討ちにしてやるぜ!」
ボーちゃん「来た。行くよしんちゃん!」
しん  「もお~~しょうがないなあ~~」

 

ボーちゃん「えい、そこ。(ありったけのビームを全部フリーダムに撃った)」
マサオ君「何だこんなもん!ビームシールドで簡単に防いで……う、うわ!体勢が崩れた!」
しん  「それじゃ、いくよ~?えい発し」

 

ガシィィィン!(何かがデスティニーに体当たりを食らわした)

 

しん  「いててて……な、なに?」
風間君 「やめろ!もう……こんな事はやめるんだ、しん!」

 

          *          *          *

 

しん  「あ、アスランだ。お腹もう大丈夫?」
風間君 「くっ…自分で穴開けといて、よく言うよ……
     それはともかくしん!お前が何を討とうとしているのか、本当に分かっているのか!」

 

しん  「え?おらオーブのおねいさん達と仲良くなりたいだけだけど?」
風間君 「戦争をなくす!そのためにロゴスを討つ…だからオーブを討つ……それが、本当にお前が望んだ事か!」
しん  「いや~。おらそんな事、考えたこともなかったゾ」
風間君 「思い出せしん!お前は本当は、何がほしかったんだ!」
しん  「おら、カンタムの超合金がほしかったゾ!

 

しん  「…もう、アスランは人の話をちゃんと聞くべきだゾ?さっきから言ってる事がバラバラすぎ」
風間君 「うぐっ!お前にだけは…言われたく、ない……!」

 
 

 その頃ルナマリアの方は。

 

ネネ  「おらおら!待てやジブ!おとなしく私に撃ち落されなさーい!
園長(一人二役)「は、早く宇宙に上がってください!恐いのが全速力で追いかけてきます!」
ネネ  「邪魔だムラサメ!こら待てジブ……ちっ逃げられたか。ドス!ドス!(コクピットの中でウサギにパンチ)」
チーター(ヨウラン役)「い、いつものルナじゃねえ……こわっ」

 

ボーちゃん「あ、徹退の、合図だ」
しん  「おお、もうお昼寝の時間ですな。それじゃアスランにフリーダムの人、ばいばーい」
風間君 「お、おいしん!お前にはまだ言いたい事が……!」
マサオ君「もうよしな。……行っちまったよ」

 

 

よしなが「えー中盤はここまでですので、休憩をはさみたいと思います。終盤は15分後から……」

 
 

キラ  「ぐはッ!」
アスラン「がふッ!」
シン  「げふぅ!」

 

レイ  「……血を吐くくらいなら、見にこなければいいものを……」

 
 

 戻る