Top > Seed-OO_◆ld4xh1oLN2氏_第01話
HTML convert time to 0.003 sec.


Seed-OO_◆ld4xh1oLN2氏_第01話

Last-modified: 2007-12-23 (日) 01:12:26

第1話 ソレスタルビーイングって何だよ、それ

 

俺の炒飯店は今日も大忙しだ。
どうやら近くにオフィス街があるらしく、ランチタイムには店に入りきらないほどのサラリーマンのお客が来てくれる。

 

いつものように開店前に店のTVを付けるとニュースが流れた。
軌道エレベーター襲撃事件・・か。
この世界にもMSってヤツがあるんだな。

 

俺はアスランとイザークと組んでテロリスト達を迎撃したことを思い出していた。
そして・・・ニコルのことも。

 

TVを聞きながら朝の仕込みを始めていたら、妙な話が始まった。
俺はあわててTVの前に移動してボリュームを上げた。

 

ソレスタルビーイング?ガンダム?懐かしい名前だな。
バスターもそういわれていたっけな。

 

戦争根絶・・ね。あいつらもそんなこと言っていたっけ?

 

戦争への武力介入か・・俺たちフリーダムにはやられっぱなしだったよな。

 

まあ、いろいろとおもしろそうだけど、今の俺には関係ないな。

 

俺はただ、目の前にある中華鍋をふるうだけだ。

 

俺は店の鍵を開け、のれんを掲げると、今日の最高の炒飯を作るために仕込みを再開した。

 

まもなく一人目のお客が・・って、何だぁ?
そいつはスーツ姿にグラサンと明らかに怪しい格好をしていた。
そいつはいぶかしむ俺の事をよく知っているようだった。

 

ディアッカ・エルスマンさんですね?あなたのもう一つのお仕事をお願いしたい。

 

俺はどうやらただの炒飯屋じゃないようだぜ。