Top > X-seed_Exceed4000 ◆mGmRyCfjPw氏_第31話
HTML convert time to 0.009 sec.


X-seed_Exceed4000 ◆mGmRyCfjPw氏_第31話

Last-modified: 2008-01-21 (月) 21:59:42

機動新世紀ガンダムXSEED 第三十一話「戦います。」

 

キラが次に目を覚ましたのは医務室のベッドの上だった。
目を動かすと、室内には今のところ一応アークエンジェル専属の医師となったテクス以外他に誰も見当たらない。
目覚めると同時にキラの脳裏に様々な事が去来してくる。
ガロードやムウさん、艦の皆は無事なのだろうか、アークエンジェルはどれほど損傷を負っているのだろうか、そしてザフト側から来たと言うあの少年は…… ?
不意に、キラの目覚めに気づいたのか、テクスは書き物の手を止める事無く話しかけてきた。
「目は覚めたかい ? 」
「はい……」
あれ、おかしいじゃないか。
自分はストライクに乗っていた訳で……ラミアス艦長が帰投を命じたからアークエンジェルへと向かおうかとしていた訳で……
じゃあ何故自分はこんな所で横になってるんだ ?
その答えはテクスの方から告げられる。
「君はラミアス艦長が帰投命令を出した直後にその場に倒れた。助けに行ったのは機体の応急処置を済ませたガロードでね。」
そうだったんですか、とキラは小さく呟き視線を天井へと戻す。
後でガロードにあったらお礼を言わなくちゃと思った時、体の節々に疼痛がやって来る。
機体を素早く効率的に操る為に、体も恐らく相当な無理をしていたのだろう。
衣擦れの音と小さな呻き声を聞いたテクスは、特に口調を変えるでも無く淡々と続ける。
「ガロードの方はあれでしぶとい所もあるし、君に比べると体もそんなに悲鳴をあげる様な状態じゃなかったが君の方はまだ動かない方が良い。
今日一日は安静にして動くのはそれからにしても遅くはないはずだ。」
それから彼はやれやれといった感じで上に向かって大きく背伸びをし、首を二、三回横に振る。
無理もない。戦闘で多くの重軽傷者が出た為に、テクス自身にも目の回る様な忙しさに振り回される思いがあったからだ。
そんな彼から目線を少しずらしキラは訥々と語りだす。
「先生。僕……この戦闘でやっと決心がつきました。……戦います。」
やや間が有ってからテクスは書き物の腕を止め、キラの方に体を向ける。
「……何と戦うんだね ? 」
「僕の友達を、いえ、僕にとって身近な人達を死なせようとする敵からです。」
「その敵という一つの括りの中に君の昔の友人が含まれているが、それに関して君自身はどう捉えている ? 」
その言葉を聞いて半瞬体が硬直してしまうが構わずに続けた。
「その事はもう諦めました。前にも言いましたけど、アスランが捕虜になっていた時に物凄い剣幕で色々言われましたから……もう何か考えたりして後れは取りません。
そんな事をしていたら自分は勿論皆まで死んでしまう事になります。もう誰も死なせはしません。」
言い終えてからキラの心に何かすっとする物があった。
そうだ……自分は遂に言いきった。後は言葉の通りの事を実行すればいい。
そんなキラの心境を見透かしたかのようにテクスは短くこう告げる。
「すっとしているところで水を差すようだが、言葉には常に何らかの責任という物が付いてまわるものだ。
ここには艦長も君の友人もいないが君がそう言った以上そういう風に行動しなければならない。常にね。……綸言汗の如しとはよく言ったものだな。」
「あのう……綸言汗の如しって何ですか ? 」
「一度口から出てしまった事は取り消したり無かった事にしたりする事が出来ないという事さ。
……ま、良い言葉かなと思ったら心の片隅にでもピンで留めておいて損は無いと思うがな。さ、気分が落ち着いたらもう一眠りした方が良い。」
言われてキラは視線を再び天井へと戻す。
目を閉じる前に言われた事を自分の頭の中で繰り返してみる。
言葉には常に何らかの責任という物が付いてまわるもの……
自分の選び取った道が如何に茨の道となるかを自覚しながらキラは眠った。

 
 

「それで……君もガロード君達と同じ世界から来たのですね ? 」
「はい。」
事情聴取が行われている士官室には重苦しい空気が満ちていた。
臨席しているのは当事者のカリス、尋問する側に艦長のマリュー、副艦長のナタル、戦闘に立ち会ったムウ、そして一種のオブザーバーとしてガロード、ティファ、テクス。
内容は勿論、カリスについての処遇をどうするかである
彼はガロード達と同じ世界の住人であり、更に彼等は旧知の仲とも言える間柄にある。
しかし生きていく為に些か仕方が無かった判断とはいえザフトの軍人になった事、そして仮にもジブラルタル基地の元副司令官であった事が余計に事態解決への道に暗い影を落としていた。
本部に知らせれば絶対に黙ってはいないだろう。
最悪の場合、離反してこちらの陣営に有利になる働きを山とする、あるいはアラスカに着くまでにするであろうという事を考慮に入れたとしても、待っている物は銃殺刑ぐらいだろう。
だがこれまでにも戦闘で尽力を尽くしてくれたガロードの友人という事もあったので、
彼の感情を酌まなかったり、簡単に反故にして処断を決めてしまえば、これからのお互いの関係に歪が生じてしまう。
そんな風にマリューが判断に困りかねていると、横からナタルが一つの提案をしてきた。
「艦長。ノーティラス氏の処遇についてはガロード・ラン、ティファ・アディール両名と同じ位置にし、その引き換えとして氏の知り得る情報……
つまりはザフトがこれから計画している戦略、ジブラルタル基地の詳細等を詳細に供述するという判断は如何でしょうか ? 」
それはつまり一種の取引だ。
必要最低限の行動の自由と生活水準を約束する代わりに情報を洗いざらい話してこちら側に提供せよという物。
それを聞いたマリューは少し眉を顰めてしまう。
確かにこれは看過する事の出来ない非常に重要な戦術の過程におけるワンシーンとも思えてくる。
軍と言う組織に所属する以上そういう処断の方法の一つが出てしまうのは致し方無いものだ。
しかしどちらかと言えば‘手を上げないで済む問題’なら、なるべく仁徳的な方法であらゆる事態の解決を図ろうとするマリューにとってあまり気持ちの良いものではなかったのだ。
彼女はナタル自身から自分は軍人の家系に生まれたと数日前に聞かされた。
その為、こういった状況においても実に四角四面な回答しか出来ないというのは些かしょうがないものだと内心匙を投げかけていた。
思えばその違いはあの苛烈な戦闘の直後から顕著になっていたのかもしれない……

 
 

戦闘の後、例によってガロードは整備スタッフから多くの拍手と激励、そして祝いの声を受けたが彼自身そんな事に気を使っている余裕は粉微塵も無かった。
先ず、アークエンジェルの具合は一体どういうものになっているのか、出撃直前に部屋のベッドで寝かせたティファは無事なのだろうか。
そして、ザフトから来たカリスの処遇は一体どうなるのか。
ブリッツがストライクを引き摺る様な形で帰還して間も無くスカイグラスパーが帰還し、ベルティゴが到着する。
その途端、ガロード達が初めてアークエンジェルに来た時の様に銃を持った兵がその場に集まり始める。
「止せ ! あいつは俺達の味方だ ! 俺の仲間なんだよ ! そりゃザフトから来たから警戒するのも無理ねえけど銃くらい下ろしてくれないか ? 」
諭す様にガロードは言ってみるが兵士は同じ姿勢のまま返答する。
「いや、こちらに与した行動を取ったとはいえ、相手はまだザフトの制服に腕を通している。第一、一回の戦闘でそう判断するわけにはいかん !! 」
少しムッとする言い様にガロードは口ごたえをしてしまいそうになるものの、それは外部スピーカーから聞こえてくるカリスの声で止められる。
「ガロード、落ち着いて下さい。いいんですよ。ザフトから来た僕にはこれが正当な出迎えだと思いますから……」
それから直ぐにコクピットハッチが開き、両手を上げたカリスが姿を現した。
先程聞こえた声の口調はいつもの様に丁寧その物だったが表情は硬く、自分に向けられている銃に対しても眉一つ動かす事はない。
そして兵の一人が銃を構えたまま、ベルティゴから降ろされた乗降用ワイヤーに乗りカリスの元へと行く。
兵は無表情のまま簡単な身体検査をし、次いでカリスの両腕を手錠で後ろ手に拘束する。
ガロードにとってはその行動の一つ一つが此処は連合の戦艦なのだという事を頭に入れていても気に喰わない物だった。
そして兵とカリスはベルティゴから降り、多くの視線を集める中、艦の居住区へと向かって行った。
二人が見えなくなった辺りでガロードは隣にいた兵の脇腹を肘で軽く小突き質問する。
「おい、こういう風に対処するように言ったのって、まさか副艦長さんか ? 」
「ん ? ああ。念の為という事でな。」
やっぱり……あの真面目が服着て歩いているような人ならと、つい思ってしまう
内心少し苦々しい思いもしたが、空気も読めないのかとしばしの間呆れてしまった。

 
 

そんな事があっただけに、ガロードとマリュー達の間には士官室に入る前から非常に気まずい空気があった。
マリューは自分もそんな目で見られているのだろうかと軽く頭を抱え小さく溜め息を吐いてしまう。
しかしそんな空気を打破するようにカリスがナタルの質問についての回答を出す。
「そこに関しては悩む所ですし、また非常に複雑でデリケートな問題だと言う事も重々承知してはいますが……
いいでしょう。取引に応じます。但し ! そちらもこの場で一度取り決めた事は厳守して下さい。後から理不尽な理由や補填的な説明を基にして取引自体を反故するような事はしないと約束して下さい。」
「心配するなって。連合軍側の人間とはいっても一応軍人なんだからさ。それに……お前さんの心意気はさっきの戦闘の前にしっかりと受け取ったからな。」
回答に対してやはり飄々とした態度で受け応えるムウ。
ナタルは「少佐、少しは真面目に応対して下さい……」と小声で窘める様に言うが、当の本人はやれやれと言わんばかりに肩を竦める。
そのやり取りを見てカリスはほんの僅かばかり口元を綻ばせる。
それを見たマリューはほっとして手元にある小冊子を閉じ、努めて明るい声を出して聴取の終了を告げる。
「ともかく事情聴取はこれで終了よ。カリス君。これから色々と大変な事があるとは思いますが……頑張って下さい。」
「はい。御期待に沿えるよう尽力します。」
それから直ぐに部屋の片隅にいた兵の一人がカリスの両腕にかかっていた手錠の鍵を外した。
それと同時にガロードが左手の親指をピッと立てる。
それを見てカリスは少しきょとんとするが、直ぐにその意味を理解して同じ動作をする。
それ以上言葉も動作もいらない、青年同士のある意味爽やかささえ感じられる間柄。
見ていて微笑ましい所があるものだとマリューは思う。
「あの……もう行っても宜しいでしょうか ? 」
「え ? ええ、良いわよ。但しその服は着替えた方が良いわね。生活班に変わりになりそうな物を直ぐに用意させるわ。」
「何から何まで本当に有り難う御座います。では失礼します。」
カリスはそう言って立ち上がり深々とお辞儀をした後、ガロード達と共に士官室から出て行った。
ナタルも自分が詰めているCICの様子が気になるらしく部屋を出て行った。
部屋に残ったのはムウとマリューの二人きりになる。
「やれやれ、またまた前途多難な事が山と転がり込んできたねえ、艦長さん ? 一度しっかり休んだ方が良いんじゃないの ? 」
「そういうわけにもいきませんわ、少佐。こういう時は今自分がするべき事から手を付けていってこなしていかなければ部下に示しがつきませんもの。」
ムウの提案をマリューは制帽を脱ぎながら軽く受け流す。
しかしムウは少し困った顔をして続ける。
「こういう時だからこそさ。艦長さんがそんなボロボロのクッタクタで仕事に当たってたんじゃ示しも何も無いのと同じだぜ ? それに、こなした仕事の質も落ちちまうぜ。」
「……そうね。」
その言葉にマリューは何も言い返せなくなり、机に突っ伏して目を瞑ってしまう。
悔しいがこの場はムウの勝ちだ。
山積している問題を逐一解決するにはこの体力ではいつか限界が来てしまうだろう。
しかもその山積している内容も内容である。
あの戦闘でアークエンジェルの火器は殆ど使用不能になり、機関部も少なからずやられた為に数日はここ、ザフト制圧下で足止めを喰らうという事になった。
おまけにその修理に必要な資材自体や減りつつある弾薬、燃料、食料も何処から調達すれば良いものか。
更に今後の航路も未だに決まっていない。
そんな事をあれやこれやと考えている内についまどろんでしまう。
ムウはそんなマリューを見やりながら出来るだけ静かに部屋を後にした。

 
 

「『噂の大天使』……ねぇ。教義を説く場所を間違えたとみえるな。」
「は…… ? 」
資料に目を通す上官が発した比喩的な意味を持つ言葉に彼の部下、マーチン・ダコスタは少々間の抜けた返事をしてしまう。
「まあ、我々の制圧下の地に単艦で降りてくるなんざ、ちいとどうかしたんじゃないのかっていう行為にも等しいって事さ。」
「はあ……」
ここはアークエンジェルの降りた地より南東に約2270kmの地点。
ザフトの大型陸上戦艦レセップスの中で一人の男が白磁のカップ片手に部下が持ってきた資料を見ていた。
男の名はアンドリュー・バルトフェルド―通称『砂漠の虎』とも呼ばれる、ザフト軍地上部隊における屈指の名将にして名パイロットである……
のだが彼のその肩書きを吹けば飛ぶような存在にしている物がたった一つあった。
手に持っていたカップを口に運んで直ぐ、バルトフェルドは「んっ ?! 」と表情を変える。
「なにか ?! 」
資料の中に注目すべき点でもあったのかとダコスタは身構えるが、そんな彼を茶化す様に相手は楽しげな表情を浮かべて応対する。
「いや、今回はジャワとトラジャを7対3の割合で混ぜてみたんだがね。やはりオールドビーンズよりカレントクロップの方が良かったかもしれんな……」
それを聞いてダコスタはがっくりと拍子抜けしてしまった。
カップの中身は彼がやっているコーヒーの自己流ブレンド。
彼はその結果を子供の様に嬉々として述べただけだ。
コーヒーは黒くて苦い飲み物としか考えていないダコスタにとって、上官のこのあまりの入れ込み様には少々呆れてしまう。
正直な事を言えばこれさえなけりゃと何回か思ったものだが。
「このブレンドはいけると思ったんだがなぁ。8対2でやってみたところでやたら苦味だけが残るものだからそれは避けたんだが……」
しかしそんな部下の思いは何処吹く風といったようにバルトフェルドはコーヒーの感想を述べながらアークエンジェルのデータに目を通していく。
もう何度目か分からない小さな溜め息をダコスタが吐いたその時だった。

 

「失礼します !! 」
一人の兵士が隊長の前だということも忘れたように大慌てで入ってきて、一つのメモリースティックをデスクの上に置いた。
「先程、ジブラルタル基地よりカリス・ノーティラス副司令官が我が軍より離反し逃亡したとの報せが入りました !! 」
「何だと ?! 」
突然の報にダコスタも上官の前だという事を忘れて驚いてしまう。
その兵士はその後に起こった事の報告を続けた。
「また我々の制圧下に降下した敵新造艦が、先日陥落したビクトリア基地を査察に出発したジブラルタル基地総司令官の乗った艦と交戦したとの事です !! 」
「それで……被害の程は ? 総司令官殿は ? 」
バルトフェルドが神妙な面持ちで出したその質問に、兵士は涙を堪える様に絞り出した声で答える。
「ジブラルタル基地よりも応援が出ましたが、奮戦空しくMS隊、戦闘機部隊は全滅……総司令官殿は……戦死されました…… !!! こちらのメモリーは……撤退した兵が捉えた戦闘の一部始終との事です ! 」
ダコスタは驚きのあまり声も出ないようだった。
無理もない。ジブラルタル基地はたった数時間で総司令と副指令、二人の大きな立場にいる責任者がいなくなったのだから。
一方バルトフェルドは自分の元にもたらされた情報を頭の中で必死に統合していた。
それを踏まえた上で自分達の力と彼等の力を改めて秤にかけてみる。
その結果はじき出された答えは……しばしの間事態を静観していた方が良いというものだった。
何せ何十機というMS部隊と戦闘機部隊を撃墜しておきながら、未だにそれが存在しているのである。
戦闘でかなりの損傷を負っていると見積もっても下手に手出しをしない方が良い。
尤も、手を出そうにも2000km以上離れているここからではそうそう簡単には出せそうにもないが。
「分かった。取り敢えず報告どうも。」
「はっ !! 」
バルトフェルドは軽く労いの言葉をかけて兵を持ち場に戻す。
それを視線だけで見送ったダコスタは重々しく口を開いた。
「隊長……これからどう動きますか ? 」
「それをこれからじっくりと考えるんじゃないか、ダコスタ君。幸い、敵も直ぐにはアクションを取る事が出来ない様だからな。」
かなり深刻な事態といえるにも拘らず、バルトフェルドはどこと無く『面白くなってきた』という雰囲気の口調で答える。
やれやれといった雰囲気でダコスタはあさっての方向を見るが、上官が次に発した言葉で居住まいを正した。
「どちらにせよ、久し振りに手応えのある相手がやって来たという事だ……」

 

エーゲ海は北方の山脈。
人の気配が感じられない内陸部にそれは確かに存在していた。
それは連合が所有する一種の研究施設であり、近隣住民からは何をしているか分からないという事で気味悪がられていた。
まあ、本当の事を知ったら余計に気味悪がられ追い出されそうな雰囲気にもなりそうだが。
その研究施設の一室で一人の男性研究員が一心不乱にパソコン画面と格闘していた。
今日中に各部署から集められた膨大な量の実験データを纏め上げなければならないのだから無理も無い。
その部屋に一人の女性研究員が気配を悟られないようにあらゆる音を殺して入室する。
彼の方はまだ気がつく気配はない。
我慢出来なくなった彼女は、彼の背中をそっと人差し指で上から下へとなぞっていく。
その瞬間彼は弾かれた様に椅子から軽く飛び上がり後ろを振り向く。
「な、なんだ、君か。お早う。」
「お早う、エディ。……今日、またここに缶詰なの ? 」
「済まないけど所長の命令でねぇ。どうしても今日中にこいつを片付けなきゃいかんのさ。」
エディと呼ばれた彼は自分の両脇に、さながら摩天楼の様に聳えている書類とファイルの山をパンっと叩く。
彼女はそれを見て微笑みながらも不服そうに文句を言う。
「今日はあなたも私も非番だから、気分転換も兼ねて近場の海まで行こうって言ったじゃない、先週。」
それを言われてエディの手は気まずさのあまりぴたりと止まる。
しかし直ぐに何も無かったかのように指はキーボードの上を滑る様に動き始めた。
「あー、無理だよ。見てくれよ、この量。これだけでも大変なのに、今度発表しなきゃいけない例の計画の概要もやらなきゃいけないんだ。」
口調は残念であるという事をアピールしているが行動がそれに伴っていない。
女性は試しに彼の顔を横から目を逸らす事も、瞬きする事も無く見つめてみた。
始めは軽く無視を決め込んでいた彼だったが、やがてその愛くるしい視線と表情に耐え切れ無くなり彼女の方を向いて気弱そうに笑いながら話し始める。
「この計画が採用されれば生体CPUの常識はもう通用しなくなるんだよ ! 最小限の機材と費用で素晴らしい戦士を……」
「ええ、知ってるわ。あなたと知り合った頃から何度となく聞かされてきた事だから。
恐怖やストレスといった戦闘におけるあらゆるマイナス要因を、メンテナンス効果を持つ専用ベッドを使って調整する、通称『幻肢痛計画』。

 

投薬量や精神操作期間をこれまでの半分以下にし、尚且つ本人達の性格の原形を殆ど留めたままに出来るから、完成すれば直接プラントに侵入させて破壊活動を行う事も可能になる……でしょ ? 」
「ああ……」
自分の頭の中で思い描いている構想をそらですらすらと言ってのけた彼女を、エディは驚嘆の眼差しで見つめる。
と、同時に毎日吹聴していて悪くはなかったなとも思った。
少なくともこの共通の話題で関係は深まり、お互いの事をよく知ろうと思うきっかけになったのだから。
だがその後がいけなかった。
エディは再び何事も無かったかのようにパソコン画面に向き直り仕事を再開したからである。
彼女は頭を軽く抱えつつも、彼の耳元で優しい吐息混じりに囁く。
「私とその仕事とどっちが大事なの ? 」
その言葉にエディは目の前が真っ暗になった様に感じる。
悲しいかな男という生物は疑問形で提示された話題について、ついつい一方的に論理的思考で相手に畳みかけ、感情抜きにさっさと問題解決の為の具体案を出して話を終わらせようとするもの。
他愛もない話も大事だと感じ、感情込みで自分への同情を求める女性にとってはこれ程不愉快な話し方も無いものなのだが。
故にこの質問はどっちに答えても女性の術中に嵌るというある意味酷な質問だ。
それを知っていたエディは悩みに悩みぬいて……パソコンの電源をシャットアウトする。

 

「僕の負けだ。今日はとことん付き合うよ。」
「寝台の中まで ? 」
「なっ !! それは無いだろ……」
意地の悪い質問に思わず顔を赤らめてしまうエディ。
その時女性研究員は彼の元に来たもう一つの理由を思い出し、俯いてしまった彼に向かって再び話しかける。
「あ、そうそう。あなたの開発セクターから一人配属が決定した子がいるそうよ。」
「うちのセクターから ? まさか。確かにうちのところはかなりの猛者揃いさ。でも皆ステージ4以降の連中だから使い物になるかどうか怪しいんだが……で、誰なんだい ? その子ってのは ? 」
「……ステファン・ヒルパート」
その名前を聞いた瞬間、エディの顔から血の気が一気に引く。
彼はその人物を知っていた。
ここでは一つのセクターで何人かの研究者が数人に分けた生体CPUを、交代で面倒を見るといったシステムを採っている為に、彼もその人物を担当した事があったのだ。
しかし正直言えばその感想は恐怖その物だった。
強化インプラントステージ5にまで差し掛かっていたその人物は、模擬戦に於いて常に刃物を利用して対戦相手の首を切りつけるという戦法を取っていた為に、
関係者からは「3H(スリーアッシュ:Head Hunter Hilpert)」という仇名さえ貰っていたからだ。
おまけに日常生活においても精神状態が常に不安定極まりなく、特定の薬数錠を数時間おきに服用しなければならない上に、
異常なまでに敵味方の区別無い排除行動に移ろうとする為、正直施設も匙を投げかけていた代物なのだ。
そんな人物、いや生体CPUを本気で採用しようというのだろうか ?
エディはその内容に暫くの間呆気に取られていたが、気を取り直して会話に戻る。
「そうか……あの子か。……やっと貰い手が見つかったんだな。」
「満足そうね。その様子じゃ手塩にかけた子だったっぽいけど。」
「人の事言えないんじゃないのか ? 君だってこの間ここから試験採用された子に母さんと呼ばせていたそうじゃないか。お互い思い入れは深くは出来ないな……」
エディは小さく溜め息を吐く。
この行為自体が非人道的だというのは十分に理解している。
この部屋を出て数ブロック先に行けば、これから生体CPUになるであろう子供達の阿鼻叫喚が聞こえてくるのだから。
だが戦闘に勝利する為には手段等選んでいる場合ではない。
相手も同じ様な化け物なのだからそれに比する力を持つ何かをぶつけなくてはいけないからだ。
全ての感情を押し殺して接しなければとても精神が持たない。
「もうっ ! しんみりしている場合じゃないでしょ ! さ、外に出て羽でも伸ばすわよ。」
「お、おい、そんなに腕を引っ張るなって……」
こんな場所でこんなシーンは呆れるほど不釣合いだ。
エディは頭の片隅でそう思う。
本当なら今話題にあがったヒルパートもこういう他人との心のふれ合いを楽しんでも良い年頃だ。
だがそれが許される事はない。
消耗品の一つでしかない生体CPUの彼女にそれを楽しむ時間も余裕も無いのだ。
つくづく自分の陣営が行っている事の業の深さを思いつつ、エディは彼女と共にその部屋を後にした。

 
 
 

【前】 【戻】 【次】